QLOOKアクセス解析


【外国人参政権を実現する6つの方法】

< 方法は1つではありません >




1.外国人参政権を認める法案を成立させる。

   → 外国籍のまま日本の選挙に直接参加できる。(国会に何度も法案提出)

2.二重国籍を認める法案を成立させる。

   → 自動的に2ヶ国の参政権を得られる。(国会に何度も請願書提出)

3.憲法改正に乗じて、憲法が意味する「国民」の定義を拡大する。

   →「日本国民」の範囲に定住外国人まで含めることで、自動的に参政権付与を実現。

4.反日傾向を隠して偽装帰化し、国会/地方議員に立候補。

   → 日本の国会議員でも実際は日本人ではなく在日コミュニティのために活動

5.自治基本条例・住民投票条例に細工する。

   → 外国人の投票権を紛れ込ませる。(既に多くの自治体で進行中)

6.外国人住民基本法を制定する。

   → 外国人の投票権を認める条文を紛れ込ませる。(国会に請願書提出)


これらは現に推進派が実行に移しているものや、実行に移されたものばかりです。