札幌minibas.com

  札幌地区ミニバスケットボール連盟公式ホームページ

 


レバンガ北海道から



           ≪ご挨拶≫


全道大会を終えて

 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 先日、全道大会が終わりました。札幌地区を代表して出場した男女合わせて16チームの皆さま、本当にお疲れ様でした。また、その中でも、男子の清田南、札苗緑と女子の澄川南は、このあとの全国大会の出場権を得ました。激戦を勝ち抜いての出場権獲得でした。指導者、スタッフの皆さん、そして保護者の皆さん、何よりもプレーヤーの皆さん、本当におめでとうございます。全国大会でも力を発揮し、他の都府県との交流試合を通して、新たなバスケットボール人生の財産にしてください。健闘を祈っております。
 さて、マンツーマン推進に取り組んでいる中での大会。私もコミッショナーとして大会運営に参加しましたが、もう少し統一感をもって取り組まなければならないなと感じました。個人的に見ていて、3線のポジションから、2線のポジションを経ないで遅れて1線に入る状況があったり、2線のポジションが深すぎて、初めからヘルプポジションに留まってしまったりするケースが気になりました。オフェンスも、やはりより多くのプレーヤーが、1対1に必要なシュート、ドリブル、パスの技能を身に付け、流れの中でどのプレーヤーも得点を取ることができるという状況を作り出すことが大事だなと感じました。この両輪があってこそのマンツーマンなのだなと改めて感じることができました。
 本連盟では、この3月末までの期間で、新人大会の持ち方やミクロ・フレッシュの大会などブロックの創意工夫をこらした技術普及活動の時期と考えています。その中で、3月11日にU11技術普及及び交流試合を行う予定でいます。U11の同世代が会場に集まり(制限はありますが)、前半は講師を立てて技術普及に関わる指導を受け、後半はゲームを中心に交流するというような活動を計画しています。少し肩の力を抜いて、バスケットに関わる時間になればいいなと思っております。ご協力よろしくお願いいたします。
 一方、伊達ではインターリーグと称し、新人チームを中心に大会を行っています。各チームも代替わりして、メンバーも新たに始動していることでしょう。また、1月には冬季交歓大会もあります。例年、若干ですが中学校につながるルールを採用して行っています。6年生にとっても次への意欲になるような大会になるといいなと思っています。プレーヤー及びチームの技術普及はもちろんですが、少年団としての組織の引継ぎも、漏れのないようにゆとりをもって進めていってほしいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


札幌地区ミニバスケットボール連盟
              理事長  山 田  健

               Topics

2018年度の年間スケジュールです。ご確認ください。
  (2018年4月19日)


4月14日、札幌ミニバスケットボール連盟の
 総会が終わりました。
 各チーム関係者の皆様ありがとうございました。
 総会資料を掲載いたします。ご活用ください。
  (2018年4月19日)


新人戦の大会結果です。全ブロックの結果です。
  (2018年3月30日)


各チームにおかれましては、父母会役員の引継ぎ等で
  質問・相談事項が多くある時期と思います。
  問い合わせ・申し立ての際は、まずはブロック代表や
  札幌地区理事等にお問合せください。
  メールでの問い合わせの場合は下記の
  メールアドレスまでお願いいたします。
   sapporominibas@yahoo.co.jp
  (2018年1月10日)

マンツーマン資料です。こちらをご確認ください。
  (2016年7月13日)

 GOOD MINIBAS 5つの心得!必ずご一読を!
(2013年12月10日)

暴力暴言の徹底排除に関して(2013年2月22日)
 日本ミニ連・JBA通知文書  道ミニ連会長文書 必ずご一読願います。

 Counter