ニホントカゲを飼ってみる



カメ池を作ろうとして岩をどけたらそこにはニホントカゲが1匹いてタマゴが11個あった

前から庭ではカナヘビもニホントカゲも良く見かけていたので
もし捕まえることが出来たら飼ってみたいなと思っていたのだった

写真を撮ろうと思ってデジカメを取りに行っている間にトカゲがいなくなってしまった

岩を戻すと卵を潰しそうだし トカゲのメスは卵が孵るまで守るそうであるが一度放棄すると戻らないらしいので プラケに家にあったコオロギ産卵用の土を入れて卵を移してみた

卵には上下があると聞いた事があるので方向をずらさないようにしてプラケに移動した

(14/06/25)



卵の上に植木鉢のかけらを被せて毎日霧吹きで湿らせるようにしていたら卵を発見してから18日目に孵った

実際には卵を産んでから40日ぐらいで孵化するらしいので 発見するまでに3週間ぐらいあった事になる

暫くしてまた覗いてみたら植木鉢のかけらの下に10匹ぐらいかたまっていた

(14/07/13)
 


飼ってみようと思ったので黒土を買ってきて衣装ケースの中に植木鉢のかけら等をセットした 腐葉土を上に敷いた方が良いらしいのだが適当な腐葉土が見つからずまずは黒土だけにした

うちではフトアゴヒゲトカゲを飼っているのでコオロギも繁殖させており (フトアゴヒゲトカゲの世話よりコオロギの世話の方が大変なので どっちを飼っているのか分からなくなってしまうのは 良く言われる通りである) ちょうどフタホシコオロギとヨーロッパイエコオロギが大量に孵った所なので当面エサには困らないだろうと思うのである

昨日孵ったニホントカゲを数えてみたら11匹いたので卵は全部無事だった様であるが 衣装ケースに移したらみんなすぐに土の中にもぐってしまい やはり孵ったばかりのヨーロッパイエコオロギ(トカゲのエサとして入れてやった)が歩き回るだけのちょっとさみしい衣装ケースになってしまった

そのうち捕食シーンも見られるのだろうか

youtubeに公開しました : http://youtu.be/ZUHkoXV1JyU

(14/07/14)


衣装ケースに移してから暫くはあまり姿を見せなかったのだがそのうち見ている所でもコオロギを食べるようになってきた
朝コオロギを入れたりコオロギの為のエサを置いたり霧吹きをしている時に出てくるのである

ところが 育ちざかりのトカゲ11匹の食欲は大変なものがあり フトアゴヒゲトカゲ用に育てているコオロギを食べまくってしまう
さらに コオロギも大きくなってきてここにいるトカゲにはだんだん持て余す大きさになってきた

ちょっと飼い続けるのがキビシクなってきたのだった

今年は例年に比べて庭でトカゲやカナヘビを見る機会が多いのでエサ事情は良好だと思われる
そんな訳で庭に逃がす事にした

衣装ケースの中のレンガやら植木鉢のかけらを取り外して揺すって見たら11匹がそれぞれ大きくなって出てきた
育て方はまずまずだった様だ

1〜2匹残して飼い続けようかとも思ったのだがエサの用意も大変なのでやめにした

11匹には元気に育って欲しいと思っている

youtubeに公開しました(出来はいまいち・・・)
 : http://youtu.be/qnZFqJLxV3w

(14/08/09)


おしまい





ホームへ戻る | その他