しおづかみね


標高1043m
愛媛県四国中央市新宮


-2004年9月19日(日)曇りのち晴れ
-


軽〜くウォ〜ミングアップのつもりがサバイバルな一日に...






自宅am9:00-高松西IC-新宮IC-新瀬川バス停am10:00-
登山口出発am10:25-とどろの滝am10:55-車道との出会pm12:30-山頂到着pm1:00-昼食
山頂出発pm1:30-登山口pm3:40-新宮IC-高松西IC-自宅





天気予報に反し朝起きると快晴♪
こんな良い天気の日にじっとしているのもなぁ...
けど時刻はすでに8時半!
今からじゃあまり遠くへは行けないなぁ...う〜ん(ーー;)
迷ったあげく、登山口まで短時間で行けて軽く登れる山!
ya○○さんのHPで最低評価だった塩塚峰へ行く事に決定!
急遽、用意し高速道路を新宮ICへ向う...
三連休♪という事もあり県外ナンバ−多し...
一時間弱で新宮IC到着。新宮ICを左折し新瀬川バス停へ向う。
(右折すれば車で山頂で行けるのになぁ...)
アプロ−チ道はキレイに舗装されており問題無し!
のどかな景色を眺めながら走る。新瀬川バス停到着。
バスの邪魔にならない場所に車を止め準備し出発!
民家の横の道を進む....
道端にはカワイイ小さな花が沢山咲いている。



▲新瀬川バス停前の登山口
  
▲ゲンノショウコ?

少し歩くとすぐに小さい沢、木の板が置かれてあり何の問題も無く通過...
標識にそって植林帯の中を進んでいくと足元に沢山の杉の葉が落ちている。
もしやこの間の台風の影響?
二回目の沢渡り...ここは水のながれが早くて少し深そうだ。
どうやって渡ろうか思案していると、地元の方だろうか橋を掛けに来てくれた。
おかげで無事に渡る事が出来た。ありがとうおじさん達。


  
▲登山道には沢山の折れた杉の葉         ▲流れが急な川に橋が置かれた

橋を渡り山の中へ入ると、至る所で木が根こそぎ倒れ道をふさいでいる。
どうやって通るんだぁ...!!
泥だらけになり、またいだりくぐったりでどうにか進む。
ふぅ〜こりゃあ、まるで障害物競走だ。
汗がポタポタ落ちる。今日は軽〜く山歩き♪だったハズなんだけど(ーー;)
とどろの滝到着!(写真がピンボケでした。)


  
▲所々、巨木が根こそぎ倒れている                                        ▲とどろの滝

途中、あまりにも木が倒れているので所々道がわからず、とにかく沢沿いに登る。
前回の矢筈山の笹漕ぎといい最近何かとサバイバルな私...^_^;
私はあくまでも正統派!山歩きを志しているつもりなのですが。



▲こりゃどうやって進む?

▲一輪だけ咲いていたトリカブト

   
▲奇妙な色のキノコ達...

急な登りが続く....
相変わらず道がわかりにくい(道しるべが無さすぎ?)
途中トリカブトの花を一輪だけ見つけた。後は奇妙な色のきのこばかり....
予定時間を大幅にオ−バ−しやっと林道に出た!
いつもならガックリなのですが今日ばかりはホッとした。
林道を横切り山頂に向って最後の急登を登る。


   


急登の途中「ここがうわさのガマン坂!あと少し頑張れ!」という看板があった。
ひたすらの一文字で登る...
やっと尾根筋に到着!後は山頂を目指して緩やかな坂道を登っていく。



▲もうすぐ山頂だ!

山頂到着!なんと三時間近くもかかってしまった。
山頂では沢山のとんぼ♪の乱舞
ススキといいトンボといい山はすっかり秋だ!


 
▲山頂1043m

キレイな草原を眺めながら昼食にする。しかし暑くてあまり食べられない(ーー;)
おまけにほぼ無風状態だったので、パラグライダ−を見る事も出来なかった。ガックリ


  

 



昼食後、下山する事にした。
また車道を横切り森林の中へ入って行く。
サバイバルにもかなり慣れ途中の水場で顔を洗いながら、どんどん降りる。
このコ−ス沢沿いを登って行くので水は豊富にあるが
台風の影響か少し濁ってむいたので飲むのはパス!
無事下山!!
暑さとサバイバルでウォ−ミングアップ!のつもりが本腰?山歩きとなりました。
ふぅ〜疲れた(^^ゞ