IMEはどこまで賢いか?




 授業が進んでいる頃、職員室にて。

醍醐ソウジ「そういえば、新しい世界史の授業が始まったんだって?」
神凪羽常「はい、講師4人に助手1人という豪華な顔触れになるんだそうです」
醍醐ソウジ「で、舞台はどこだったんだ?」
神凪羽常「今回のテーマは李氏朝鮮の歴史ということになっていますね」
醍醐ソウジ「李氏朝鮮の歴史か……」【カタカタとキーを打っている】
神凪羽常「……先生、何をしているのです?」
醍醐ソウジ「あ、これ? パソコンで日記を打ってるだけだ。李氏朝鮮の歴史だけを学校で取り上げるなんて、こちらの国じゃ珍しいことだからな」
神凪羽常「そうですか……」
醍醐ソウジ「……さて、ちゃんと変換してくれるかな?」

IME98で「りしちょうせん」と入力し変換を掛けた直後の画像

醍醐ソウジ「おっ、一発で出てきたぞ」
神凪羽常「固有名詞ということで辞書に登録されているのでしょうか?」
醍醐ソウジ「多分、そうだろうな。少なくとも、日本では『李氏朝鮮』という国号が一般的に使われているということだろう」
神凪羽常「……だとしたら、他の固有名詞はどうなのでしょうか?」
醍醐ソウジ「他の?」
神凪羽常「はい。朝鮮にあった王朝の名前とか、朝鮮の歴史で有名な人物の名前とか。そういうのが一発で変換できるのかどうか少し気になりまして」
醍醐ソウジ「そうだなあ……。じゃあ、どれから試してみるか?」
神凪羽常「まずは、朝鮮で使われていた国の名前ですね」
醍醐ソウジ「そうだなあ……まずは無難なところから入るとするか」

IME98で「きしちょうせん」と入力し変換を掛けた直後の画像

神凪羽常「…………」
醍醐ソウジ「…………」
神凪羽常「……いきなり失敗しましたね」
醍醐ソウジ「……このOSの日本語変換プログラムって、ひょっとしてバ──」
神凪羽常「先生、その決め付けはちょっと早いと思いますよ。歴史用語の登録がなおざりになっていたとしても不思議ではないでしょう?」
醍醐ソウジ「うーん……確かにそうだよなあ。じゃあ、気を取り直して色々試すとするか」

IME98による歴史用語変換テスト・朝鮮の国名編
(※変換は「一般モード」で行うものとする)
読み正答成否
きしちょうせん箕氏朝鮮×:「みしちょうせん」
えいしちょうせん衛氏朝鮮
こうくり高句麗
くだら百済
しらぎ新羅
みまな任那
かや伽耶
ぼっかい渤海
こうらい高麗
りしちょうせん李氏朝鮮
だいかんみんこく大韓民国
ちょうせんみんしゅしゅぎ
じんみんきょうわこく
朝鮮民主主義人民共和国
◎:一発で変換に成功するもの
○:文節変更を行わずに、変換を繰り返すだけで入力できるもの
△:文節変更を経た上で変換を行うと入力できるもの
×:本来の読みとは異なる文字列を入力する必要があるもの
※:WinXP搭載のIMEでテスト

神凪羽常「なかなかの好成績ですね」
醍醐ソウジ「国名だからな。これが人名や歴史用語となったら、成績はもっと悪くなるだろうなあ……」
神凪羽常「では、誰から行きますか?」
醍醐ソウジ「そうだな。まずは韓国の人が崇拝する李氏朝鮮時代の海軍提督から試してみるか」

IME98で「りしゅんしん」と入力し変換を掛けた直後の画像

神凪羽常「さすが、日本でも有名な提督だけのことはありますね」
醍醐ソウジ「じゃあ、今度は朝鮮の偉人の続きということで、ハルビン駅で日本の政治家を暗殺した人物の名前を変換してみるか」

IME98で「あんじゅうこん」と入力し変換を掛けた直後の画像

神凪羽常「…………」
醍醐ソウジ「…………」
神凪羽常「…………」
醍醐ソウジ「…………じゃ、そういうことで──」【パソコンの電源を切ろうとする】

  すぱーんっ

醍醐ソウジ「おうっ」
神凪羽常「ちょっと待って下さい! この画像をオチにしちゃ色々とまずいでしょうが!」
醍醐ソウジ「どこが?」
神凪羽常「だって、これはIME98が歴史上の重要人物の名前を登録していないってことですよ。そうしたら、お隣の国から誰ともなく──」
<ヽ`∀´>「一発で義士・安重根の名前が変換されないことは、現在の日本人が義士・安重根のことを軽視しているが為であり、このことは今日における日本の反動主義・拡張主義を暗に示すものである。従って(中略)ニダ」
神凪羽常「──って声が出てきませんか?」
醍醐ソウジ「大丈夫だろ。上の画像はIME98の限界を示すだけのことだし。そもそも、本物の韓国人が日本語を喋る時に『ニダ』って語尾は使わんぞ。それ以前に、どうしてここだけニダーの顔文字が出て来ているのか俺にはさっぱり分からんのだが
神凪羽常「顔文字は気にしないで下さい──って、話がずれてませんか?」
醍醐ソウジ「じゃあ、話を戻すけどな、『安重根』の名前は文節を『あん|じゅう|こん』とちゃんと区切ってから変換すればちゃんと出てくるはずだぞ、ほら」

文節を変えればちゃんと「安重根」と変換できます

神凪羽常「確かにそうですけど……」
醍醐ソウジ「そんなこと言い出したら、もっとマイナーな歴史上の人物や朝鮮での歴史用語なんかは変換できないものだらけになってしまうぞ」

IME98による歴史用語変換テスト・朝鮮の人名編
(※変換は「一般モード」で行うものとする)
入力した読み仮名正答実際の入力作業
新羅・渤海以前
ふぁんいん桓因×:「かんいん」
ふぁぬん
(ふぁんうん)
桓雄×:「かんお」
たんぐん
(だんくん)
檀君
おうけん?王倹
えいまん※衛満
しゅもう※朱蒙
(読み方不明)※近肖古王×
(読み方不明)※奈勿王×
こうかいどおう※広開土王
ちょうじゅおう※長寿王
ちしょうおう※智証王
しんこうおう※真興王
おつしぶんとく乙支文徳
えいりゅうおう栄留王
せんがいそぶん泉蓋蘇文
ほうぞうおう宝蔵王
ふよほうしょう扶余豊璋×:1文字目はIMEパッド経由
ぜんとくじょうおう善徳女王
きんしゅんじゅう
ぶれつおう
金春秋
(武烈王)

(◎または○)
こつこつちゅうしょう乞乞仲象
だいそえい大祚栄×:1文字目はIMEパッド経由
高麗
おうけん王建
朝鮮(李氏朝鮮)
りせいけい李成桂
りしゅんしん李舜臣
みょんそんふぁんふ
(みんび)
明成皇后
(閔妃)
×:「みんせいこうごう」など
(×:1文字目はIMEパッド経由)
あんじゅうこん安重根
きむぐ金九×:「きむく」
大日本帝国
大韓民国
いすんまん李承晩×:「りしょうばん」
ゆんぼそん尹ボ善×:(2文字目はテキスト出力不可)
ぱくちょんひ朴正熙×:3文字目はIMEパッド経由
ちぇぎゅは崔圭夏×:1文字目はIMEパッド経由
ちょんどふぁん全斗煥
のてう盧泰愚
きむよんさむ金泳三
きむでじゅん金大中
のむひょん盧武鉉×:1文字目はIMEパッド経由
朝鮮民主主義人民共和国
きむいるそん金日成◎:「きんにっせい」も一発変換
きむじょんいる金正日
◎:一発で変換に成功するもの
○:文節変更を行わずに、変換を繰り返すだけで入力できるもの
△:文節変更を経た上で変換を行うと入力できるもの
×:本来の読みとは異なる文字列を入力するなど別作業の必要があるもの
※:WinXP搭載のIMEでテスト

IME98による歴史用語変換テスト・朝鮮の歴史用語編
(※変換は「一般モード」で行うものとする)
入力した読み仮名正答実際の入力作業
新羅・渤海以前
うんにょ熊女×:「くまおんな」
ばかん※馬韓
べんかん※弁韓
しんかん※辰韓
しろこく斯盧国×:2文字目はIMEパッド経由
はくすきのえ白村江×:「はくそんこう」
まっかつ靺鞨×:1文字目・2文字目はIMEパッド経由
高麗
朝鮮(李氏朝鮮)
大日本帝国
大韓民国
はんがんのきせき漢江の奇跡×:「かんこうのきせき」
朝鮮民主主義人民共和国
ちゅちぇしそう主体思想×:「しゅたいしそう」
てぽどん大浦洞×:片仮名表記が慣例
◎:一発で変換に成功するもの
○:文節変更を行わずに、変換を繰り返すだけで入力できるもの
△:文節変更を経た上で変換を行うと入力できるもの
×:本来の読みとは異なる文字列を入力するなど別作業の必要があるもの
※:WinXP搭載のIMEでテスト

醍醐ソウジ『盧』『熙』が変換候補に挙がらないため、IMEパッドを使わないと入力できない名前が結構多かったな」
神凪羽常「やはり、IMEで変換できる歴史用語って日本語専用ってことなのでしょうか?」
醍醐ソウジ「そういうことだ。余談だが、三国志時代の有名人でも似たようなテストを試してみたんだが、文節の長さを変更せずに変換候補に挙げられた名前は『曹操』『孔明』の2つだけだったとか」
神凪羽常「うーん、歴史用語専用の辞書が欲しくなりますね……。何かあるのでしょうか?」
醍醐ソウジ「韓国語については、歴史用語限定ではないけど菊地勇次さん作成の「でるかん」という便利な辞書があり、この中には朝鮮史の有名人の名前も収録されている。三国志に関しても、専用のIME辞書が用意されている
神凪羽常「あと、韓国の歴代大統領の名前を入力した結果で、最新の1人が失敗したのはどうしてですか?」
醍醐ソウジ「今回のテストで使用したのはWindows98付属のIMEだそうだ。だから、現在の韓国大統領(盧武鉉)の名前が一発で変換できなかったとしても不思議ではないんだとか」
神凪羽常「なるほど」

  ひらひら〜

醍醐ソウジ「……おや? 何か紙切れが落ちてきたぞ」
神凪羽常「え〜と、何々?」

作者より:

このページに書かれている記事は、本編の記事が進み、朝鮮の歴史用語の変換例が蓄積されるごとに次々と追加されます。

神凪羽常「……ということです」
醍醐ソウジ「つまり、このページの記事は当分の間毎回更新が掛かるということか」
神凪羽常「そういうことらしいですね」



神凪羽常「……ところで、この変換テストの結果を見たら、韓国の人ってどう思うのでしょうか?」
醍醐ソウジ「そんなこと気にしても始まらないだろ? このページの記事は、ちゃんとした実験を経たものであるとはいえ、存在意義はネタでしかないんだからな」
神凪羽常「はあ…………」




目次



Copyright (c) APRIL FOOL all rights reserved.