曹操(曹孟徳/魏武帝)の詩 > 短歌行(對酒當歌)

表紙に戻る個別インデックスへこのページの最後へ

◆白文

対酒当歌  人生幾何
譬如朝露  去日苦多
慨当以慷  幽思難忘
何以解憂  唯有杜康
青青子衿  悠悠我心
但為君故  沈吟至今
呦呦鹿鳴  食野之苹
我有嘉賓  鼓瑟吹笙
明明如月  何時可採
憂従中來  不可断絶
越陌度阡  枉用相存
契闊談讌  心念旧恩
月明星稀  烏鵲南飛
繞樹三匝  何枝可依
山不厭高  海不厭深
周公吐哺  天下帰心

◆書き下し文

酒に対しては当に歌うべし、人生幾何ぞ
譬(たとえ)ば朝露の如し、去りし日は苦(はなは)だ多く
慨して当に以て慷すべし、幽思は忘れ難く
何を以て憂いを解かん、唯だ杜康 有るのみ
青青たる子が衿、悠悠たる我が心
但だ君が為の故、沈吟し今に至る
呦呦と鹿鳴き、野の苹を食す
我に嘉賓有らば、瑟を鼓し笙を吹く
明明として月の如きも、何れの時にか採るべし
憂いは中より来たりて、断絶すべからず
陌を越え阡を度り、枉げて用って相存す
契闊談讌し、心に旧恩を念う
月明らかに星稀に、烏鵲南に飛ぶ
樹を繞ること三匝、何れの枝にか依るべき
山は高きを厭わず、海は深きを厭わず
周公 哺を吐きて、天下心を帰す

◆現代和訳/通釈文

「酒を前にしたら大いに歌うべきじゃないか! 人生など幾ばくのものでしょう
たとえば朝露のように儚いものです、過ぎてしまった日々ははなはだ多く
まったく悲憤にくれるばかりで、物思いから離れられません
この憂いを何で解き放ちましょう? ただそれは酒ですよ!
皆さんは青々と襟を立て、私は悠々といい気分だ
ただあなたがたの為だけに、私はこうして歌ってきたのです
鹿が呦呦と鳴きながら、野の蓬を食べています
私によいお客があれば、琴を奏で、笛を吹いてもてなすでしょう
その想いは月光のように明らかなのに、どうやっても手に取れません
そんな憂いは私の中から湧いてきて、断ち切ることができません
しかし、遠い道を千も越えて、無理をして来てくれた皆さんがここにいる
久しぶりに会う者同士で酒を飲み宴会をし、旧交を温め会おうじゃないか!
月は星が稀になるほど明るく、かささぎは南に飛んで行き、
木のまわりを三度も巡って、どの枝にとまるべきか考えている
山がいくら高くても構わない、海がいくら深くても構わない
周公(周の武王の弟君で辣腕政治家)は、口のなかの食べ物を出してまでお客に会ったから、
天下の名士を集められたのですよ!」

◆スレッドの関連ログ(抜粋)

◆曹操 > 奏上九醞酒法も参照

35 名前:無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日:2006/09/09(土) 01:14:27
>>34
ヤッホー子建さまも酔っ払いだから大丈夫だよ!
酒に対しては当に歌うべしだよラララ
なんか曹操の短歌行かきたいから書いとくお、誰もリクしてないけど読んでくらさいw

『短歌行』 曹孟徳

酒に対しては当に歌うべし、人生幾何ぞ
たとえば朝露の如し、去りし日ははなはだ多く
慨して当に以て慷すべし、幽思は忘れ難く
何を以て憂いを解かん、唯だ杜康 有るのみ
青青たる子が衿、悠悠たる我が心
但だ君が為の故、沈吟し今に至る
幼幼と鹿鳴き、野の苹を食す
我に嘉賓有らば、瑟を鼓し笙を吹く
明明として月の如きも、何れの時にか採るべし
憂いは中より来たりて、断絶すべからず
陌を越え阡を度り、枉げて用って相存す
契闊談讌し、心に旧恩を念う
月明らかに星稀に、烏鵲南に飛ぶ
樹を繞ること三匝、何れの枝にか依るべき
山は高きを厭わず、海は深きを厭わず
周公 哺を吐きて、天下心を帰す


36 名前:総合スレの135 [sage] 投稿日:2006/09/09(土) 01:28:46
ごめん名前忘れた。
>>35の意味は(適当だお)……
「酒を前にしたら大いに歌うべきじゃないか! 人生など幾ばくのものでしょう
たとえば朝露のように儚いものです、過ぎてしまった日々ははなはだ多
く まったく悲憤にくれるばかりで、物思いから離れられません
この憂いを何で解き放ちましょう? ただそれは酒ですよ!
皆さんは青々と襟を立て、私は悠々といい気分だ
ただあなたがたの為だけに、私はこうして歌ってきたのです
鹿が幼々と鳴きながら、野の蓬を食べています
私によいお客があれば、琴を奏で、笛を吹いてもてなすでしょう
その想いは月光のように明らかなのに、どうやっても手に取れません
そんな憂いは私の中から湧いてきて、断ち切ることができません
しかし、遠い道を千も越えて、無理をして来てくれた皆さんがここにいる
久しぶりに会う者同士で酒を飲み宴会をし、旧交を温め会おうじゃないか!
月は星が稀になるほど明るく、かささぎは南に飛んで行き、
木のまわりを三度も巡って、どの枝にとまるべきか考えている
山がいくら高くても構わない、海がいくら深くても構わない
周公(周の武王の弟君で辣腕政治家)は、口のなかの食べ物を出してまでお客に会ったから、
天下の名士を集められたのですよ!」

この『短歌行』は烏桓の戦いの後に宴席で作られたらしいですが(定かでないのかも)、
自分の集めた文武百官をずらっと並べて、ご満悦な曹操が目に浮かぶようですなw
青々と〜の後のくだりは、良い人材に対して渇望する気持ちを詠っていて
ほとんど恋歌のような熱っぽさですw。
才能ある人物のためならば、琴を奏で笛を吹き、山を登り谷を越え食べ物を吐き出しますよ!
一人だって有能な人物を見逃したくない、世界の才能は私のもの!
そんなにして集めた皆さんが今ここに揃っていて、私はなんて幸せなんだろう!
というごきげんな気持ちが激しく伝わってきます。
満月の宴席で矛を横たえ、部下にこんな熱愛のような詩を詠み、そのあと大敗して黒焦げになる曹操が好きだw。


38 名前:無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日:2006/09/09(土) 04:29:33
>>36
曹操もだが1氏のごきげんな気持ちが
激しく伝わって来る件wwwww


40 名前:総合スレの135 [sage] 投稿日:2006/09/09(土) 17:14:14
>>37-39
レスthxです……ちょwww昨夜酔っ払いすぎorz失礼しますた。
溜まってるぶんも含めて、>>33のとおり日曜の夜に(多分)まとめてレスします!

とり急ぎ、>>35-36の曹操の『短歌行』の訂正を……
(酔って書くもんじゃないなorz)。
>>36
・「酒を前にして大いに歌おうじゃまいか  →酒を前にしたら大いに歌うべきじゃないか
   (じゃまいかって、曹操たん2ちゃんねらー……orz)
・烏桓の戦いのに宴席で → 烏桓の戦いの後に宴席で
   (「後」が抜けてますた)
 つまり、この詩が207年ごろ(烏桓後、赤壁前)の宴席での作だとすれば、
エン州を奪還し、官渡・烏桓で大快勝を挙げ、連戦連勝まさに破竹の勢いで、
三公を廃し丞相に任ぜられそう(もしくは既に任ぜられている)、
曹丕さま曹植さまや曹沖君は賢い盛り、ギョウに銅雀台は造る、郭嘉もまだ生きている、と、
まさに中華統一に両手が掛かり、曹操の絶頂期だった訳ですね。
それはこんな詩も出てこようものと、容易に想像できますなw。
 ちなみに星(自分以外の群雄:孫権・馬超・劉表とか)を稀にするほど明るい月光は
曹操自身の勢力をたとえたもので、南に飛ぼうとするが寄る辺のないカササギは
長江流域でさすらう客将劉備を指している、というのがよく目にする説だと思います。

 まあ、このすぐ翌年(208年)冬には赤壁の大敗が待っているのですが……
出されたご飯は残さず食べ、転んでも黒焦げになっても歯が折れても泣かない曹操が好きですw。
では、今日はとり急ぎ……。


83 名前:無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日:2006/09/15(金) 20:42:16
良スレ発見!!!
昔のノートを出してきた。
>>35「山は高きを厭わず  海は深きを厭わず 」は
1.どんなに高い山でも深い海でも、それを嫌がらず
 私は友を探し求める。
2.山は高ければ高いほどよい。海は深ければ深いほど良い。
 人は優れていればいる程良い。(有能な人材)

と解釈が分かれるそうだ。
1さんや他の人の書き込みに期待。頑張れ。


85 名前:無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日:2006/09/15(金) 23:29:01
これは自分の解釈でなくて陳舜臣氏の三国志にあったものですが
その本での「短歌行」は赤壁前夜、将兵を鼓舞するために
曹操が歌にしたとありました。

敵を目前にして虚無的なムードで唄いだし
その後で「青々たる」で才能を求める曹操の恋歌じみたトコで
兵士各人にそれぞれ想う人を思い出させ、一転
「山は高きを厭わず 海は深きを厭わず」ときて
曹操は人材を求めている、諸君の力を見せてくれ、
(手柄をたてよ、手柄をたてよ)と歌い上げたと書いてました。

これ読んで漢詩に興味持ったです


88 名前:総合スレの135 [sage] 投稿日:2006/09/16(土) 02:09:33

>>83
なるほど〜! 1しか思いつきませんでした。
「山より高く海より深い才を求めた」というのも、『魏書』郭嘉伝の
「自若とした郭嘉と謹厳な陳羣の両方を重用した」という話のようで、とても曹操らしいですねw。

>>85
なるほど〜。自分は三国志小説を読んだことがないので、とてもためになります!
赤壁前夜だと、「惜しい哉奉孝」の郭嘉や愛息曹沖君を亡くして日も浅く、
また曹操のイメージが少し変わってきますね。
しかし、百万の自軍を前にして矛をおろし歌う英雄という図は、とても絵になりますなw。
ただ、「鹿が幼幼と鳴いて」いるのが気になりますね……
藤原長家ではないですが、鹿は秋に鳴くという話を聞いたことがあるので、
真冬の赤壁で鹿が鳴き蓬を食むというのは……中国の鹿は種類が違うのかも??


92 名前:無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日:2006/09/16(土) 03:11:35
みなさん、1さん、乙!!
鹿か。生物板あたりで聞いてみる?

陳舜臣氏は小説家だから
盛り上げるためにちょっと前夜とか脚色があるかもしれないよね
烏丸〜赤壁は207年〜208年冬の僅か一年たらずの間で
曹操の「短歌行」その間の作だから、秋だったのかもしんないね。


584 名前:1(ry [sage] 投稿日:2006/11/24(金) 18:51:26

ところで、上のほうに重大ミスを見つけたのでとり急ぎ訂正しますorz
>>35の訂正(書き下し)
△たとえば朝露の如し 去りし日ははなはだ多く
→◎譬(たとえ)ば朝露の如し 去りし日は苦(はなは)だ多く
×幼幼と鹿鳴き  野の苹を食す
→◎呦呦と鹿鳴き  野の苹を食す(Unicode)


961 名前:1(ry [sage] 投稿日:2007/01/24(水) 02:48:29
>>35
『短歌行(対酒当歌)』  魏武帝
(白文)
対酒当歌  人生幾何
譬如朝露  去日苦多
慨当以慷  幽思難忘
何以解憂  唯有杜康
青青子衿  悠悠我心
但為君故  沈吟至今
呦呦鹿鳴  食野之苹
我有嘉賓  鼓瑟吹笙
明明如月  何時可採
憂従中來  不可断絶
越陌度阡  枉用相存
契闊談讌  心念旧恩
月明星稀  烏鵲南飛
繞樹三匝  何枝可依
山不厭高  海不厭深
周公吐哺  天下帰心

表紙に戻る 個別インデックスへこのページの最初へ
◎2ちゃんねる三国志・戦国時代板『三国時代の文学スレッド』まとめサイト◎