ブライス・ザイオンNP旅行

アメリカから帰国して約2年がたち、1週間の連続休暇が取れたので、2008年8月29日(金)から9月6日(土)までの
9日間、アメリカのユタ州にある二つの国立公園(ブライスキャニオン国立公園、ザイオン国立公園)を巡る旅をした。こ
れら2つの国立公園はすでに行ったことがあるが、前回の滞在が短かったため、及び、雪のため充分にトレイルを歩く
ことができなかった。そこで、リベンジとして今回はこの2つの国立公園をもう一度巡る旅を企画した(妻が強く望んだた
め)。今回は二つの国立公園を6日間で巡るので、充分に公園内を満喫できる旅となった。
 なお今回は、成田→サンフランシスコ(経由のみ)→ラスベガス→ブライスキャニオンNP→ザイオンNP→ラスベガス
(経由のみ)→サンフランシスコ→成田、という順番で旅をし、成田→サンフランシスコ間はこれまでためていたマイルを
全部つぎ込んでANAを、サンフランシスコ→ラスベガスは最安値をたたいたVirgin America(200j/人)を利用し
た。あとはラスベガスでレンタカーを借りて、いつものように車で国立公園を訪れた。

●2008年8月29日(金)
 半年前に予約した無料航空券が土曜日発を取れなかったため、金曜日を休暇にして本日出発。
 飛行機が夜の17時10分発だったので、横浜市の自宅を11時45分に出発。12時発の自宅駅から出発する成田空
港行きのバス(3000円)に乗り込む。これまでは電車で成田まで行っていたが乗り換えが面倒で、かつ、最近、自宅
近くの駅から直通バスが開通したのでそれを利用。
 約2時間後の14時過ぎに成田空港に到着。はじめてのバスなので遅れる可能性を考え早めに出発したが、3時間
前に到着してしまった。早めに到着したが、昨年の海外出張ラッシュ+日帰り沖縄旅行で獲得したプラチナ会員(+SF
Cカード取得)資格でANAラウンジを利用。そこで初めて、うどん+スープ(クラムチャウダーがうまかった)を堪能。2時
間ほどラウンジですごし、その後搭乗。
 フライト時間は9時間程度。機内では初めて映画を1本も見ずに寝て過ごす。なんとか2-3時間は睡眠をとれた。
 約9時間後の29日の朝10時30分ごろサンフランシスコに到着。この日はサンフランシスコからラスベガスに行く予
定なので、13時30発のラスベガス行きまでしばし休憩。Bank of Americaの口座を持っているため、そこから現金をお
ろしたりするなどして2時間くらい空港でブラブラした後、やっと飛行機の搭乗。約90分くらいでラスベガスに到着。
 ここからすでに予約してあったHertzで車をピックアップ。今回はANAのプラチナ資格でゲットしたハーツNo.1ゴール
ド会員資格を利用したので、カウンターに行かずにそのまま、車(電光掲示板に自分の名前とパーキングの番号が表
示されている:下記の写真参照)をゲットと思ったら、自分のパーキングにある車はものすごいでかいフォードのピックア
ップトラックだった。これはさすがに運転できないと思い、専用カウンターで小さい車に変えてくれと交渉。トヨタのカロー
ラはどうかと言われ、燃費もよい日本車なので納得し、これに決定。ちなみに、車に行くとカーナビもついていた(ちょっ
と得した気分)。
 今日はラスベガスで宿泊予定。3時30分ごろラスベガスの空港を出発し、少し迷ったあと、今回の宿であるラスベガ
スヒルトンへ。16時30分ごろチェックイン後、部屋に行くとなんとトイレが流れず。仕方ないので、部屋を変えてもらい
一件落着。ラスベガスヒルトン、ちょっと古いし、場所もよくない。その代り、比較的値段が安い(79ドル)。今回はどうせ
ストリップ界隈にはいかないし、ストリップから少し離れたほうが車では楽かと思い選択したけど、部屋といいスタッフの
態度と言い最悪だった。おそらく二度と宿泊しないだろう。
 17時30分ごろホテルを出て、少し買い物へ。旅の支度のため車でWalgreen(ドラックストア)やTraderJoes(スーパ
ー)に行き、20時頃ホテルに戻る。夜飯はホテル内にあったピザハットでピザを食べる。そういえばアメリカでピザハッ
トに行ったには初めてだった。自分は少しだけスロットをやったけど、まったく当たらず、ホテルにお金を寄付してきた。
その後、疲れていたので就寝。

      
    Hertzの電光掲示板               ピックアップトラック             借りたカローラ


●2008年8月30日(土)
 今日はブライスキャニオン国立公園まで行く日。6時30分に起床。昨日は時差ボケでよく眠れず、最悪のコンディショ
ン。8時過ぎにチェックアウトし、そのまま15号でシダーシティーを目指す。
 9時過ぎにセントジョージを過ぎ、10時過ぎにシダーシティーに到着。ここでシダーシティーにあるタコベルで休憩。ち
なみに、ネバダ州にあるラスベガスとユタ州にあるシダーシティーは時差が1時間あるのでシダーシティーに到着したの
は11時過ぎとなり、以後はユタ州の時間を使う。ここで久しぶりにブリトーなどを食べ、調子が悪かったコンタクトレンズ
を交換、さらにこれからの移動を検討。次の目的地をシダーブレーク国定公園にした。
 シダーシティーでガソリンを給油(3.7ドル/ガロン)してから、シダーブレーク国定公園に向けて出発。
 12時20分ごろ国定公園に到着。ここで4ドル/人の入場料を払って、マップ等をもらってから少し散策。ガイドブック
にも載っていたけど、ブライスキャニオンに似ている地形を見ることができる。この地形を見るだけならすぐに終わるけ
ど、せっかく来たのだから、簡単なトレイルでも歩こうということになり、Alpine Pondトレイルという1マイル程度のものを
歩くことに。このトレイルは小さな池まで行くトレイルで、30分程度で終了。途中の池はそれなりに奇麗でよかった。

  
   シダーブレークNMの看板             公園内の風景              トレイル途中の池

 公園でトレイルを歩いたりや写真などをとって1時間程度過ごして、13時30分ごろ出発。
 約1時間15分後の14時45分にブライスキャニオン国立公園に到着。途中でレッドロックキャニオンなどを通過した
が、前回の旅行で立ち寄ったので今回はパスした。
 まずは、ビジターセンターによって、明日、歩く予定のトレイルや天候などの情報を集める。ちなみに今日と明日の天
候は50−80%のサンダーストームとのことだったが、夕方の可能性が高いので、午前中ならば問題ないとのアドバイ
スをもらう。今日の到着が3時ごろということもあり、前回、雪のため通行できなかった場所の散策にいくことに。
 ビジターセンターから車で、さまざまなViewPointsへ向かう。
 まずは公園の終点である終点のRainbowPointまで行き、そこから1マイル程度のBristleconeTrailを使って、
YovimpaPointまで行く。次に、PonderosaCanyonやAguaCanyon、NaturalBridge、FarviewPoint、PoracyPointなどに立
ち寄り、写真だけとる。ここで前回行けなかったところはすべて見終える。まだ、夕暮までには時間があったので、その
後、ブライスポイントとインスピレーションポイントに立ち寄る。ここで18時くらいになったので、本日の宿である公園近く
のRubby's innに行く。
 このモーテルは前回も泊まったここら辺ではいちばん設備が充実したモーテル(ちなみにベストウエスタン系列)。今
回も事前に予約しておいたので、一泊99ドルだった(朝飯なし)。夕飯はホテルの敷地内にあるファストフード店でハン
バーガーなどを食べて終了。また、夜の10時頃の公園近くまで星を見に行く。ちなみに、ブライスキャニオンNPは高地
にあり、回りに光も少ないので星がよく見える。前回の滞在でも星を見に行ったが、今回も見に行き、日本では日頃ほ
とんど見えない天の川などを見て楽しんだ。その後、すぐに就寝。

  
  ブライスキャニオンNPの看板         ナチュラルブリッジ               ヨビンバポイント

  
      どこかの風景                  どこかの風景               星はとれず

●2008年8月31日(日)
 6時に起床。昨日、ホテルのグローサリーストアで買った食べ物で朝食を済ませた後、7時15分ごろホテルの部屋を
出発。グローサリーストアで、昼食を買ったあと、ビジターセンターへ。今日の天候などの情報を集めた後、8時15分ご
ろ本日のトレイルヘッドであるフェアリランドポイントへ。少し準備などをして8時20分ごろ出発。
 本日のトレイルはフェアリーランドループトレイル。全長8マイル。天候不順でかなり霧がかかっていた状態で出発した
が、視界は悪くなかったので特に問題なし。トレイルの勾配もそれほどきつくない。また、フードゥー(石柱)も上から眺
めるのと違った風に見えるので、景色はかなりよい。
 ゆっくり歩いて、4時間後の12時15分ごろサンライズポイント近くのピクニックエリアに到着。そこで、かなり雨が降っ
てくるが、リンゴやバナナなどで昼食をとり、少し休憩。ちなみに、ここまで2組くらいしか人にあわない(かなり空いてい
るトレイルである)。
 12時30分ごろピクニックエリアを立ち、リムトレイルを使って出発地のフェアリーランドポイントを目指す。途中で、鹿
と赤いポンチョのアメリカ人(好青年)に会う。
 13時ごろフェアリーランドポイントへ戻る。

  
   ルビーズイン(ホテル)            フェアリーランドポイント               霧がすごい

  
  トレイル途中(結構寒い)           トレイル途中の風景             トレイル途中の風景

 雨でかなり濡れたのでとりあえずホテルへ戻る。ホテルで濡れた洋服を着替えたあと、公園外にあるモッシーケーブ
へ。
 14時前に到着し、往復1マイル程度のトレイルを歩く。このトレイルはコケに囲まれた洞窟と小さい滝が見えるトレイ
ル。短かいトレイルのため人は結構いた。この時には雨もやんでいたので、ゆっくり歩きながら洞窟や滝を眺める。ここ
で1時間くらいのんびりしていたら、15時前になった。次に何をしようかと悩んだけど、これから長いトレイルは歩けない
し、天気もそれほど良くなかったので、今日は歩くのはこれでおしまいにし、とりあえずホテルのランドリーで洗濯をする
ことに。
 15時過ぎにホテルに到着し、グローサリーで洗剤を買ってからランドリーで洗濯。洗濯の間に昨日と同じファストフー
ドでピザとハンバーガーなどで夕食をすませる。洗濯物の乾燥も終わらせ、16時15分ごろ部屋に戻る。時差とかで疲
れていたので、その後はホテルの部屋でテレビなどを見てのんびり過ごし、9時過ぎに就寝。

  
    モッシーケーブの説明            モッシーケーブ                 滝(小さい)

●2008年9月1日(月)
 今日はレイバーデー、アメリカでは休日(忘れていた)らしい。今日は、昨日早く就寝したのにもかかわらず、7時に起
床。昨日にグローサリーで買っておいた朝飯を部屋で食べ、8時15分ごろ部屋をでる。
 ホテルをチェックアウトしてから、グローサリーでトレイル途中で食べる食べ物と水を購入し、その後、今日のトレイル
ヘッドであるサンライズポイントの駐車場へ。
 8時45分ごろトレイル開始。まずはリムトレイル(0.5マイル)でサンライズポイントへ。
 9時にはサンライズポイントに到着。ここからクイーンズガーデントレイル(2マイル)を歩く。今日は天候も良く、歩くに
は最高。フードゥーをいろいろな角度から眺めることができるので、なかなかよいトレイルである。また、昨日のフェアリ
ーランドループトレイルよりも人がおおいので、人気もあるのだろう。10時頃にはナバホループトレイルとの分岐点へ。
 このまま戻るには時間があったので、そのままピーカーブループトレイル(4マイル)を歩くことに。これは円形劇場や
サイレンシティーを見ることのできる景色のよいトレイルで、ホースライディングでも利用されるトレイルである。そのた
め我々も途中で馬とすれ違った。ガイドブックに書いてあるように途中の景色はすばらしく、時間と体力があればここを
歩くのを薦める。かなり早く歩いてしまったので11時30分にはまた、ナバホトレイルの分岐点に到着。ここからナバホ
ループの片側のウォール街などを通るルートでサンライズポイントへ。
 ナバホループトレイル、おそらく一番人気のあるトレイルなので人も多いが、歩く途中の景色は美しくおもしろい。1マ
イル強なので、時間がない人でも歩くことを勧める。
 で、12時15分ごろサンライズポイントに到着。3時間30分程度で8マイルを歩いたことに。まあ、こんなものであろ
う。
 その後、自分たちの歩いてきたルートを上から観察するために、再びインスピレーションポイントを訪れ、ブライスキャ
ニオンでのトレイルを終了させる。

  
クイーンズガーデントレイル途中の風景    ピーカーブトレイルの看板        ピーカーブートレイルの風景

   
                      ナバホループトレイル途中の風景たち

 ちなみに、公園を出てから少しだけ、フェアリーランドポイントに立ち寄ったら、その途中で、プロングホーンの群れに
遭遇した。プロングホーン、イエローストンで偶然遭遇して感動したけど、今回はあっさり見えて、感動が薄かった(ちな
みに、最初は鹿の群れだと思って通り過ぎようとした)。
 フェアリーランドポイントに立ち寄った後、とりあえず、昼飯を食べるために再びルビーズインのファストフードに立ち寄
り、ハンバーガーなどを食べる(ここのハンバーガーはなかなかおいしい。ピザはだめだけど。)。
 13時40分ごろルビーズインを後にして、ザイオン国立公園を目指す。
 途中で、レッドロックキャニオンのビジターセンターなどに立ち寄ったりもしたけど、15時15分ごろザイオン国立公園
のゲートを通過。途中でいくつかのポイントに立ち寄ったが、15時40分ごろビジターセンターに到着。ここで明日のトレ
イルの情報などを聞いてから、本日の宿であるクオリティーインへ(1泊120ドル:朝食付き)。
 チェックイン後、ホテルに荷物を置いてから再び、公園へ。ビジターセンターに車を止めてからシャトルバスで
WeepingRockの停留所まで行く。そこから、水が流れ出しているアーチ状の岩(ウィーピングロック)をみるために、ハー
フマイルのトレイルを歩く。あっという間に到着し、まあ、こんなものかと観察してから再び停留所に戻り、終点のシナワ
バ寺院の停留所へ。ここで、明日予定しているナローズ(バージン川)の水量を見るために、往復2マイルのリバーサイ
ドトレイルを歩く。川まで行き、明日、充分歩けることを確認してから、19時30分ごろビジターセンターに戻る。
 その後近くのグローサリーストアで買い物してからホテルへ戻る。今日は合計10マイル以上歩いたので結構疲れた。

  
   ブライスでみたシマリス          プロングホーンの群れ             ザニオンNPの看板

  
   チェッカーボードメサ          ウィーピングロックの内側より            シャトルバス

●2008年9月2日(火)
 今日は、6時15分起床。歩く準備を用意して、それらを車に積んだ後、ホテルについている7時から食べられる朝食
(ワッフル・パン・シリアル・ヨーグルトなど種類も比較的に豊富)を急いで食べる。
 7時20分ごろホテルを出発し、7時35分ビジターセンター発のシャトルバスに乗り込む。
 7時55分ごろウィーピングロックの停留所に到着。
 8時頃、オブサベーションポイントを目指す全長8マイルのトレイルヘッドを出発(前日に暑くなるので8時までに登り始
めたほうがよいというアドバイスをレンジャーにもらっていたので)。今日は暑くなるかもしれないので、水を一人1.5リ
ットルとエネルギーバー+ベーグルをもっていった。途中で、少し休憩を含めながら歩いたけど、2時間後の10時頃に
オブサベーションポイントに到着。
 ポイントにはすでに3人のフランス人がいた。そこで少し休憩(+準備していた昼食を食べる)をしていたら、アメリカ人
の男の子(好青年)が到着。少し話をしていたら、2日前にブライスキャニオンのフェアリーランドトレイルですれ違った
赤いポンチョの人であることが判明、向こうもそのトレイルでほとんど人に合わなかったので覚えていたらしい。26日間
でいろいろな場所を巡っているらしい。うらやましい。また、少したったら途中で抜かした日本人の夫妻も到着。彼らとも
少し話したら、ニューヨーク在住で5年の駐在が終わり、一ヶ月後に日本に帰国するらしい。5年間の駐在がうらやまし
かった。 そんなこんなでいろいろな人と話をしていたら1時間が経過。10時50分ごろ、山頂を離れる。帰りもゆっくり
歩いたつもりだけど、12時30分ごろ下山。12時35分ごろのシャトルバスで一度、ビジターセンターにもどる。

  
    トレイル途中の風景             トレイル途中の風景                管理人

  
   赤ポンチョのアメリカ人       オブサベーションポイントからの風景       トレイル途中の風景

 ビジターセンターに止めた車に用意していた、濡れてよい靴やストックなどを取り出して、ナローズを歩く準備をする。
ここで、隣に止めてあった車の持ち主が、先ほどオブザベーションポイントの頂上であったフランス人だったとわかり、
かるく挨拶をする。奇遇なことがよく起こるものだ。
 13時35分ごろビジターセンターを出発し、14時頃シナワバ寺院の停留所へ。1マイルのリバーサイドトレイルを歩
き、ナローズの出発地点へ。ナローズはバージン川の浅瀬を歩くトレイルで、今回ザイオンを再び訪れた目的でもあ
る。
 出発地点で川を歩く準備をしていると、オブサーベーションポイントであった日本人の夫妻の方と再び会う。本当に奇
遇。こういうことが何回か起こると、なんだかとても嬉しい。
 14時30分ごろバージン川を歩き始める。最初は歩きにくかったがそのうち慣れる。ところどころに深みがあるが、探
せばなんとか膝のところまでの水位のところで進める。ちなみに、ナローズは終点がない。そのため、1時間30分ぐら
いあるいたら帰ろうということで、16時くらいまで歩いたところで引き返すことに。ナーローズの途中の景色はなかなか
で、ストックとかがないと歩きにくいけど、それなりに楽しい。帰りはなれたこともあり、行きに1時間半かかったところを
1時間程度であるいて戻り、17時すぎに出発地点に戻った。ただ、ナローズでは、川の中を歩いているたくさんの人に
抜かれ、私たちは川歩きは不慣れと判明した。
 その後、30分くらいかけてバス停に戻り、18時頃にビジターセンターに到着。途中で夜飯などをグローサリーストア
で買い、19時ごろホテルに戻る。

  
                            ナローズ途中の風景

  
                             ナローズ途中の風景

●2008年9月3日(水)
 今日は6時10分起床。今日もトレイルの準備をしてから、朝食へ。昨日と同様に急いで食べて、7時35分ごろビジタ
ーセンター発のシャトルバスにのる。
 7時52分ごろにグロトー停留所に到着。今日の朝一番の予定はエンジェルランディングへの登頂。
 8時頃、トレイル開始。今回のトレイルは往復4マイル程度だが、最後ののぼりが崖で急らしい。そんなこんなで、8時
40分ごろ最後の0.5マイルの急な登りの手前まで到着。ここで妻は休憩を取り、自分は荷物を妻に預け、手袋だけを
して山頂へのアプローチ開始。誰もいないので自分のペースで登る。鎖などを頼りに、30分後の9時10分ごろ山頂到
着。高所恐怖症なので、すぐにもどり、9時40分過ぎに妻のところへ戻る。上ること自体は大したことないのだけど、周
りが崖でその恐怖を克服するのが怖かった。その後、下山。
 帰りはハイスピードで下山し、10時20分ごろふもとに到着。

  
                         エンジェルランディング途中の風景

   
エンジェルランディング途中の風景  エンジェルランディングとウエストリムトレイルの分岐点 最後の0.5マイルのアプローチ

 次に、シャトルバスに乗り、ウィーピングロックの停留所へ。ここから往復3マイル程度のHiddenキャニオントレイルを
歩く。
 10時20分ごろトレイルを開始し、10時35分にはオブサベーショントレイルとの分岐点へ。そこからHiddenキャニオ
ンに向かう。
 10時53分にキャニオンの入口につく。ここから先は終わりがないので、自分の好きなところまで進むことになる。とり
あえずいけるところまで行こうということになり、30分ほど歩く。でも、終わりがないので、適当なところで切り上げ、近く
の岩に座って15分ほど休憩。そこでエネルギーバーなどで昼食をとる。
 帰り道には、夜行性のフクロウが寝ている姿を発見。野生のフクロウを見えるとは少し感動。
 12時頃に分かれ道に着き、12時30分ごろふもとに到着。
 このトレイル、思ったよりも怖いところがあったりと意外と楽しめた。

 
  Hiddenキャニオントレイル途中の風景      Hiddenキャニオン            野生のフクロウ

 ちょうどランチの時間だったので、そこからシャトルバスでサイオンロッジへ。そこのカフェでハンバーガーとフレンチフ
ライを食べる。ザイオンロッジ前の芝生の木陰で食べたのだけど、涼しくてかなり気持ちよかった。たくさんの人が同じ
ように食べていたのでこの時期ならお勧めである。ここで60分くらい休んだ後、シャトルバスでジャンクション停留所ま
で行き、2マイル程度のParusトレイルを歩く(ここで14時まえ)。
 ここは舗装されていて、自転車が通行可のため、歩いている人はいなかったけど、サイクリングしている人が多かっ
た。トレイル自体は特筆するものがないけど、川沿いをのんびり歩くことができる。
 次に、ビジターセンターで少しトイレ休憩などを取った後、15時40分ごろ短いアーキオロジートレイルへ。遺跡跡とい
うことで行ったがトレイル的には特に何もなく20分くらいで終了。発掘された遺物などはビジターセンターにも置いてな
いらしい。
 さらに、16時30分ごろからウオッチマントレイル(3マイルくらい)に出発。多少疲れていて、さらに暑かったので少し
きつかった。このトレイルも特筆することはないが、トレイルの終点からはスプリングデールの町並みやビジターセンタ
ーを眺めることができる。暑さもあり、手持ちの水も尽きたので、さっさと帰る。途中、オレゴンブルーベリーを無心に食
べ、われわれに全く気付かないリスを発見などをして、2時間後の18時15分ごろビジターセンターへ到着。このトレイ
ルは暑いときついので、朝or夕方に行くことをお勧めする。ちなみに、私たちが出発地点に着く頃に4〜5組くらいのハ
イカーにあった。途中で暗くなりそうでちょっと怖かったけど…。
 その後、グローサリーストアで飲み物などを買ってからホテルに帰宅。ホテルで少し休んでから、公園のゲートまで散
歩した。その途中、鹿の親子に遭遇。20時15分ごろホテルに到着し、就寝。
 ちなみに、本日のトレイルでザイオンでもらえる新聞に載っている12のトレイル(前回歩いたのを含める)を全部制覇
した。これでザイオンに思い残すことはなくなったと思う。

  
  ザイオンロッジでの食事            Parusトレイルで              Parusトレイルで

  
  アーキオロジートレイルで         ウオッチマントレイル          ウオッチマントレイル

●2008年9月4日(木)
 今日はいつもよりゆっくりと7時に起床。7時30分ごろ朝食に行き、焼きたてのワッフルなどを食べる。
 9時頃ホテルをチェックアウト。クオリティーイン、朝食付きでなかなかよかったです。
 その後、ビジターセンターへ行き、シャトルバスでザイオンロッジへ。その途中、妻がマウンテンライオンらしき動物を
発見したが、管理人は見られず。
 9時30分ごろザイオンロッジ到着。そこから川沿いをゆっくりあるきながら隣の停留所であるグローロへ。そこからグ
ロートトレイルでザイオンロッジを目指すが、その途中、鹿の親子に遭遇。立派な角をもったオスにも会えました。
 10時前にザイオンロッジに到着したが、カフェが開いていないのでしばし休憩。カフェが開いた10時にコーヒーを購
入し、木陰でのんびり過ごす。そこら辺を散歩しているターキーなどをみながら40分ぐらい休憩。
 その後、ビジターセンターに戻り、妻が欲しいといったナショナルパークのモノポリーを購入。
 11時30分ごろザイオンNPを出発。そこからひたすらドライブし、ラスベガスを目指す。今回のレンタカーはガソリン
付きを買っていたので、できるだけぎりぎりで返そうと思ったのだけど、途中でガソリンが足りなくなりそうになり、MOA
PA VALLEYというところで降りて、3ガロンほど補給(給油するのに往復10マイルほどかかった)。
 時差があるので14時過ぎにラスベガス到着。その後、コスコと・トレーダージョーズ。CVSで買い物をし、最後に、In-
Outバーガーへ。ここで昼食としてハンバーガーを食べる。久しぶりのIn-Out、かなり期待して行ったが、ポテトが半揚
げ状態、また、ファストフード店の模範店員でなくてはいけない店員たちの態度が、以前行った他のIn-Outの店員たち
と比べるとかなり悪かったので、とてもショックだった。期待しすぎたのがいけないのか。
 食べていると16時を過ぎたで空港へ急いで向かう。16時30分過ぎに空港近くのレンタカーリターンへ到着。そこで
車を返却した後、空港へ。18時発の飛行機だったが、なぜか予定が変更されていて18時30分発になっていた。仕方
ないので、空港で時間を潰す。これならIn-Outでゆっくり食べればよかった。
 ちなみに、空港で妻がスロットをやったら少しだけ儲かった(ビギナーズラックでしょう)。
 18時30分過ぎに予定通り飛行機は出発し、20時ごろにサンフランシスコ空港へ到着。そこで荷物をピックアップし
てからホテルへの無料バスを待っていたら、満員で乗れず。さらに、20分待った後、次のバスに乗り九時過ぎにクラリ
オンホテル(99ドル)に到着。疲れていたので、すぐに就寝。

  
       ターキー                  鹿の親子            ザイオンロッジでのコーヒー

●2008年9月5日(金)
 今日は8時頃起床。お土産などで膨らんだ荷物を整理し、9時過ぎにチェックアウト。
 無料のシャトルバスで9時30分前に空港に到着。チェックイン後、空港内でお土産を購入。シーズのチェコを買うた
めに、コスコでギフトカードを買っていたのだけど、使えなかった(以前は使えたらしい)。仕方ないけど普通より高いシ
ーズチョコなどを購入。時間があったので、UAのレッドカーペットラウンジに行くけどかなり混んでいた。朝飯を食べて
いなかったので、少しだけ腹ごしらえをして、休憩してから搭乗。
 予定通り12時過ぎに飛行機は出発。機内では映画を3本など見ていたらあっという間に日本に到着。予定より1時
間程度早い14時過ぎに到着。
 帰りのバスは16時前だったので、それまで到着ラウンジでしばし休憩。その後バスで帰宅。

おしまい。

トップへ
トップへ
戻る
戻る