▼▼▼新選組考察▲▲▲

●局中法度書の誤解と真相

「局中法度書」と聞けば新選組の中で多くの隊士達を死に追いやった血塗られた恐怖の鉄の掟として、新選組を詳しくは知らない人でもその名はよくご存知かと思います。しかし、これを現代社会から見ると、とても非道な掟として認識され、様々な誤解も生じています。ここでは「局中法度書」における誤解と真相について少し触れてみたいと思います。

ゞ秒翹‥拿
史実的に言うと「局中法度書」という名称が使われていたという正式な記録はなく、後世の昭和3年(1928)にジャ
ーナリストの子母澤寛が発表した著書『新選組始末記』の中で初めてその名が登場します。

 
子母澤寛の記した局中法度書(左)と永倉新八の『新装版・新撰組顚末記』(右)

一、士道に背きまじきこと。
一、局を脱するを許さず。
一、勝手に金策いたすべからず。
一、勝手に訴訟を取り扱うべからず。
一、私の闘争を許さず。

 右の条々に背候者は切腹申付べく候也。

その著書の中で上記五箇条が「局中法度書」とされ、その後の多くの新選組メディアや小説に欠かせない存在として位置づけられました。
しかし、新選組幹部の生き残りの一人・永倉新八の回顧録を再編集した『新撰組顚末記』の中では

「第一 士道に背くこと、第二 局を脱すること、第三 勝手に金策いたすこと、第四 勝手に訴訟を取り扱うこと、この四箇条をそむくときは切腹をもうしつくること。また、この宣告は同志の面前で申し渡すというのであった」

という四箇条の「禁令」として証言された事で、子母澤の記した五箇条説と「局中法度書」という名称自体が多くの研究者から子母澤独自の創作として扱われたのでした。
しかし、そもそも近世においては掟や禁令の箇条を書いた文書のことを「法度書(はっとがき)」と呼んでお
り、江戸時代の幕藩体制下には「武家諸法度」「禁中並公家諸法度」「寺院法度」「諸士法度」等がありましたから「法度」という名称が使われていた可能性も十分に考えられ、決して「局中法度書」がすべて子母澤の想像による産物とは断言できません。


江戸幕府が大名等の家臣に対して発布した規律「武家諸法度」

いずれにせよ、「私の闘争を許さず」以外の内容については両者の記述が合致しているので、その禁令の存在自体は間違いはないと思われますから、あえて私はここで「局中法度書」という名称も否定しないでおきたいと思います。

局中法度書の大きな誤解
上記法度書は新選組の鉄の掟として隊士達の前に君臨しましたが、ここで後世に大きな誤解が生じます。
あの総長・山南敬助の脱走・切腹劇が後世に広く世間に知られると、試衛館以来の大幹部だった山南への厳し
い処断をしたとする局中法度書が、「例外なき鉄の掟」として認識されるようになりました。そうすると、

「脱退しただけで例外なく切腹だなんて、局中法度書はなんてひどい掟なんだ!」

という話になります。
しかし、実際の新選組では正規の理由に伴った申し出があれば除隊も認めており、必ずしも脱退すら認めな
い非道な規律はありませんでした。それに山南の切腹にも様々な謎があるので、脱走して切腹させられたとは必ずしも断定はできないのに、後世では山南が理不尽な局中法度書の悲しい犠牲者としてイメージされてしまったのです。

「違反しただけで隊士を切腹させた局中法度書はなんて厳しい掟なんだ!」

新選組を嫌う人の大半はこういう図式にハマッていると思います。確かに現代社会から見れば、残酷でかなりナンセンスな掟だと誰でも思うのが当然至極。しかし、当時の社会背景は現代とは大きくかけ離れたものだったのです。

 
江戸時代の切腹絵(左)と武家屋敷の四畳半は切腹の間とも言われている(右)


そもそも武家社会において、規律に違反したり重度の不始末や無許可の脱藩(脱走)など、武士の名を穢(けが)す行
為に対しては引責して切腹するというのが武士の常識とされていました。武士の男子は元服(成人)すると切腹の作法を教え込まれ、さらにいつでも切腹ができるように武士の家には切腹装束である浅葱色の裃一式が用意してあったといいます。したがって、規律に違反して切腹するという概念自体が新選組に限られたことではなく、当時の武家社会の風習だったのでした。
ちなみに、古くから武家屋敷の畳の間で四畳半というのは一説によると「切腹の間」と言われ、武士が切腹するときは半畳の部分の畳を剥がして使用したとも言います(茶匠・千利休が豊臣秀吉の怒りに触れて切腹させられたのが四畳半の茶室であった事に由来しているという説もあります)。

6秒翹‥拿颪和盪里武士である証
切腹をも辞さない厳しい法度は本来、新選組独自の掟だった訳ではなく、武家社会では極一般常識だった訳ですが、

「武士の出身ではない隊士まで切腹するのはおかしいではないか?」

という疑問も出て来ると思います。しかし、ここに例外なくこの規律が全隊士に適用されたということは、新選組において元々の出身が例え農民・町人であろうとも、一度入隊して隊士となれば、武士として扱われる、という事を意味します。局中法度の意義は単なる規律ではなく、それ自体が隊士はすべて武士であるという証であり、同時にすべての隊士は武士の作法にならった行動制限を適用される、という規約だったと言えます。

一、士道に背きまじきこと。

局中法度書最初の第一条がその全てを象徴しています。「士道」とは武士道のことであり、この漠然とした武士道という表現に強い意味が込められていたのでした。
それは新選組そのものが近藤勇と土方歳三の思い描く身分を越えた理想の武士団を目指していた事の証でもありました。

前に戻る