太平洋戦争末期、北海道の小樽高商へ入学した18歳前後の若者達が
 戦争そして敗戦という特異な背景の中ですごした3年間を感じたままに
 綴り、集めた・・・あまり愛国心とはいえないが率直な文章を物語風に
 編集しました。
 当ページで連載していきます。読んでみてください。

 更新記録: 地獄坂余話: 第十五部 地獄坂の人々・4 
.                            NEW!    我が友ー石原源吉君 
                         
     更新日
2007.4.29
              
 

小樽地獄坂  

地獄坂余話  New!

編集者紹介

地獄坂メモ

掲示板(何でもどうぞ 足跡残してね)

LINK

メール