=>HOME
=>DIARY
=>BOOK

ネタヤさんの札ビラTAXI


私見だが、女性ドライバーに遭遇する確立は、

モトサイ>バス>タクシー

の順で低くなるように思う。





で、スクンビット19のロビンソン前でタクシーひろったら、
こんなネタヤさんの車にあたった。

天井一面に、世界中の紙幣がペタペタ。
各国のお客さんがプレゼントしてくれるのを地道に集め続け、
ここまでするのに5年かかったとか。

ミヤンマー、ラオスなどの近隣諸国はもちろん、
遠くはカナダ、トリニダードトバコ(どこにあるんだ?)まで。
旧人民元に、崩壊前のソ連邦のヤツなど、プレミア付きそうなのもあるし、
ゴミのように皺くちゃのチベット紙幣や、ならず者国家イランのお札なんかもある。


天井のコレクションは、後部座席のほうまでビッシリなのだが、
写真右上のとこだけ、1枚分ポッカリ、スペースが空いている。

何か意味があるのかと尋ねたら、ブスッと一言、「カモーイ(泥棒)」。

もしこのタクシーに乗る機会があったとしても、
大事なコレクション、勝手にはがして持ち帰ったりしないでね。