タイの死体パン写真集


2015年2月末発売
『映画の中の奇妙なニッポン』 皿井 垂(さらい たれ)著


悪魔の飽食731部隊から生贄日本人バックパッカーまでclick!!



『トラウマ日曜洋画劇場』で世界残酷物語にズームイン! click!!


◆『バンコクジャパニーズ列伝
  外こもり・ふくちゃん、ゲイ男爵、闇のニューハーフ…東南アジアの黒い交友録


◆『バンコク裏の歩き方
  奇形水牛村に秘密のタトゥー…セメント地獄寺の好きなB級スポットマニアに捧ぐ

◆『ソウル裏の歩き方
  恨みはらさでおくべきか…旧日本軍の拷問博物館へナッツリターン!

◆日刊サイゾー『日本脱出・海外逃亡・海外ニート特集記事』 死して屍拾う者なし



いきなりガッツ石松さんがお出迎え。



もげた鼻やら、はずれたアゴも無造作に。



プラスチックの容器に入って、スーパーみたいな値札がついてるわけで……。



黒こげのつま先もめーっけ。



生まれた直後に踏んづけられちゃった新生児(推定)。



おまちどおさま〜減点パパのコーナーで〜す。
びっくりしたなあもう。



あ、間違ってホンモノが混じってました。



猟奇バラバラ切断コーナーもあります。



「悪魔のいけにえ」のチェーンソー一家のお宅におよばれした気分。



引き出しの中には狂人の製作メモが。
ミッキーマウスやドラえもんまで……あんた、マジで訴えられるぞ!



=>B級ネタを羅列した目次:メイドインタイランドHOME



死体パン屋さんの詳細特集はこちらで

"The Scary Body Parts Bakery in Thailand" 
Bakery in Bangkok, Thailand makes gruesome,
life-like heads, feet and hands from dough.
Imagine eating FACE BREAD or BREAD TOES!
Baker says he gets over 100 people a day.
You'll like this one FOR SURE!
EAT BAKERYは人体パーツをモチーフとしたパンを売る。
オーナーのKITTIWATさんは美大出身で、父親の死をきっかけに
「死は身近なもの、パンのように」と考えるようになった。
実家がパン屋だったせいか、パンで死体を表現したいと決意。
2006年にはグロい作品がネットで話題となり、世界中から
注文が相次いで手作り生産では間に合わないほどの大人気……




1