月湘庵
菫平7−28         31−5114フレームを復活させる

如来教といいご本尊は釈迦如来、庵主は代々尼僧で「尼寺」と愛称されています。明治38年(1905)には無明院大拙が、月湘という信仰家を記念して月湘庵を開いたといわれています。昭和27年(1952)刊行の「平塚小誌」には「松林中に関西風の堂宇があり、境内一塵も留めず、平塚には稀な閑寂霊静の地である」と書かれておりますが、50年経った今でもまったく変っていません。境内の一角には綺麗に刈り込まれた植え込みの中に無明院大拙の墓塔が立っています。

瀬戸内寂静ホームページ

次は 晴雲寺 約2.0k

ホームページ