<  next  >>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   Pastel  Drawings Gallery

                            <Enter>

 

                     ソフトパステル・オイルパステル使用

                              

 

 

          <top>

<profile & map>

<pastel drawings gallery >

 <charcoal drawings gallery >

<"soft" drawings gallery >

 

 

                       <パステル絵画 作品集>

 

 

 木炭紙・パステル紙・デッサン紙・水彩紙にオイルパステル・ソフトパステル(チョーク状)を使用してます。 サイズは、長辺40〜60cmのものが多く、スケッチブックなどに閉じて保存してるものも多くあります。 ソフトパステル使用の作品は保存が難しいことがあります。また、オイルパステルは油絵の具用のオイルで引き伸ばしながら描くことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

                        < 美しいヌード >

パステル作品は2000〜2006年のものが多く、鉛筆画は最近の作品ばかりです。  この鉛筆画は長辺65センチくらいあります。 2B,4B、6B,8Bとチャコールペン使用です。 ここではこれらの作品をコラージュしながら載せてます。  実際にモデルを前にして描くことが多く、時間的には2〜3時間を要してます。 また、モデルの体力的にもこちら側の時間的にも無理がある場合は、写真に収めながら描くこともあります。 その後、写真をPCで立ち上げ、その画像を元にして描くこともあります。 作品のほとんどは、クロッキー会などの会場で描いたものではなくプライベートでの空間で描いたものです。

ステージ(描く空間)の設定は難しいことがあります。 まず、自分は着衣ですがモデルはヌードです。 体感温度の違いなど、実際にモデルをしてみないことには分からないことも多くあります。 モデルは無防備な状況となりますので、その空間は安全なことであり、ポーズに集中できる環境が必須になります。 

一昔前で考えれば、画家がポーズを指示しそれを作品にしていくことが多かったのでしょうが、最近では、モデルと描く側の共同作業的な空間となってます。 表現者としてのモデルの感性と描き手の真剣勝負の場となることもあります。 いずれにしても、描く側と描かれる側とのコミュニケーションの上に成り立っていることです。

 

 

 

 

 

 

                 < 女性ヌード 自然光の下で・・・裸婦画像 >

 

 

 

   <クロッキーの描き方・Home>     <コラージュ画像>   Picasa 3 の使い方&ガイド     <自然光の下で。。。女性の肖像>   <美しいヌード>      秋紅葉のフリー写真>          <アルバイト情報 >     <アフィリエイトサイト >       <大学>    <個別指導塾>   <専門学校 >   <旅のサイト>   < Picasa 使い方>     <nude image>   <コラボ作品集