=>HOME
=>DIARY
=>BOOK

リーズナブルな風邪退治


ヘックショイ!!ブシッブシッ!!
チーン…グスグス…ズルズル…
ゲヘゲヘ!!ゴホゴホゴホ!!カーオ、ペッ!!!

こんなとき、海外旅行傷害保険に入ってる人は、
日本人御用達のバンコク三大病院=バムルン・サミティベ・ジェネラル
へ迷わずGO!
どうってことない薬を処方されて1000バーツの請求書を突きつけられるが、
キャッシュレスの保険屋払いでマイミーバンハーだ。

問題は、保険に入っていない倹約君が、風邪をひいた場合。
一体どうすれば、安く効率よく治せるんだろう…。

とりあえずスクンビットプラザの韓国焼肉「カンハンルー」へ行き、
野菜プルコギ(240バーツ)を注文。
ニンニクどっちゃり入ってるし、甘いタレもイガイガするノドには心地よい。



無理矢理栄養つけたら、
今度は、歩道橋渡って筋向いのSouth East Pharmacyへ。
薬屋って、たまに不明朗会計のとこあるけど、ここはいたってマトモ。



(写真上の白いの)
在タイ者にはおなじみ、ノド飴「ストレップシル」、8粒入り19バーツ
(写真右下黄色いの)
激安トローチ「マイバーシン」、10粒10バーツだが、すばらしく効かない
(写真左下緑色の)
タイの風邪薬の超定番「ティフィー」、4錠8バーツ、鼻水系にはそこはかとなく効く

うーん、安い。
全部買っても100円程度。

さらに、熱があるときは、30円前後で買える
「カンポン」「タイリオン」などのバファリンもどきが効果を発揮。

ただしノドが本格的に痛む場合は、「ティフィー」などクソの役にも立たない。
MEIJIの抗生物質「MEIXIL」、10カプセル60バーツ、要購入。

ちなみに、1年ほど前までは、
日本でもなじみのある「CONTAC」がタイでも安く買えたようだが、
なんか未認可の成分が入っていたとかで発売禁止になったらしい。
タイで発売禁止になるって、かなりのもんだ…相当やばそうな気がする。

原則として、タイでは、
総合感冒薬というのはあまりお目にかかれないし、薬局でも勧められない。
鼻がたれるとか、咳が止まらないとか、熱があるとか、
各症状に対応したクスリをバラバラに買い求め、組み合わせて飲むのが普通のようだ。
日本と違って、抗生物質でもなんでも、
薬局でホイホイ買えるのがタイのよいところなわけで…。

あとは、とっとと帰って、クスリ飲んで早めに寝てください。

んじゃ、お大事に。