トップメニューへ


ピンホールカメラ3

ピンホールの位置を変えられるカメラ1

針穴写真6で使用したカメラ

図面と製作の実際撮影例


1.概要

 初歩のカメラ−針穴写真6で使用したピンホールカメラの製作について説明する。6.5cm×9cmの印画紙を使用するもので、投影距離の異なる二種があるが、ここでは投影距離60mmのものを(短)、90mmの方を(長)と呼ぶことにする。



写真5−1 製作したピンホールカメラ 投影距離は(短)60mmと(長)90mmでフィルムサイズは6.5cm×9cm

 基本構造はピンホールカメラ1で説明したカメラと同じで、本体、側板、裏蓋の三つの部品からなり(写真5−2)、フィルムをセットする際に背板を添えるのも同様である。

(短) (長)

写真5−2 側板、裏蓋、背板をはずした様子

 写真5−3のように本体にはフィルムホルダーと二つのフィルム室があるが。これらの使い方はピンホールカメラ1を参照願いたい。

(短) (長)

写真5−3 フィルムホルダーと二つのフィルム室

 本カメラの特徴は上下左右に移動可能なピンホールであって、これと投影距離以外はピンホールカメラ1で説明した広角カメラと同じである。



2.図面と製作の実際

 カメラ(短)の斜視図を以下に示す。(長)は奥行きが違うだけであとは同じである。

図5−1 ピンホールカメラ(短)


 本カメラは本体と側板、裏蓋からなり、本体のピンホール部分にはシャッターが取り付けられる。以下本体、側板、裏蓋、シャッターに分けてそれぞれ説明する。背板は厚さ1mmのミューズボードを印画紙と同じ大きさに切ったものである。


図5−2 ピンホールカメラを本体、側板、裏蓋、シャッターに分けた様子


2−1.本体

 本体は下図のようにA〜Fの部材と長方形の板一枚とからなる。材料は厚さ2.5mmと4mmのMDF(東急ハンズで購入)で、接着には木工用ボンドを使った。

図5−3 本体の分解図


 本カメラの特徴である最も重要な部材Aの分解図を図5−4に示す。材料はすべて厚さ2.5mmのMDFで、図中の数字の単位はmmである。
 A-3はA-2を保持するようにA-1に接着し、またA-5はA-4を保持するようにA-2に接着する。こうすることではA-2は左右に可動になり、A-4はA-2上で上下に可動になる。さらにピンホールをA-4に取り付れば、その位置を上下左右に動かすことができるわけである。


図5−4 部材Aの分解図

 部材Aを構成する部材A-1の図面と、 A-2, A-4をパーツに分解したものを図5−5に示す。A-2, A-4は左のパーツの上に右のパーツを重ねるように貼り付ける。貼り付けには両面テープを使い、ピンホールが傷んだときにはここを剥がして取りはずせるようにした。A-1の斜線部にA-3を接着し、A-2の斜線部にはA-5を接着する。ここは剥がれては困るので木工用のボンドを使う。
 ピンホールは15mm角にカットし、A-4の内側から16mm角の穴に入るように貼りつける。適正ピンホール径は(短)が0.28mm、(長)が0.35mmであるが、あまり精度にこだわる必要はない。
 数値に付けられているアッパーラインとアンダーラインの意味や、組み立ての手順などはピンホールカメラ1を参照願いたい。


A-1


A-2


A-4



図5−5 部材Aを構成する各部品の図面

 部材BとCはピンホールカメラ1のものと同じである。

B C

図5−6 部材B(フィルムホルダー)の分解図と部材Cの図面

 さらにD〜Fの図面を示す。ピンホールカメラ1のものとよく似ており、寸法が一部違うだけと考えて良い。(短)(長)のカメラで異なる部材はD〜Fと側板のみである。

D F (Eは鏡面対称)

図5−7 部材D〜Fの図面



2−2.側板

 側板の図面を以下に示す。ピンホールカメラ1のものの寸法違いである。材料は4mm厚のMDFで内側になる面は黒く塗っておく。



図5−8 側板の図面


2−3.裏蓋

 裏蓋の図面を以下に示す。ピンホールカメラ1のものと全く同じである。



図5−9 裏蓋の図面、iは裏面に貼る


2−4.シャッター

 シャッターはピンホールカメラ1のものを小さくしたものである。同じく厚さ1mmのミューズボードで作る。



図5−10 シャッターの図面



3.撮影例

 製作した(短)のカメラによる撮影例を下に示した。水平面(地面)にカメラを置いてピンホール位置を上いっぱい(10mm)にずらし、上向きの視線で撮影している。焼き込み(覆い焼き)による濃度調整をすれば下部(特に両端)をもう少し明るくすることもできるが、この程度まで写っていれば濃度調整はなしでも良いと判断した。



写真5−4 (短)で撮影 露出時間4分 焼き込み無し



概要図面と製作の実際

トップメニューへ