2010年春の新刊

バンコクで外こもり!
あなたにもできるユル気持ちいい海外逃避生活
皿井タレー 著 (河出書房新社 定価1,500円




楽しく快適な節約滞在。今日はどんな風にだらだらしようかな?



メコン川のほとりでションボリたそがれてみる...



ヤワラーで人生のさまざまな悩みについて考える...



サイアムで文化的なひとときを過ごす...



【日刊サイゾー書評】
海外で明るい逃避生活を始めよう!誰でも出来る『バンコクで外こもり!』



【河出書房新社の内容紹介
タイのバンコクで急増中の、仕事も観光もしない「外こもり」邦人たち。

シビアな日本社会から一時戦線離脱した人々がおくる、
愛(?)と笑いの生活をレポート! ガイド本としても使えます!
------------------------------------------------------------
章立てと主な構成

------------------------------------------------------------
 未曾有の不景気にみまわれた日本にて、シビアな競争社会から脱落した
生真面目で不器用な人々が、バンコクの安宿に”沈没”しているアレ・・・
のこと? せわしない日本社会を一時的に離脱して、ゆるゆるとバンコクで
日々を過ごしつつ、人生のリセット&リスタートをうかがうプチ・ロング・
バケーション?  はいはい・・・どちらも立派な「外こもり」です!
 「外こもり」志願者への入門ガイドから、社会復帰=リハビリのヒント
までをこの一冊に詰め込んだ、ダウナー系トラベラー必読&必携の書、
ついに登場!
-------------------------------------------------------------
■1章 入門篇:サボれ! こもれ! 異郷の地で現実逃避せよ!
-------------------------------------------------------------
 「外こもり」って何だろう? それって面白いの? 日本社会の厳しい
現実から逃げ出し、物価の安い途上国の安宿・安アパートで、日がな
ダラダラとやりすごす……そんな滞在スタイルを「人生の落伍者」
ではなく「人生再起動のチャンス」と解釈するところから始めてみましょう。
レッツ・外こもり!?
-------------------------------------------------------------
■2章 娯楽篇:オタク・カルチャー・イン・バンコク!
-------------------------------------------------------------
 前章でも触れたように、コモラーの全員がオタク臭い生活をバンコクで
送っているわけではないとはいえ、オタク系の趣味や娯楽と外こもりライフの
親和性が高いのも、また事実。わざわざ外国まで来て、観光も異文化
交流もしなければ、暇つぶしのタネくらいないと……ね! 
 本章では、かの地におけるオタク文化の最新事情を紹介すると同時に、
潤沢かつ廉価に「暇つぶしアイテム」をゲットする手段もご紹介!
-------------------------------------------------------------
■3章 生活篇:より充実したコモラー・ライフのために
-------------------------------------------------------------
 10代のヤング(死語)ならいざ知らず、けっこう歳のいったコモラーの
皆さんが、渡航先で冷凍食品やコンビニフードばっかり食べていると
いうのも、なかなかキビしい話だ。「健全な外こもりは健全な肉体から!」
というわけで本章では、手軽にスタミナをつけたり、安価なローカルフードに
挑戦したり、タイならではのサービスを体験してみるヒントをまとめてみた。
-------------------------------------------------------------
■4章 散策篇:社会復帰への第一歩、まずは近隣散歩から!
-------------------------------------------------------------
 「いい加減、ボックスDVDも観飽きちゃったし、ネットも漫画もパチモノ
音楽CDも、もうウンザリ……」というわがままこの上ないコモラー諸氏には、
お金も大してかからない、市内散策をお勧めする。異国の路上観察は、
連れもいらなきゃ会話もいらぬ、外こもりのリハビリにはうってつけの
身体活動なのだ!
-------------------------------------------------------------
■5章 好奇心篇:バンコク名物(?)文化施設探訪&郊外小旅行のススメ
-------------------------------------------------------------
 帰国予定日が日一日と近づいてきてブルーなコモラー諸氏に贈る
泡沫行楽ガイド。近隣散策で社会復帰の糸口を掴んだら、今度は
いかにも観光客が訪れなさそうな、さびれた文化施設を見学してみては
いかが?さらには近年人気を集めている、タイ国内の格安航空会社を
利用してタイのローカル・イベントの1つも見物すれば、あなたも立派な
タイ事情通!
-------------------------------------------------------------