トップ  最新情報  活動紹介  書籍案内  山陰の祭りと芸能  リンク集

●山陰民俗研究
山陰民俗学会の機関誌です。

●山陰民俗学会発行の書籍
1 山陰民俗叢書全12巻 1冊3,360円・全12巻40,320円(税込・送料別)
 山陰のみならず日本人の生活と基層文化を知る上では不可欠の書。
 学会の半世紀をこえる活動の成果が今ここに。
 (1)柳田國男鈔 (2)民俗の地域性 (3)生業と用具 (4)村と家・人生
 (5)葬・墓・祖霊信仰 (6)家の神・村の神 (7)年中行事 (8)祭りの組織と行事
 (9)神楽と風流 (10)言語伝承 (11)古老の生活体験 (12)採訪記・人物誌
  申し込み・お問い合わせは島根日日新聞社出版部(tel 0853-23-6760)まで。

●会員出版の書籍
 内容を含め、少しずつ充実させていきます。
・石塚尊俊『出雲平野とその周辺』(ワン・ライン 6500円)
・石塚尊俊『民俗の地域差に関する研究』(岩田書院)
・石塚尊俊『暮らしの歴史』(ワン・ライン 2800円)
・石塚尊俊『山陰民俗一口事典』(松江今井書店 1900円+tax)
・石塚尊俊『出雲国神社史の研究』(岩田書院 18800円+tax)
・石塚尊俊『出雲神楽』(出雲市教育委員会 1000円)
・石塚尊俊『神話と祭りと芸能の山陰路』(ワンライン 1900円+tax)
 ・石原洋三『東中国山地・木地師の世界』(自費出版)
・勝部正郊『神の国の祭り暦』(慶友社)
・門脇尚子『生きる』(自費出版 1350円)
・川上廸彦『伯耆に生きて--私が見聞した人々の生活文化--』(ワンライン 2200円)
・小泉時、小泉凡『文学アルバム小泉八雲』(恒文社 2500円) ・近藤直也『「鬼」論序説--その民俗的考察--』(岩田書院)
・近藤直也『「鬼子」と誕生餅--初誕生儀礼の基礎的研究 九州沖縄編--』(岩田書院)
・酒井董美『山陰のわらべ歌』(三弥井書店 1890円)
・酒井董美『山陰の口承文芸論』(三弥井書店 8,900円+tax)
・酒井董美『隠岐の民話』(ワン・ライン 1,572円+tax)
・酒井董美『鳥取ふるさとの民話』(ワン・ライン 2,715円+tax)
・酒井董美『随想 山陰つれづれ』(新風書房 952円+tax)
・坂田友宏『因伯民俗歳時記』(伯耆文化財研究会 1500円)
  鳥取県内の主要書店で販売。お問い合わせは米子市立図書館(tel 0859-22-2612)まで
・白石昭臣『農耕文化の民俗学的研究』(岩田書院 11,800円+tax)
・new白石昭臣『竹の民俗誌』(大河書房 3,300円)
  白石先生の遺作です。焼き畑耕作や稲作など農耕と竹との関わりなど、竹の文化が幅広く考察されています。
・白石昭臣・酒井董美『島根の冠婚葬祭』(ワン・ライン 2,286円+tax)
・西中国山地民具を守る会『民具を用いた労働慣行--実践民俗学を提唱して40年--』(ぎょうせい 3000円)
・村山敏明『「ヨコ」社会の構造と意味--方言性向語彙に見る--』(和泉書院)
・森 納 『鳥取県の疾病史覚書--明治・大正時代』(自費出版)


Copyright ©2003 HomePageDesignBox All Rights Reserved.

1