三平陶房

しがらきの里 焼き物づくりに挑戦。

陶器のまち・しがらきが「土と炎と人との出会いを求め、新たなる創造のはじまり」として生まれ変りました。
その窯元の名前は「三平陶房」。いまあるものを最大限活かし、
そこに新しいアイデアを加える事で新たな価値を生み出しています。

三平陶房

しがらきの里 焼き物づくりに挑戦。

陶器のまち・しがらきが「土と炎と人との出会いを求め、新たなる創造のはじまり」として生まれ変りました。
その窯元の名前は「三平陶房」。いまあるものを最大限活かし、
そこに新しいアイデアを加える事で新たな価値を生み出しています。

三平陶房

しがらきの里 焼き物づくりに挑戦。

陶器のまち・しがらきが「土と炎と人との出会いを求め、新たなる創造のはじまり」として生まれ変りました。
その窯元の名前は「三平陶房」。いまあるものを最大限活かし、
そこに新しいアイデアを加える事で新たな価値を生み出しています。

   SANPEITOUBOU

信楽 窯ヶ谷「三平陶房」

 

豊かな自然の恩恵、歴史と伝統のほこり。

彩り豊かな大地は、

多くの人や物が行き交った。

今に引き継ぐ活気あふれるしがらきは、

未来を輝かせる多くの出会いを生み出す。

  「土匂う  四季の幸生む  野辺の唄」

   SANPEITOUBOU

信楽 窯ヶ谷「三平陶房」

 

豊かな自然の恩恵、歴史と伝統のほこり。

彩り豊かな大地は、

多くの人や物が行き交った。

今に引き継ぐ活気あふれるしがらきは、

未来を輝かせる多くの出会いを生み出す。

  「土匂う  四季の幸生む  野辺の唄」

   SANPEITOUBOU

信楽 窯ヶ谷「三平陶房」

 

豊かな自然の恩恵、歴史と伝統のほこり。

彩り豊かな大地は、

多くの人や物が行き交った。

今に引き継ぐ活気あふれるしがらきは、

未来を輝かせる多くの出会いを生み出す。

  「土匂う  四季の幸生む  野辺の唄」

平成30年10月 神無月

大地に満ちる命の息吹、里山で生きる

 

あなたのアイディアに、最高のやきものを。

とても身近なところにある自分たちの未来をデザインすることが、私たちが造り出す信楽焼です。
土と炎と人との出会いを実現するのは、紫香楽の歴史遺産が語りかける大地に刻まれた足跡をたどることから始まる。

 

2018年10月 神無月(かんなづき)

振り返ると今年の夏のは厳しかったというより暑さと異常気象で、
心身ともに力を無くし気味でしたが、夏の名残の中にも深まる秋に向かって、
清々しさと楽しい実りが待っています。
秋の澄んだ空気の中、キツツキの木を叩く音が聞こえてきます。
路傍の秋草が可憐な花をつけ、木犀のかぐわしい香りが漂う季節となり、
虫の鳴き声もいつしか細々として、一段と秋の深まりが感じられるようになりました。
秋の夜長の落ち着いた静かなひと時、自分を見つめ直したり、
本を読んだり、音楽を聴いたり・・・・・・・。
そんなゆったりとした時間が似合う時節です。
朝晩の冷え込みが増す昨今、体のコンディションにきをつけて、体調管理を万全に !!

「柿熟れ 絵になる里の 夕茜 」 小蝶     
  

    指の先 名曲無我となる調べ「いきいきと 

          奇麗な蕾み       
             明日を抱く」 小蝶 

平成30年10月 神無月

大地に満ちる命の息吹、里山で生きる

 

あなたのアイディアに、最高のやきものを。

とても身近なところにある自分たちの未来をデザインすることが、私たちが造り出す信楽焼です。
土と炎と人との出会いを実現するのは、紫香楽の歴史遺産が語りかける大地に刻まれた足跡をたどることから始まる。

 

2018年10月 神無月(かんなづき)

振り返ると今年の夏のは厳しかったというより暑さと異常気象で、
心身ともに力を無くし気味でしたが、夏の名残の中にも深まる秋に向かって、
清々しさと楽しい実りが待っています。
秋の澄んだ空気の中、キツツキの木を叩く音が聞こえてきます。
路傍の秋草が可憐な花をつけ、木犀のかぐわしい香りが漂う季節となり、
虫の鳴き声もいつしか細々として、一段と秋の深まりが感じられるようになりました。
秋の夜長の落ち着いた静かなひと時、自分を見つめ直したり、
本を読んだり、音楽を聴いたり・・・・・・・。
そんなゆったりとした時間が似合う時節です。
朝晩の冷え込みが増す昨今、体のコンディションにきをつけて、体調管理を万全に !!

「柿熟れ 絵になる里の 夕茜 」 小蝶     
  

    指の先 名曲無我となる調べ「いきいきと 

          奇麗な蕾み       
             明日を抱く」 小蝶 

平成30年10月 神無月

大地に満ちる命の息吹、里山で生きる

 

あなたのアイディアに、最高のやきものを。

とても身近なところにある自分たちの未来をデザインすることが、私たちが造り出す信楽焼です。
土と炎と人との出会いを実現するのは、紫香楽の歴史遺産が語りかける大地に刻まれた足跡をたどることから始まる。

 

2018年10月 神無月(かんなづき)

振り返ると今年の夏のは厳しかったというより暑さと異常気象で、
心身ともに力を無くし気味でしたが、夏の名残の中にも深まる秋に向かって、
清々しさと楽しい実りが待っています。
秋の澄んだ空気の中、キツツキの木を叩く音が聞こえてきます。
路傍の秋草が可憐な花をつけ、木犀のかぐわしい香りが漂う季節となり、
虫の鳴き声もいつしか細々として、一段と秋の深まりが感じられるようになりました。
秋の夜長の落ち着いた静かなひと時、自分を見つめ直したり、
本を読んだり、音楽を聴いたり・・・・・・・。
そんなゆったりとした時間が似合う時節です。
朝晩の冷え込みが増す昨今、体のコンディションにきをつけて、体調管理を万全に !!

「柿熟れ 絵になる里の 夕茜 」 小蝶     
  

    指の先 名曲無我となる調べ「いきいきと 

          奇麗な蕾み       
             明日を抱く」 小蝶 

  • 椿の実

    椿の実

  • 法然上人

    法然上人

  • コスモスとアゲハチョウ

    コスモスとアゲハチョウ

  • 足立美術館 庭園

    足立美術館 庭園

  • 伊勢志摩 大王崎灯台

    伊勢志摩 大王崎灯台

知らなかった場所へ。

悠久の時を超えて、巡り会うしがらき「三平陶房」

手に馴染むやきものでありたい。
しがらきの独特の土味をいかしていくこと。
手を焼き物に触れるたびに新しい発見がある。

  • 椿の実

    椿の実

  • 法然上人

    法然上人

  • コスモスとアゲハチョウ

    コスモスとアゲハチョウ

  • 足立美術館 庭園

    足立美術館 庭園

  • 伊勢志摩 大王崎灯台

    伊勢志摩 大王崎灯台

知らなかった場所へ。

悠久の時を超えて、巡り会うしがらき「三平陶房」

手に馴染むやきものでありたい。
しがらきの独特の土味をいかしていくこと。
手を焼き物に触れるたびに新しい発見がある。

  • 椿の実

    椿の実

  • 法然上人

    法然上人

  • コスモスとアゲハチョウ

    コスモスとアゲハチョウ

  • 足立美術館 庭園

    足立美術館 庭園

  • 伊勢志摩 大王崎灯台

    伊勢志摩 大王崎灯台

知らなかった場所へ。

悠久の時を超えて、巡り会うしがらき「三平陶房」

手に馴染むやきものでありたい。
しがらきの独特の土味をいかしていくこと。
手を焼き物に触れるたびに新しい発見がある。

私を動かすもの。

生きる事は自分自身を表現することだと思う。だから、プレゼンテーションして、伝えよう。あなたがよりあなたらしく生きていくための、じぶんプロジェクト、はじめよう。

私を動かすもの。

生きる事は自分自身を表現することだと思う。だから、プレゼンテーションして、伝えよう。あなたがよりあなたらしく生きていくための、じぶんプロジェクト、はじめよう。

私を動かすもの。

生きる事は自分自身を表現することだと思う。だから、プレゼンテーションして、伝えよう。あなたがよりあなたらしく生きていくための、じぶんプロジェクト、はじめよう。

Access Map

アクセス マップ

自分たちの生活を考える。
自分たちの一か月後がとても楽しそうに思えたり、周囲の人たちがとても喜ぶ顔が想像できたり、フィジカルに感じられる何かを。とても身近なところにある自分たちの未来をデザインすることこが大切。
悠久の時を超えて巡り会うやきもの、それは紫香楽の里で生まれる「信楽焼」。
土と人との出会いを大切に創作する手作りのやきもの。
土の持つ暖かさと炎がおりなす伝統を生かし、暮らしに彩りと潤いをかもしだす陶器。信楽の三平陶房で制作した作品をで紹介

      メールアドレス sanpeikama@water.sannet.ne.jp

              滋賀県甲賀市信楽町長野1404-1                  TEL   0748-82-1407

Access Map

アクセス マップ

自分たちの生活を考える。
自分たちの一か月後がとても楽しそうに思えたり、周囲の人たちがとても喜ぶ顔が想像できたり、フィジカルに感じられる何かを。とても身近なところにある自分たちの未来をデザインすることこが大切。
悠久の時を超えて巡り会うやきもの、それは紫香楽の里で生まれる「信楽焼」。
土と人との出会いを大切に創作する手作りのやきもの。
土の持つ暖かさと炎がおりなす伝統を生かし、暮らしに彩りと潤いをかもしだす陶器。信楽の三平陶房で制作した作品をで紹介

      メールアドレス sanpeikama@water.sannet.ne.jp

              滋賀県甲賀市信楽町長野1404-1                  TEL   0748-82-1407

Access Map

アクセス マップ

自分たちの生活を考える。
自分たちの一か月後がとても楽しそうに思えたり、周囲の人たちがとても喜ぶ顔が想像できたり、フィジカルに感じられる何かを。とても身近なところにある自分たちの未来をデザインすることこが大切。
悠久の時を超えて巡り会うやきもの、それは紫香楽の里で生まれる「信楽焼」。
土と人との出会いを大切に創作する手作りのやきもの。
土の持つ暖かさと炎がおりなす伝統を生かし、暮らしに彩りと潤いをかもしだす陶器。信楽の三平陶房で制作した作品をで紹介

      メールアドレス sanpeikama@water.sannet.ne.jp

              滋賀県甲賀市信楽町長野1404-1                  TEL   0748-82-1407

#id0

 

個展情報
場所:銀座ギャラリー1F
 6月1日より一週間
10:00~20:00(常時本人在廊)

個展情報
場所:銀座ギャラリー1F
6月1日より一週間
10:00~20:00(常時本人在廊)