=>HOME
=>DIARY
=>BOOK

作法を知らないのは 


葬儀のあるコーンケーンは
ずいぶん遠かったし
すいぶん暑かった。
車で2時間半。
途中、黒ズボンのまま
クイティオ食ったりした。

おかしかったのは
お葬式の作法を知らないのは
僕だけじゃなかった事。

こてこてタイ人のダンナさん。
彼のお母さんが亡くなったんだけど、
中国系の色白奥さんは
「こんな葬式はじめて」
と困ってた。

作法が全然違うらしい。

ホントは1人で祭壇にあがって
お坊さんに供物して線香あげるんだけど
ダンナは僕が外人だから付き添ってくれた。

作法がわからないもんだから
僕と同じように
奥さんにも付き添ってあげてた。


帰りがけくれたのは、塩じゃなくて、
万能メンソレ「金杯油」。





合掌。