札幌minibas.com

  札幌地区ミニバスケットボール連盟公式ホームページ

 


レバンガ北海道から



           ≪ご挨拶≫


バスケットボールを通じて

 各ブロックの秋季大会も終わり、次のステップとなる決勝大会に出場するチーム、惜しくも敗退してしまったチームも、ひとまずひと区切りとなります。

 1年間の中でも、勝ち上がると大きな大会につながり、チームや選手の成長を確かめる場としての大会として、どのチームもこの秋季大会を一つの目標として取り組んでこられたと思います。今大会を通じて、各チームや所属するチームの子どもたちそれぞれに、成果や課題があったのではないかと思います。また、これまでに取り組んだ練習の成果がうまく発揮できたこともあれば、そうでないこともあるかと思います。

 『勝ち』や『負け』、または『成功』や『失敗』など、子どもがプレイしたことでの結果は必ず出ます。よい成果をあげた時には、その結果を認めてあげたり、褒めてあげたりするのは簡単ですし、周りからの称賛により子どもの喜びも増すでしょう。そういった周囲の関わり方を通して子どもは、それまでの努力や練習の積み重ねが認められたと、より一層強く感じるでしょう。そういった達成感や充実感は、バスケットボールや物事に対する情熱へとつながります。

 難しくもあり、使命でもあると感じるのは、その逆であった場合です。『負け』や『失敗』といった結果に対して、指導者や保護者という立場で私たち大人が、どう子どもたちと関わっていけるのか。結果だけを捉えて、子どもたちの指導やサポートをする方はいらっしゃらないかと思います。子どもも、『負け』たくて、『失敗』したくて、しているわけではありません。故意ではないというのは、誰もが理解しているはずです。その場面、その個人によって関わり方は変わってくるとは思いますが、子どもが次のステップに進めるための関わり方が大切であり、それこそ私たち大人の役割だと感じます。バスケットボールを通して、困難なことにも立ち向かう心、継続する力、最後まであきらめない姿勢、仲間と共に目標に向かう協同する態度などなど、技術面だけではなく、『負け』たこと『失敗』したことで学べることがたくさんあります。

 バスケットボールの技術や戦術の練習を通して、子どもたちにどんなことを学ばせることができたかは、ミニバスケットボールではより重要だと感じます。指導者や保護者の方々も勝敗だけを追い求めすぎず、子どもとの関わり方をぜひ振り返っていただきたいと思います。子どもがバスケットボールを通じて、どんな人間に育っていくかは、子どもを見守る私たち大人の責任だと思います。

 ここ最近、指導者の不適切な言動が取りざたされるスポーツ界です。ミニバスケットボールの基本精神の『友情』『ほほえみ』『フェアプレイ』のもと、子どもたちがバスケットボールを通じて、たくさんの学びと成長ができるように、私たち大人が支えていければと思います。
 来週末から、秋季決勝大会を開催いたします。各チームにおける次の目標やステップはそれぞれですが、ぜひ子どもたちのために、お力をお貸し下さい。

札幌地区ミニバスケットボール連盟
              理事長 阿部孔明

               Topics

秋季決勝大会のトーナメント表です。
 試合日程は代表者会議時にお伝えします。
  (2018年11月5日)


秋季大会の要項です。秋季メンバー表です。
  (2018年8月9日)


春季大会の最終結果(ブロック込)です。

今年度の全国Tシャツ販売です。。
 申込先は
hokkaidomini_t@yahoo.co.jpです。
 チームとしての購入ではなくても、個人購入できます。
 DUPER見本     DUPER申込用紙
 mizuno見本     
mizuno申込用紙
  (2018年6月20日)


新しくマンツーマンコミッショナーの手引きが出ました。
 また、JBAからマンツーマン推進の運用に関する変更
 が出ました。よくお読みください。
  (2018年5月23日)


2018年度の年間スケジュールです。(2018年4月19日)

総会資料を掲載いたします。(2018年4月19日)

 メールでの問い合わせの場合は下記まで
   sapporominibas@yahoo.co.jp

マンツーマン資料です。こちらをご確認ください。

 GOOD MINIBAS 5つの心得!必ずご一読を!
(2013年12月10日)

暴力暴言の徹底排除に関して(2013年2月22日)
 日本ミニ連・JBA通知文書  道ミニ連会長文書 必ずご一読願います。

 Counter