蓮大寺
平塚市出縄フレームを復活させる

枝垂れ桜 >ギャラリー散歩より

天文5年(1536)創建の日蓮宗の古刹です。
開山は久遠寺13世日伝、開基は須藤氏で、
「小田原衆所領役帳」によれば、職人衆須藤惣左衛門は万田、出縄に所領を与えられていたといいます。
境内右手に三基の重厚な五輪塔が建っていますが、いずれも須藤家の供養塔です。
高さ2.5m、一番左の五輪塔は慶長15年(1610)で最も古く、右手の五輪塔は寛永2年(1625)の銘が入っています。
境内には「南無妙法蓮華経」と刻まれた題目塔が6基も祀られています。蓮大寺には「中郡千部講」という題目講が昭和43年(1968)まであり、この講は池上本門寺のお会式(10月12日)の万灯行列にも参加しておりました。

須藤家の供養塔

近辺情報 万田貝塚(縄文時代)に寄っていこう 

次は 大泉寺 約1.4k