日本海軍について
北の美味いをお届けする【北加伊堂】


日本海軍について
日本海軍
日本には、「海軍」という統一された組織はありませんでした。天皇の直結組織として並列に陸軍省、参謀本部、軍令部、海軍省、鎮守府、警備府、連合艦隊、支那方面艦隊、大本営があり、その中で軍事行政を担当する海軍省、作戦命令・指揮を担当する軍令部、地方行政を担当する鎮守府・警備府、戦闘部隊の連合艦隊・支那方面艦隊を含めたのが「海軍」でした。また、海軍省の外局として艦船や兵器の計画・審査を行う「艦政本部」、航空機や武器の計画・審査を行う「航空本部」、「潜水艦本部」、「施設本部」、「技術本部」等がありました。
連合艦隊
連合艦隊という用語は、明治17年に
「二以上ノ艦隊ヲ以テ連合艦隊ヲ編成ス」
と規定されました。規定当時は、十分な艦艇数がなく、実際に編成されたのは、日清戦争を控えた明治27年で、当時の連合艦隊は、常備艦隊と西海艦隊で編成されていました。この連合艦隊が黄海海戦等で活躍し、清国北洋艦隊を壊滅させました。その後、整備を進め、「三笠」「敷島」「富士」「朝日」「初瀬」「八島」の戦艦6隻と、「出雲」「吾妻」「常磐」「八雲」「浅間」「磐手」の装甲巡洋艦6隻から成るいわゆる「六六艦隊」をつくり、日清戦争に参加した。そして、常備艦隊を組織していた旧式艦を加え、明治38年に
第1艦隊〜戦艦6隻
第2艦隊〜装甲巡洋艦6隻
第3艦隊〜旧式艦
から成る連合艦隊を編成しました。
日露戦争が終わると、連合艦隊の編成は
第1艦隊 日本本土沿岸、東アジア、ロシア領沿海の巡航警備
第2艦隊 韓国沿岸、清国北部の巡航警備
南清艦隊 清国、台湾沿岸の巡航警備
(後、第一次大戦時に第3艦隊と改称)
練習艦隊 本土沿岸、清国北部の巡航警備
というように改められました。第一次大戦のあと、各国で建艦競争が始まり、日本海軍は戦艦8隻、巡洋戦艦8隻から成る八八艦隊を目指しました。更に昭和に入り、仮想敵国をアメリカとし、編成は
第1艦隊
敵主力艦隊と決戦を行う
第1戦隊 戦艦部隊
第2戦隊 戦艦部隊
第3戦隊 巡洋戦艦部隊
第7戦隊 軽巡洋艦偵察部隊
第1航空戦隊 付属航空母艦部隊
第1水雷戦隊 駆逐艦部隊
第1潜水戦隊 潜水艦部隊
第2艦隊
敵主力艦隊に反復攻撃を行い、主力艦同士の決戦までに敵兵力を漸減する。
第4戦隊 重巡洋艦部隊
第5戦隊 重巡洋艦部隊
第6戦隊 重巡洋艦部隊
第8戦隊 軽巡洋艦偵察部隊
第2航空戦隊 付属航空母艦部隊
第2水雷戦隊 駆逐艦部隊
第2潜水戦隊 潜水艦部隊
第3艦隊
アジア方面の米艦隊を撃滅し、フィリピン、グアム攻略作戦を支援する。旧式の巡洋艦、駆逐艦、潜水艦、敷設艦、掃海艇等で編成
というように改められ、その後
    ・昭和12年 第4艦隊新設
    ・昭和13年 第5艦隊新設
    ・昭和15年 第6艦隊新設
    ・昭和16年 第11航空艦隊、第1航空艦隊新設
等陣容を整え、太平洋戦争開戦を迎えました。
開戦直前の連合艦隊
これはあくまで平時の状態で、実際の作戦や戦闘に際してはバランスが悪く、【軍隊区分】と言われる部隊編成により戦いました。
連合艦隊 第1艦隊 山本五十六連合艦隊司令長官直属
戦艦2「長門」「陸奥」
高須四郎中将
戦艦8「伊勢」「日向」「扶桑」「山城」「金剛」「榛名」「比叡」「霧島」
空母2「瑞鳳」「鳳翔」
重巡洋艦4「古鷹」「加古」「衣笠」「青葉」
軽巡洋艦4「川内」「阿武隈」「大井」「北上」
駆逐艦32
第2艦隊 近藤信竹中将
重巡洋艦13「鳥海」「摩耶」「高雄」「愛宕」「妙高」「最上」「那智」「羽黒」「熊野」「三隈」「鈴谷」「利根」「筑摩」
軽巡洋艦2「那珂」「神通」
駆逐艦32
第3艦隊 高橋伊望中将
重巡洋艦1「足柄」
軽巡洋艦3「球磨」「名取」「長良」
敷設艦5「白鷹」「蒼鷹」「厳島」「八重山」「辰宮丸」
水上機母艦2「神川丸」「山陽丸」
潜水母艦1「長鯨」
駆逐艦8
潜水艦4
第4艦隊 井上茂美中将
軽巡洋艦4「龍田」「夕張」「鹿島」「天龍」
敷設艦4「津軽」「天洋丸」「沖島」「常磐」
水上機母艦1「神威」
潜水母艦1「迅鯨」
駆逐艦8
潜水艦9
第5艦隊 細萱戌子郎中将
軽巡洋艦2「多摩」「木曽」
水上機母艦1「君川丸」
第6艦隊 清水光美中将
潜水艦29
南遣艦隊 小沢治三郎中将
軽巡洋艦1「香椎」
敷設艦1「初鷹」
連合艦隊直属 軽巡洋艦2「鬼怒」「由良」
水上機母艦2「瑞穂」「千歳」
仮装巡洋艦3「愛国丸」「清澄丸」「報国丸」
潜水艦9
第1航空艦隊 南雲忠一中将
空母7「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」「瑞鶴」「翔鶴」「龍驤」
駆逐艦10
第11航空艦隊 塚原二四三中将
基地航空隊6「鹿屋」「東港」「美幌」「元山」「高雄」「台南」
駆逐艦3

日本海軍の軍艦
軍艦について
軍艦とは
日本海軍は、海軍に所属するあらゆる船を艦船と総称しており、この中で主として戦闘用として使用される艦船を「艦艇」と称していました。更に艦艇の中で主要なものを「軍艦」と呼んでおり、軍艦には必ず艦首に「菊の御紋章」が付けられています。軍艦の種類としては戦艦、航空母艦、巡洋艦、水上機母艦、潜水母艦、敷設艦、砲艦、海防艦があり、正確には駆逐艦や潜水艦、水雷艇、掃海艇、敷設艇、駆潜艇、哨戒艇の7種類は、軍艦の定義の中には入らず、「艦艇」と呼ばれていました。その後、昭和17年になって、海防艦、昭和19年になって、砲艦がそれぞれ艦艇へと転籍となり、輸送艦も艦艇の中に加えられました。
艦名について
日本海軍の艦艇にはそれぞれ国名や山岳名、河川名がつけられており、平時には舷側や艦尾にひらがなで表記されていました。この字体は現在も海上自衛隊の艦船に使われているそうです。
種類 名称
戦艦 昔の国名 大和、武蔵、扶桑、陸奥など
航空母艦 瑞鳥
瑞動物名
飛龍、蒼龍、瑞鶴、大鳳、天城など
(赤城、加賀、信濃は元々戦艦であり、改装されて航空母艦となったため、国名を使っています。)
重巡洋艦 山岳名 高雄、愛宕、摩耶、那智、古鷹など
軽巡洋艦 河川名 阿賀野、矢矧、長良、球磨、大淀など
駆逐艦 潮、風、波、
月名
黒潮、親潮、天津風、秋雲、長波、早波、秋月、初月、霜月、冬月など
潜水艦 番号 伊15号、呂35号など
潜水母艦 鯨名 迅鯨、長鯨など
水雷艇 鳥名 千鳥、友鶴、鷺など
海防艦 島名 占守、択捉など
特務艦 岬、海峡名 明石、大泊、大浜など
軍艦・艦艇の種類
戦艦(Battleship)
艦艇に対する攻撃力、防御力は共に最強の軍艦。約3万トン以上の排水量で36センチ以上の主砲を持っています。日本海軍の戦艦は艦橋が高く、まさに「くろがねの城」です。
航空母艦(Aircraft Carriers)
艦上戦闘機、艦上爆撃機、艦上攻撃機を保有し、甲板が飛行場となっている軍艦です。航空母艦の建造、運用はいち早く日本海軍が行い、攻撃力は戦艦より強い事を証明しました。外国ではAircraft Carriersと単なる「運ぶもの」ですが日本では「航空機の母なる艦」であり、極めて日本的な呼称と思います。
重巡洋艦(Heavy Cruisers)
戦艦についで攻撃力、防御力に優れた艦艇。約1万トンクラスで、20センチ位の主砲並びに魚雷を持っています。
軽巡洋艦(Light Cruisers)
戦艦についで攻撃力、防御力に優れた艦艇。約5500トンクラスで、14センチ位の主砲並びに魚雷を持っています。
駆逐艦(甲型)(Destroyers)
高速で敵艦に肉薄して魚雷により攻撃する艦艇。潜水艦の天敵。約2000トンクラスで、魚雷、爆雷、12センチ位の高角砲を持っています。甲型というのは軍縮条約の期限が切れて最初に建造された駆逐艦で陽炎型、夕雲型があります。
駆逐艦(乙型)(Destroyers)
乙型は、空母部隊と行動し、空母の護衛や不時着機の救援任務を行うように設計された駆逐艦で、甲型よりも大型のものです。秋月型とも言います。
駆逐艦(丙型)(Destroyers)
丙型は、速力を重視した駆逐艦で、島風型1隻のみしか建造されませんでした。速力は最速の40.9ノット(時速70キロ位)というものです。
潜水艦(Submarines)
言わずと知れた深海の忍者。日本海軍の潜水艦はドイツ海軍のUボートを基本にして建造されたが、潜水艦の内部に組立式の水上機を保有するものもあり、大型酸素魚雷を武器にして世界の大洋を駆けめぐり活躍しました。水中排水量は1000トンから6500トンまでの様々な大きさがあり、伊400型は世界最大で「海底空母」と呼ばれていました。
潜水母艦
洋上の潜水艦に対する燃料、食料、魚雷などの補給能力を持ち、潜水艦乗組員の宿泊施設を持っている艦艇で、5000トン位の排水量です。
水上機母艦
水上偵察機を搭載したり、飛行艇に対する補給や整備、搭乗員の休養などを目的とした艦艇で、大きさは1万トン以上です。
水雷艇
駆逐艦の前身。600トン位の大きさで日清戦争中に活躍しましたが、その後その役割は駆逐艦に取って代わられました。
駆潜艇(Submarine Chasers)
小型の対潜哨戒艇で、港湾や沿岸の防御を目的とした艦艇で、日本海軍は艦隊随行用として建造しましたが、300トンに満たない小型艦艇であったことから結局随行は無理であまり活躍はできませんでした。
海防艦(Escort Ships)
輸送船の護衛用として建造された1000トン位の艦艇で、輸送船団の護衛や対潜哨戒の任務に就きました。
敷設艦(Minelayers)
機雷を敷設する為の軍艦で、大きさは3000トン位です。
掃海艇(Minesweepers)
敷設艦とは逆で、海中に敷設された敵の機雷を除去する施設を持った艦艇で、大きさは600トン位です。
特務艦(Auxiliary)
攻撃能力が少ない艦艇で、戦闘には直接参加せず、支援を目的とする艦艇で、標的艦や工作艦、氷砕艦、給炭艦、測量艦などがあります。
仮装巡洋艦(Armed Merchant Cruisers)
大型客船や貨物船に兵装を装備した艦艇で、大砲や機銃などの武器は巧妙に隠されています。油断させて至近距離に近づき、商船や輸送船に攻撃をしました。

お時間のございます方はこちらもよろしくお願いします


中古品販売
の激安店
北加伊堂

北の美味いを
お届けする
【北加伊堂】

北海道
いんちき釣師

奮戦記

いんちき釣師の
奮戦記
【北海道・道の駅】
スタンプラリーの旅

にゃんちゅうは
おりこうさん

家にアメリカン
コッカースパニ
エルとヨーク
シャーテリア

中古品販売の激安店【北加伊堂】
URL:
http://www.tkt-net.com/
北の美味いをお届けする【北加伊堂】
URL:
http://www.tkt-net.com/hokkaidou/
〒060-0006
北海道札幌市中央区北6条西22丁目2番3号707
TEL:0120-171-291

MAIL:webmaster@tkt-net.com