里山の蝶と花
美しくはかないもの。
蝶と花はとてもよく似ている。
寒く厳しい冬を人目を避けて耐え忍び、春と共にいっせいに活動を開始する。
蛹から出たばかりの蝶の翅が伸び広がる様は花びらが蕾から開いていく様を思わせる。
蝶の翅の繊細な硬度、華麗で多彩な色彩を有する表面に比べて全く違う種類と見間違うほど地味な裏面も花びらの性質そのものである。
「花は無心にして蝶を招き、蝶は無心にして花を尋ぬ、花開くとき蝶来たり、蝶来たるとき花開く」
良寛さんの詩にもあるように切っても切れない関係があるこの蝶と花、
行く先々で出合ったこの美しい蝶と花を写真に収めた。
蝶の生態写真 Profile
ホームページ開設にあたって
トンボの生態写真
特集 & 紀行・撮影記
その他昆虫の生態写真
甲虫・バッタ  セミ・カメムシ  蛾他
ご意見メールはこちらへ

全昆虫まとめ(更新日:2017.11.10)
山野草の写真 庭の花 庭の鳥
花の絵画作品   デコパージュ作品集           「山口むしの会」へのリンク