1848.5m・1636m)
やはずさん・いしどうやま

小さな秋を求め笹原を泳いだ(笑)一日...

−2004年8月21日(土)晴れのち曇り−





自宅am7:00-R193-R192-三加茂町-深淵-落合峠-登山口am9:40-サガリハゲ山分岐am11:15
矢筈山山頂(昼食)pm12:00-出発pm12:45-石堂山pm1:50-御搭石-矢筈山山頂pm3:40
サガリハゲ山分岐pm4:15-登山口pm5:30三加茂町-貞光ゆうゆう館-自宅pm8:00



朝起きると快晴♪どこへ行こうか迷ったあげく比較的今回の豪雨の影響が少なかった徳島県!
kyoさんやkazashiさんのレポ−トに出ていた御搭石が見たくて矢筈山・石堂山へ行く事にした。
R193経由で徳島へ...
いつもの貞光のサンクスで食料を仕入れ三加茂町へ向う。
三加茂町から深淵へ向けて走る途中、風呂搭キャンプ場への分岐を過ぎると
右上の斜面に牛が放牧されていた。結構、急な斜面だが落ちないのかなぁ...
落合峠までの道は途中1km位を除いて舗装されており山の中にしては良い道だ。
未舗装部分は普通の車は少し走りにくいかなぁ...(やっぱり四駆欲しい!
途中、今回の豪雨の影響か所々水が出ていた。
対向車に会う事なく落合峠到着!!
先着は2台のみ...ここですでに標高1550m!(肌寒い...)
準備をし登山口へ向う....


 


登山口には親切にも杖が置かれていた。
私たちはストックは使わないので気にする事無く出発!!(これが後で後悔に...)
早速、フウロやツリガネニンジン?が出迎えてくれた。


  


暫く進むと笹が腰のあたりまで伸びている。おまけに露で濡れている。
スパッツは勿論、カッパのスボンをはいて進まないとびしょぬれだぁ...
後から登って来られた男性二人組みも急いでスパッツを付けていた。





振り返ると先ほど車を止めた落合峠がはるか下に見える...
向かい側の道は烏帽子山への登山道だ!


 


快適な笹原を進んで行く...
天候もまずまずだ。


  


尾根に入るとススキの群生....
赤とんぼも飛んでいる。下界はまだまだ暑いが山はもう初秋の趣だ。
快適な笹原を過ぎると薄暗いモミの林に入る....
相変わらず笹が迫ってくる(ーー;)

   


薄暗い林の中を進むとだんだん道が険しくなってきた。
ロ−プにつかまり急登を登る!(鎖場に比べれば楽チン♪)

 


サガリハゲ山分岐到着!
ここを過ぎると、ますます笹が深くなってきた。
笹を掻き分け進む....足元が見えないので慎重に進む。
所々、道が崩れているので注意しないと危険だ!
こういう時、ストックがあれば足元を確認しながら進めるのに....
持って来なかった事を後悔(ーー;)


  
 

肩近くまであった笹原を抜けると両側はお花畑♪


  


山頂近くになると奇岩が現れて来た!
何に見えるかなぁ...



  


山頂到着!!
私たちの前に徳島から来られた4人が休憩していた。
天狗塚、三嶺を見ながら昼食にする。
ナント、ドジな私は弁当をひっくり返してしまい皆様から白い目で見られてしまった(^^ゞ
めげずに、拾って食べた私です...
食べていると後から、男性2人組みと一組のご夫婦?がやってきた。


  

  

   

昼食後、石堂山へ向う事にした。石堂山へは2kmと書いてある。
私たちの前に到着してた徳島からの4人組の方たちも石堂山へ行こうかどうか
迷っていたが、私たちが行く!と言ったので結局、彼らも向う事とした。
矢筈山から急登を滑り落ち(登り返しが大変!でした)
ピ−クを数回越え石堂山到着!
晴れていれば美しい景色を望みながら歩けるがガスで真っ白だ...
相変わらず所々、腰まである笹をかき分けないと進めない
1時間ほどで石堂山山頂到着!!
結局この時間、石堂山まで縦走してきたのは私たちと徳島から来られた4人のみ...


  


休憩後、100m程のところにある「御搭石」(おとういし)を見に行った。
見事な長方形!高さ約8m崩れずに残っているのが不思議...
小さな祠が祭られてあり家内安全を祈る。
御搭石から少し下がった岩の上から御搭石を見上げると三角形をしていた。


 



ガスの中、下山する事に...
下山といっても1848.5mの矢筈山から1636mの石堂山へ下ってきてるので
当然、帰りは200m近く登らないといけない!
これが本日最高にキツかった。汗はボタボタ落ちる足場は不安定...
矢筈山直前の急登を登りきるとホッとした。
でもここですでに4時前...
早く下山しないと暗くなる...(こんなに足場が悪い場所で暗くなると危険だ!)
笹をかき分けながらどんどん下山する。
だいぶ笹をかきわけ進む事に慣れてきたなぁ...と思ってた矢先、道が崩れていて
片足を滑らせ、こけた(>_<)
本日、雨の後!という事もあるのかも知れないが、木の根っこや石の上で
数回、こけた....ちょっとこけすぎ(^^ゞ
どうにか明るいうちに登山口まで戻ってきた。
私たちの車と徳島からの4人の車のみ残っていた。
徳島からの4人方たち無事に明るいうちに下山出来たのかなぁ....


  


本日の山行!どうにか雨に降られる事も無く無事に下山...
笹についてた露でカッパのズボンはビショビショ靴も中まで湿っていたが、
小さな秋を見つける事が出来、御搭石も見れ楽しい一日となった。
三加茂町まで下り「加茂の大クス」を見学後帰路に着いた
※樹齢1000余年と推定、根回り20m目通り周囲13m枝張り東西径46m南北径40m樹高25m今も樹勢は旺盛。