旧満州への朝鮮人「慰安婦」連行資料集

引っ越しました。5秒後に自動的に遷移しますが、ナニも起こらない時は、ここをクリックして下さい。

【更 新 履 歴】

 

はじめに

 

 本サイトでは旧満州地域の陸軍慰安所に対象を絞って資料を紹介している。中国大陸、南方戦線の慰安所及び海軍の慰安所については、ここでは対象としていない。

 旧満州(中国の東北地方)地域に関しては、元兵士、元「慰安婦」女性による慰安所の体験談が、数多く残されているにも関わらず、慰安所の設置経緯が明確ではなかった。例えば、昭和17年(1942年)9月3日の陸軍省恩賞課長の報告、「将校以下の慰安施設を次の通り作りたり。北支100ヶ、中支140、南支40、南方100、南海10、樺太10、計400ヶ所」の中に、旧満州地域がすっぽりと抜けている(慰安所と慰安婦の数/アジア女性基金)。 

 だが、元兵士や被害者女性の証言を集めてみると、慰安所が旧満州の至る所に存在したことが明白に分かる。東寧の慰安所など、一千人規模と言う証言すらある。このサイトでは、第一に関東軍の将兵の証言のダイジェストの提供を目的としているが、関東軍の慰安所が膨れ上がった画期点である、関特演の時の慰安婦「調達」に関する基本資料もあわせて紹介して行く。 

 

軍の慰安所の何が問題なのか(旧満州の事例から分かること)

  

実際には慰安所数も慰安婦数も多い旧満州地域

 

 左側のリストは、関特演時の兵力大増派の前の関東軍の編成で、青字のものは、該当する町の将兵の証言へのリンクである。

 旧満州の場合、新京、奉天などの大都市に関しては、公娼施設の民間との共用が多く、ハルビンなど、被害者女性の証言から、明らかに慰安所があったところについても、まとまった将兵の証言が間に合わなかった所は〇印をつけていない。

 ただし、ソ連対策が主であったことから、兵力は辺境地域に集中しており、下位の戦闘単位についての慰安所の証言例も多数あるので、通しで一読をお願いしたい。慰安所がどこにでもあったというのはもちろん、「慰安婦」女性が、「騙されて連れてこられた」(歴然とした「誘拐」にあたる)と言う話が数多く残されている。

 

旧満州での兵士の慰安所証言集

関東軍焼け残り資料に見る旧満州慰安所の実態(作業中)

旧満州に連行された被害者女性の証言を読んでみる

文玉珠さんの証言に見る旧満州の関特演以前の慰安所

つかこうへいの「満州駅伝」と朴裕河氏(2015/12/26)

朝鮮人「慰安婦」貧困身売説を検証する(作業中)

 

関特演とは

 

 関特演とは、1941年の夏に日本軍による対ソ戦準備のための大動員。関東軍特種演習の略称である。動員に伴い、朝鮮半島から慰安婦大量「徴発」が行われたとされる。ここでは「関特演」の実態と、実際の慰安婦動員の千田によるインタビュー記事を紹介する。

 千田の記事は、この問題を考える上での、必須の資料であるにもかかわらず、容易に参照できない状態になっている(例えば大阪の場合、市立図書館全体で、各版一冊ずつしか所蔵していない)。関連部分をそのまま本から抜き出した。

 

関特演とは(作業中)

千田夏光による原善四郎元少佐のインタビュー

「従軍慰安婦」に見る関特演時の朝鮮からの慰安婦徴発

千田による韓国人元「慰安婦」のインタビュー(作業中)

 

事実としての関特演時の朝鮮半島からの慰安婦徴発

 

 千田夏光が「従軍慰安婦」の中で記述した、「関特演」時の朝鮮半島からの慰安婦「調達」は、長らく、不当ないいがかりによって、完全に無視されてきた。
 典型的なのは、雑誌「現代コリア」(当時の編集長は西岡力)に掲載された加藤正夫氏の論文(1992)であるが、いかに西岡・秦コンビにより、「慰安婦」問題が歪められてきたのかと呆れてしまう。
 だが、この時期に関東軍が朝鮮半島から一括して、慰安婦を「徴発」したことが事実であることを、西岡とタッグを組んで「河野談話」潰しに奔走していた、当の秦郁彦氏と、戦記作家の伊藤桂一氏が証明してしまっている。以下に関連資料をまとめた。

 

南次郎朝鮮総督と梅津美治郎関東軍司令官(作業中)

千田夏光が原善四郎氏とのインタビューを捏造したと言うデマの出所を検証してみる(2015/11/22)

なぜ加藤正夫=西岡力氏は、原善四郎氏が関東軍第三課に在籍していた事実を隠した論文を書いたのか(2016/2/5)

中川八洋氏による「関特演時の慰安婦動員」は大ウソと言う主張に反駁する

秦郁彦氏による関特演時の「慰安婦」動員の証明

伊藤桂一「気高き慰安婦たち」にみる関特演時の慰安婦「調達

平成史の謎「村上元曹長の手記」追記:2016/2/6

旧朝鮮銀行(現あおぞら銀行)の金庫に眠る徴発資料

 

戦時強制動員としての慰安婦「調達」

 

関東軍の組織図と簡単な解説(作業中)

  →まとまるまでこちら 関東軍の歴史/小林英夫(PDF)をどうぞ

関東憲兵隊の部隊構成と業務内容

『朝鮮人強制連行』外村大(岩波新書)を読む(作業中)

朝鮮在住者と満州(作業中)

女子勤労挺身隊までの強制連行(作業中)

 

証言から見えてくる旧満州の慰安所の特質

 

特殊軍属と「給料日」(作業中)

軍司令部提出書類(作業中)

旧満州の慰安所の女衒と楼主は朝鮮人か(作業中)

慰安婦はソ連軍の強姦の防波堤となったと言う大ウソについて(作業中)

 

慰安婦・関東軍関係年表
 

慰安婦・関東軍関係年表(作業中)

 

旧満州の慰安所と公娼施設

 

チチハルの慰安所のこと(作業中)

旧満州の公娼制度(作業中)

案内書に見る旧満州の旅順と大連の公娼施設(作業中)

旧満州慰安所マップ(作業中)

 

慰安所制度の「前提」としての公娼制度

 

公娼制度と売春の「価格」(作業中)

娼妓契約の「合理性」と連帯保証(作業中)

公娼制度下の「私娼」(作業中)

 

旧満州以外の陸軍慰安所

 

中国戦線の陸軍慰安所について(作業中)

南方の陸軍慰安所について(作業中)

 

その他の話題

 

慰安婦証言と秦郁彦氏、アジア女性基金(作業中)

朝日「誤報」騒動時、あの西岡力氏を使ってデタラメを地上波で垂れ流した大阪のよみうりテレビには前科があった(作業中)

ビルマでの玉砕神話に見る「慰安婦」(作業中)

「慰安婦」と写真(作業中)

全帝国陸軍共通避妊具「突撃一番」の話

吉田清治著「私の戦争犯罪」を実際に読んでみよう(作業中)

 

参考文献集

 

文献資料倉庫

 

自分用に文字起こしをした文献ですが、有用だと思われるので、公開します。著作権の問題等がありますので、いつまでこの形で公開できるかは分かりません。旧満州地域以外が中心となります。

 

最前線
      月白の道/丸山豊


公娼制度を考える

   吉原はこんな所でございました/福田利子
   最後の色街 飛田/井上理津子
       吉原花魁日記/森光子
       風俗営業取締り/永井良和(作業中)
       巫娼(ふしょう)のおもかげ/谷川健一
       娼婦達の天皇陛下/佐木隆三

       

元「慰安婦」証言の衝撃
    証言 強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち
       発刊にあたって 尹貞玉
       調査に参加して 安秉直
        日本語版の発刊にあたって 高惠貞
         
解説 軍慰安婦の実相 鄭鎮星(作業中)
          証言集(要約)(作業中)
         意を決して証言の口火を 金学順
               二度も同じ目にあうなんて 文玉珠(作業中)
               勤労挺身隊から慰安婦に 姜徳景(作業中)

    慰安婦「身の上話」を徹底検証する 秦郁彦(作業中)
    現地直撃5時間  慰安婦「調査担当」韓国人教授が全面自供!/週刊文春(2014/4/10号)(作業中)
    『文春』、大高未貴氏による“でっちあげ”報道を韓国人教授が告発 週刊金曜日へのリンク
    『週刊文春』への反論(安秉直) 週刊金曜日へのリンク

     「従軍慰安婦問題」をめぐって/上野千鶴子(作業中)
  
朴裕河現象
    記憶の語り直し方/上野千鶴子(作業中)
    日本軍慰安婦問題の実相/李栄薫(作業中)

ちょっと一息

 

「満鉄こぼれ話」は趣味なのでともかく。関東軍の謀略の裏金にアヘン売買のカネが使われたというは有名な話だが、とりあえず、慰安所の問題とは切り離して提供するべき話題だと思うので、別項目とした。当然、旧満州なので731部隊の話にも触れる予定です。

 

満鉄こぼれ話(予定)

DVD満鉄記録映画集(全12巻)紹介(予定)

関東軍の裏金 アヘン売買(予定)

【供養塔】アマゾンレビューで削除された私のコメント集

 

LINK集

 

関連文献サイト

慰安婦問題関連サイト

 

用語集

 

(作成者について) 

一年ほど、「サトぽん」名義で、アマゾンのレビュー欄で「慰安婦」問題関連の本のレビューを書いていましたが、この度、旧満州地域に対象を絞って、「慰安婦」問題関連のサイトを開設しました。HNを「satophone」に変えたのは、「サトぽん」でYahooでサイト開設できなかったためで、特に理由はありません。未完成ですが、レビューで書いていることと、たいして代り映えしないことを追記していく予定なので、よろしければレビューの方も参照して下さい。

 

関東軍の元兵士の方の証言をまとめるにあたって、佐久間哲さんのサイトを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。なるべく、図書館で元本に当たって、自分が必要と思う個所を追記した上で転載する予定でしたが、いつまで経っても、サイトを公開できない状態が続いたので、見切り発車で、そのままコピペさせて頂いた記事も多く、今後、改善するつもりです。

 

なお、元々、このような構成にするつもりはなく、千田夏光の「従軍慰安婦」の関特演時の慰安婦「調達」の正確な文章を掲載することがサイト開設の目的でした。だから、あたりまえですが、証言のコピペ使用は全面的にOKです。ただし、OCRの後の校正ミスによる誤字脱字は相当にあると思われるので、注意して下さい。とりあえず原文を紹介するのに手いっぱいで、コメントや注記は、ほとんど記述していません。今後、大幅に手が入るとお考え下さい。改訂履歴は、年明けくらいから記録していきたいと考えています。メールや掲示板の設置についても、思案中というところです。

 

佐久間さん以外の、参考にさせて頂いたサイトの方へのお礼は追々と。とりあえずは、こんなところで。

 

 


兵士による慰安所の証言


【東正面】
 琿春方面
  琿春駐屯隊(第九国境守備隊属) 〇
  第九国境守備隊(五家子)
   
 東寧ないし虎頭方面
  第三軍
   第三軍司令部(牡丹江) 〇
   第八師団(綏陽) 〇
   第九師団(牡丹江) 〇
   第十ニ師団(東寧) 〇
   第一国境守備隊(東寧) 〇
   第ニ国境守備隊(綏芬河) ◎
   第十国境守備隊(鹿鳴台)
   第十一国境守備隊(観月台)
   第四独立守備隊(牡丹江) 〇
  第五軍
   第五軍司令部(東安)
   第十一師団(虎林) ◎
   第二十四師団(東安)
   第二十五師団(林口)
   第三国境守備隊(半截河) 〇
   第四国境守備隊(虎頭) ◎
   第十ニ国境守備隊(廟嶺) 〇
   騎兵第二旅団(宝清)
   第六独立守備隊(東安)

 三江省正面
   第十師団(佳木斯-チャムス) 〇

【北正面】
  第四軍
   第四軍司軍部(北安)
   第一師団(孫呉) 〇
   第五国境守備隊(霍爾莫津)
   第六国境守備隊(璦琿-アイグン) ◎
   第七国境守備隊(黒河) 〇
   第十三国境守備隊(法別拉)
   第八独立守備隊(北安)

【西正面】
  第六軍
   第六軍司令部(海拉爾-ハイラル) ◎
   第二十三師団(海拉爾) ◎
   第八国境守備隊(海拉爾) ◎

【内陸】
   第十四師団(斉斉哈爾-チチハル) 〇
   第二十八師団(哈爾浜-ハルビン)
   第二十九師団(遼陽) 
   第一独立守備隊(奉天) 
    第ニ独立守備隊(新京)
   第三独立守備隊(昴昴渓)
   第五独立守備隊(哈爾浜-ハルビン)
   第九独立守備隊(承徳) 〇

 〇慰安所が存在した証言がある所
 ◎関特演時の証言のある所
-------------------
 島田俊彦「関東軍」/中公新書(P150)を参考にした。関特演以後の増派師団については、今後、追加の予定である。
 なお、連隊以下の戦闘単位の慰安所例については本文(旧満州での兵士の慰安所証言集)参照のこと

旧満州地図
クリックで拡大します(リンクが開く)
旧満州地図

Mail