2012年の新刊 『ソウル裏の歩き方』

ひたすら一人旅してソウルの安宿と裏路地をさまよい歩く悩める青少年、
明洞や鐘路や新村や東大門を我が物顔で闊歩するおねえさま方、
出張と称して異常な頻度で韓国渡航を繰り返す弾丸トラベラーの男たち、
KARAや少女時代が出てくると途端にテレビ画面に集中するお父さん、
1日中ツイッターにかじりつき韓国のIT事情がどうの北の脅威がどうの
ネトウヨ嫌韓がどうのとつぶやき続ける脳内ジャーナリスト・自称評論家の
みなさま……朝鮮半島を愛するすべての旅人に、心をこめてお届けします!

『ソウル裏の歩き方』 彩図社 1500円

【第1章】韓国フリークに捧ぐディープ・ソウル
  観光名所はもう飽きた……そんなムダに好奇心旺盛な旅行者に
  お届けする、ディープすぎるコリアに触れる旅。
     ・無邪気に行こう、整形ストリート散策
     ・別な意味でスリリング……恨みと憎しみの拷問博物館
     ・テポドンに囲まれてリアルな戦場を体験せよ!
     ・オンドル紀行−地方の温泉街でまったり 他
【第2章】ソウル・ナイトウォーカーの向こう側
  飾り窓にルームサロン、エスコートアガシ、キーセン料亭……
  特別法施行後のソウルはどう変わったか。最新事情に迫る。
     ・クレオパトラ登場……釜山ワノルドンの惨劇
     ・マニアが悦ぶ魅惑のSコース置屋
     ・フッカーヒル&ホモヒル@イテウォン
     ・「所詮あいつら公務員じゃ!」−無毛地帯の秘薬 他
【第3章】ローカルエリアで草の根交流
  ローカルスポットを巡り、地元民とどっぷり異文化交流。
  幾多の押し合いへし合いを経て、韓国人の気質を思い知る。
     ・スーパーコピーでもみくちゃ韓流ショッピング
     ・いちゃいちゃマッチョの献身
     ・麻浦のHOFでリアルファビョーン!! 他
【第4章】定番からゲテモノまで韓国B級グルメ
  「韓国= 焼肉」はもう古い? 「名物」、「元祖」の乱れ打ちに
  胃袋はもう破裂寸前。食通もうなる韓国B 級グルメをご紹介。
     ・ソウルのカフェ&レストランチェーン覆面調査
     ・路地裏ブルーカラーグルメ
     ・失神フードと嫌いな韓国料理ランキング 他
【第5章】旅のお役立ち情報
  旅の交通手段やレートのよい両替所、オススメの宿情報まで、
  すぐに使える旅の情報をご紹介。
     ・格安ホテルのコストパフォーマンス診断
     ・ラブホにしか見えない隠れ健全モーテルを探せ!
     ・長距離バスと路線バスでちんたら行こう 他

●内容紹介
政府の統計によれば、2010年に韓国を訪れた日本人はおよそ295万人。
近年の韓流ブームの影響で、若い女性を中心に多くの日本人が韓国に
旅立っている。 だが、韓国の魅力は韓流スターやK‐POP、韓流コスメだけ
ではない。かの国には、もっとディープな楽しみが存在しているのだ。
本書は、
旅行者に人気の首都、ソウルの情報を中心に紹介。 市販のガイド
ブックが避けて通るディープな観光スポット情報から、ムフフな夜の楽しみ方、
真の韓流に触れるローカルな旅、そしてB級グルメ情報を詰め込んだ。
一味違う韓国旅行に必携の一冊。

●著者について
皿井タレー:1996年末からバンコクを拠点に韓国、香港などアジアを漂流。
著書『バンコクで外こもり!』、『バンコクジャパニーズ列伝』、共著書『バンコク
裏の歩き方』、『さわやかタイ読本』、『もっと好きになっちゃったバンコク』、
『新 好きになっちゃったカンボジア&ラオス』などあり。
近況や連絡先は<メイドインタイランド>でネット検索を。


すべてはここから始まった...
無為・無策・無目的な幻の【ヒマつぶし朝鮮半島紀行】
某リンゴマーク関係者の技術支援をコソコソ受けて
強引に完成させた「極私的コリアン旅行記・電子版」!


『ソウルの暇人〜ひと月たっぷり韓国観光』 PDF、ePub版 (300円)