「上手なお金の使い方」を信頼しない

「上手なお金の使い方」を信頼しない

「上手なお金の使い方」という見出しでは、あまり信頼しない方がいいということですね。

 

「お金」はたまってこと「価値があるもの」だという考えかたです。

 

 

それで、見出しに「お金活用法」ということでも出ていればとても「うさんくさい」ということはあります。

 

それではそれを逆手にとって、「上手なお金の貯め方」ということであれば少しはそのページを

 

覗いてもみようかという人間の心理状況ですよね。

 

 

今時の時代では、そんなに簡単にお金を活用できるほど余っているお金はないはずだし・・。

 

 

「お金」のことについては、口当たりのいい言葉としても「助けをもとめるイメージのお金」であったも疑ってかかるのが

 

賢い「お金」への対処方法だと思うのです。

 

 

それに・・話は代わりますが、映画の好きだった自分がいつのころからか外国の映画では、「壊していく」というテーマに

 

変貌してしまったころから、映画というもののイメージが変わってしまったことがあります。

 

 

壊してしまえば再度つくりなおさなければあるのですね。その費用を考えると「お金の使い方」なんて

 

立派な言葉を発する人は少ないということです。

バッテリー上がりを経験しました。

私は普段通勤は電車を使っていますし、休日も家で過ごすことが多いため、

 

基本的に車に乗る機会というのは少ないです。

 

 

車を買ったのも給料の使い道がなくて、気まぐれで購入したので、

 

もともと必要だからかったわけではありません。

 

 

先日、久しぶりに動かしてみようとエンジンをかけてみたところ、かかりませんでした。

 

 

これは疑いようもなく、バッテリー上がりです。

 

 

どうしようか迷っていたところちょうど数カ月前にバッテリー用の充電器を購入していたことを

 

思い出しました。

 

 

それを倉庫から引っ張り出してきて充電して何とか動かすことが出来ました。

 

 

その時私が思ったのは、やっぱり機械というものは人間あってのものですし、

 

 

定期的に使ってあげないといけないな、と感じたのでです。

 

通販 かに