妙行寺
平塚市御殿1−23−21   (0463)32−8162

 

『新編相模国風土記稿』より

妙行寺 通心山と号す、本寺前に同、当寺はもと庵室にて、
寛永6年(1629)妙行と云 尼村民の女、寶文4年(?)2月死、法名日後、起立し則妙行院と号す、
其頃本山22世住持日遠一枚本尊を與ふ、
按ずるに、此本尊には、善條院妙行日理へ授與とあり、院号法号寺傳と違へり、
其後寛文9年(1669)、日護住持の時、本山より山寺号を與へて一寺となす、
故に日護亮心院と号す、元禄6年(1693)6月10日卒、を開基とす、本尊十羅刹女、及宗法の諸仏を安ず、

寺宝に曼荼羅一幅 文永8辛卯(1271)9月2日と記す本山より授與の物と云、あり、

次は 善徳寺 約0.6k


ホームページ