前報へ次報へトップメニューへ


笹下研究所

ステレオ大深度接写撮影法

虫の目レンズでステレオ写真を撮る

原理実験考察

1.はじめに

  左右二枚の視点像を撮影し、平行法あるいは交差法などの方法を使って立体視するステレオ写真の歴史は古く、一般に普及することはないものの、今でも少数の根強い愛好家によって実施されている。
  前報で紹介した大深度接写レンズは、簡単な変更でステレオ写真に応用することができる。以下にその方法を紹介する。

2.原理

Fig1   前報図1の対物レンズを、右図のように二枚の凸レンズが並んだものに変えることでステレオ写真の撮影が可能になる。
  投影レンズから撮像面まではそのままで、変更する必要はない。

図1 ステレオ写真を撮影するための変更部分         ・

Fig2   図2に対物レンズを投影レンズ側から見た様子を示す。二枚の同じ凸レンズがレンズ間に隙間が生じないように切断、接合されたもので、接合面が撮影枠を二等分する。このとき左右半分の像はそれぞれ各レンズによる投影レンズ像の位置を視点とする左右視点像となるが、両レンズの対称軸を両視点像の中心より内側に位置するようにすれば、両像の視野範囲を内側に向けて、近距離にある被写体を各像の中心に写るようにすることができる。

        図2 投影レンズ側から見た対物レンズ

  この方法で撮影される左右視点像は、正立像としたとき右視点像が左、左視点像が右に位置するいわゆる交差法で観察する配置になる。

3.実験

  直径10mmのアクリル球を二つを、図3に示すように削ってから張り合わせて対物レンズとした。これを写真1に示す。
Fig3

図3 ステレオ写真用対物レンズの作成

Photo1

写真1 作成した対物レンズ

  これを前報のカメラの対物レンズと交換してステレオカメラとした。撮影したステレオ写真を写真2に示す。

Photo2

写真2 ステレオ写真 F16 1/30秒

4.考察

  写真2のステレオ写真はF16で撮影したものであるが、絞りを開くと境界線がぼけて左右像の分離が悪化する。このためにも絞りを十分に絞る必要がある。左右の像を比較すると、近くの乾電池と遠景の観覧車の位置関係が明らかに違っており、左右の視差のある写真が撮れていることが確認できる。
  ステレオ写真の接写は、これまでも専用のレンズを使うかプリズムを使ったアダプターをレンズに取り付けるなどして行われているが、虫の目レンズ並の被写界深度を持つものはあまり無かったのではないだろうか。虫の目レンズとステレオ写真はいずれもマイナーな技術であるが、今後発展・普及することを期待したい。

[特許出願済み]

はじめに原理実験

前報へ次報へトップメニューへ