HOME

▲RDFparser.vbsの使い方

概 要: RSSやRDFを表示するスクリプト
難易度:低 
CPU負荷:

注意点
    ◆RDFparserで取得できないRSSでも、GetRssFeed.vbs
         などの類似を使うと表示できることがあります。


用意するもの
    ◆RDFparser.vbs
    ◆表示したいXMLファイルのURL


1.◆◆RDFparser.vbsを選択◆◆


右クリック → アクティブスクリプト → 情報タブ → RDFparser.vbs → GetAll
 

2.◆◆RSSのアドレスを記入◆◆

   [ 次の値を入力してください: FeedUrl:] というダイアログに、RSSのアドレスを入力
       例 http://www.akiyan.com/rdf/googlenews.rdf?category=public (Googleニュース 社会 のRSS)

   [ 次の値を入力してください: NbrOfHeadLines:]というダイアログに、表示したいニュースの行数を入力
       注意、本来存在する行数より、大きい数を入力するとエラーが出ます。

あとは、保存して表示するだけです

3.◆◆RSS配布サイトリンク◆◆
http://www.akiyan.com/rss_distribution 
http://rss-jp.net/x/rss_list.html
http://reader.goo.ne.jp/rss.html
http://news.ceek.jp/
http://picks.dir.yahoo.co.jp/topics/rss/
http://bulknews.net/
http://bulkfeeds.net/
http://myrss.jp/

上記はほんの一部です。これ以外にもたくさんのRSS配信サイトが存在します。
また、RSSを配信する新聞社、ニュースサイトなども毎年どんどん増えています。

RDFparser.vbsで表示できないRSSも存在しますが、類似スクリプトで対応できる場合が多いようです。