しがらき 

sanpeitoubou




三平陶房の心の歳時記
                           冨 岡 正 義
IMG_0954.JPG

image2.jpegimage1.jpeg京都植物園のバラ   孫が撮影
豊かな季節の移ろいを、
日々の生活のなかで気付いた自然の移り変わりの
様子を感じつつ
夜が長かろうと短かろうとそれほど差のない現代の生活
しかしさまざまな生き物が、鳥や虫や草木が、
季節の移ろいを教えてくれます。
それらを自分の感性で自由に楽しんでみたいものです。
                           冨 岡 正 義

磁器人形
IMG_1265.JPGIMG_1264.JPG
       信楽町 K.Nさん制作 W40 ×H50㎝

陶器の町

印象に残る信楽の町

新たなる創造のはじまり

自分たちの生活を考える。自分たちのこれからがとても楽しそうに思えたり、周囲の人たちがとても喜ぶ顔が想像できたりする、土と炎が織りなす信楽焼。
 悠久の時を超えて、巡り会う焼き物。深い伝統が香りを漂わせている。手に馴染む焼き物でありたい。

 


私らしく、生き生きとあたらしく、こころざすとき顔の見える自分らしさでいたい。
IMG_1207.JPG

IMG_0488.JPG三重県阿児湾の夕日

CIMG0198.JPG全国民生委員100周年記念大会

  • 三 平 陶 房

こころの歳時記

2019年  
〖 瑞 気 亥 歳 〗

平成31年2月   如月(きさらぎ) 

月日の経つのがあまりにも早く感じる今日この頃、
2月3日は節分、4日は立春です。
暦の上では、春となりますが骨身に沁みる寒さが続いています。
暖かい日が続くとほっとする三寒四温の季節、
庭の梅のつぼみがいつほころび出すかと気になる今日この頃、
ふと日脚ののびていることに
気づき、春遠からじを感じています。
春を待ちわびつつ、元気に頑張りましょう。
体のコンディションにきをつけて、体調管理を万全に !!

「越えた坂  過去美しく  なつかしく」   小蝶  


          「いきいきと 

     奇麗な蕾み       
             明日を抱く」 小蝶 

 指の先 名曲無我となる調べ

第一歩 母の慈顔を背に巣立つ    


  「いつまでも 謙虚な花の香は失せず」   小蝶  

頬ゆるむ
        笑顔が似合う
               春日和
IMG_1010.JPG

土と炎の芸術-信楽焼-その美しさは時空を超えて!

「心のある風景」

日常のほんの些細な出来事が、大切な何かに気づかせてくれることがあります。
 それは、心に響くあたたかなぬくもりに触れたとき、日々の暮らしのなかで、ほんの小さな出会いのなかで、人を思いやる大切な心を見たようなそんな気持ちになったとき。

ずっと遠い昔からたくさんの喜び、ときには悲しみを、そして大きな未来への希望を見つめてきた町・信楽で陶芸に取り組む「窯ヶ谷の三平陶房」。 土と炎の芸術ー土と人との出会いを大切に創作する三平の手作りのやきもの。


無駄とも思える努力の積み重ねが、
「人生」を豊かにする

未来の扉を開くこと
     それは、悠久の時を超えて、巡り会いに続く

「さまざまに  悲喜乗り越える  年輪美」    

         「指の先 名曲無我と なる調べ」
             「第一歩 母の慈顔を 背に巣立つ 」
                               小蝶 



IMG_1224.JPG三平陶房から見た夕焼け雲

140101_165418.jpg建部大社





img101.jpg新宮神社






CIMG0706.JPG美女と鍾馗







File0002.jpg大江町鬼瓦公園 鬼の噴水






CIMG0709.JPG冬の琵琶湖路へ





IMG_0612.JPG蝦蟇仙人





CIMG2720.JPG






CIMG2988.JPG