みんな、乗ってるか?(その後のBTS) 

高架鉄道(BTS)のチョンノンシ駅です。巨大オフィスビル EMPIRE TOWER を背景に、なかなかの外観です。ひとけのないのが唯一の気がかりです。
ちゃんとスポンサーもつきました。駅階段には、 HUSH PUPPIES のおしゃれな看板に並んで、鼻につっこんでスース−する例のやつ(ヤードン)の看板も。
自動改札。しかし、このひとけの無さは...無人改札とはまさにこのことです。去年12月にBTSがオープンするまで、普通のタイの人は、こんな形のこんな機械、見たことも聞いたこともなかったんですね。当然のごとく、お年寄りを中心にはさまれる人が続出。よって、トラブル対処の基本「人海戦術」でなんとかしようと、BTSガールズが各駅の改札周辺に配置されました。
暇こいてたせいか、メチャクチャ愛想の良いBTSガールズ。あまりにも退屈していたのでしょうか、1人は改札脇の床に足を投げ出してべったり座り、手紙らしきものを書いてました。みんなあ、BTS乗ってあげてよお。
かっこいい券売機。初乗りB10から最高B40まで。

1)左の路線図で行き先の番号確認
   ↓
2)その番号のボタンを押してから、コイン投入
   ↓
3)待つ事3秒

一応おつりもでる事になってます。札が使えないのが致命的。札しかない時は窓口にいって両替してもらい、また券売機の所に戻って買い直さねばなりません。窓口でチケット買えないのか訊いたら、窓口嬢、ニヤリと笑って券売機を指差しました。
そしてこれが本体です。乗り心地はお世辞ぬきで最高。 "Smooth As Silk" タイ航空の宣伝コピーがそのまま使えそうな快適さです。車体は、ドイツのシーメンス社製。高架は、スクンビットで工事中落下事故を起こしても頭ひとつ下げなかったイタリアンタイ社製。
降りてくるお客さん目当てのバイタクやタクシーが駅周辺にたむろするようになりました。いずれにせよ彼らも暇そうです。写真の山本晋也監督も、愛車の上で地蔵のように固まったまま待ちぼうけしてました。
(追記 2000/3/18)
あまりの閑古鳥状態を打開するため、学割スチューデントカードと一般用スカイカードが登場。カードを購入すれば、それぞれ、35%、25%の割引特典が得られます。モデルさんのポーズと表情がなんとなく不自然に感じられますが、そんな細かい事気にしてちゃいけません。「集客はディスカウントで。」という極めてシンプルな発想で、巻き返しを図るBTS。さあ、みんなで応援しよう!


 =>HOME   =>BBS   =>DIARY   =>MAIL   =>BOOK