第24回百万石さつき盆栽展


さつき盆栽展の会場「金沢市民芸術村アート工房」 2005/6/3
(右側の小さな入り口が会場)

 今年も花期展示会が始まりました。さつき好きの仲間が丹精して育てた盆栽を世の中の人に問う3日間の始まりです。展示会の準備は出品する盆栽づくり だけではありません。会場の「押さえ」から始まり、各機関や団体への後援依頼、予告ポスターの手配、会場のセットアップ、出品する盆栽の運搬や搬入、 展示する位置の決定、開催中の注意事項等々、数えればきりがありません。何回も会合が開かれ、一つ一つの問題が議論され、決定、確認し合うという作業が 進んで行きました。

 最も大きな問題は「開催期間」。昨年は春先の気温が高く、出品を予定していた盆栽の花が散ってしまうという辛い経験があり、今年は開催時期を1週間 繰り上げるという決断が行われました。



 パブリックな会場としての「金沢市民芸術村」は、利用料の低廉なこと、作品の搬入・搬出の利便性など、主催者にとって大きなメリットがあります。また、 広大な無料駐車場が完備されていることなど、観客動員の側から見てもこれに勝る「入れ物」は見当たりません。そのため、希望する日時に会場を押さえることは、 相当な努力が必要になります。当、(社)皐月協会金沢支部でも、受付当日の早朝一番乗りをすべく、前日の夜から担当者が徹夜して確保したという涙ぐましい 経過がありました。




(クリックすると拡大映像が見られます。)







第24回 百万石さつき盆栽展入賞作品の紹介



私の出品作




ホームページへ