自分自身のIPアドレス参照方法
(winipcfgコマンドについて)

自分自身のIPアドレス参照方法のコマンドとして、「 winipcfg 」があります。
このコマンドを実行すると「IP設定」というウィンドゥが開きますので、そこで、IPアドレスの更新(DHCPサーバーへの再問い合わせ)や確認をすることができます。

DHCPでIPアドレスを取得した場合、IPアドレスが動的に変化するため、アドレスを特定することができません。
(IPアドレスを固定で割り当てた端末との同居も可能ですので、サーバー構築等で必要な場合は固定で割り当てよう)

自分自身のIPアドレス参照方法のコマンドとして「 winipcfg 」があります。
このコマンドを実行すると「IP設定」という画面が表示されますので、そこで、IPアドレスの更新(DHCPサーバーへの再問い合わせ)や確認をすることができます。


では、MS−DOSの画面から、以下のコマンドを実行しましょう。

C:\WINDOWS>winipcfg


以下のウィンドウが表示されます。


LANアダプタ、またはダイヤルアップアダプタを選択すれば、現在ホストが受け取っているIPアドレスを参照することができます。


WindowsNT または、Windows2000の場合は、以下のコマンドを、コマンドプロンプトから入力してください。

C:\WINDOWS>ipconfig /all






もどる