サラ・ブライトマン音楽の旅








サラブライ トマンの熱意あふれる圧倒的な音楽に、人々をこの上なく魅了する。正攻法といえる歌うべき旋律を徹底して歌い、身振りは手と上半身を流麗に動かす。声の美しさよりも、何を表現したいか観客に何を 伝えたいかを重視して、一人の生々しい女性を視覚的な面においても舞台上に甦らせている。

☆ 入り口 ☆

Counter

妖しい官能性・・・Sarah-Brightman


サラ・ブライトマンは 確固として自分のイメージをもっていない。
何かを失うことを恐れる必要もないし挑戦することにも
ためらいがない。
だから、年齢を経ても若い精神や感性を<鋭敏に保つことが出来、つねに自分のやっているなかに新しいことを見出し、
可能性が現実のものを見たいといつも考え、常にそうした花のような 輝きに惹かれている。



Yahoo! JAPAN