ろくぶんぎ座 〜Sextans〜
学 名 : Sextans
英語名 : the Sextant
見えやすいのは : 4月中旬
【観測】
■ しし座とうみへび座の間にある、暗く小さな星座。
■ 災難にあわないよう、強い星座の間におかれた、とか。
【神話】
■ ポーランドの天文学者ヘベリウスが設定した星座。
 なので神話はありません。
 六分儀とは天体観測や航海の際に用いられる測量器具。


検索は こちら をご利用ください