LANケーブルについて




LANのケーブルは、カテゴリー5 UTP (Unshield Twisted Pair)といわれるケーブルが業界標準となっています。
このケーブルを切断すると、8本の銅線がはいっています(螺旋上に2本がペアになっているケーブルが4組の構成です)
10Base-T(10Mbps)と100Base-TX(100Mbps)両方の通信機器に対応しています。
通常のHUBを中心とするスター型ネットワークでは、先端に「RJ45」といわれる規格のジャックを取り付けます。



もどる