登場人物紹介




 今回お届けする『白き衣を羽織る隠者の記録』に登場するキャラクターは、『宴』で行われていた読者参加企画『The End of ELEGY LEGEND』に登場したプレーヤーキャラクターの一部となっています。この場を借りまして、出演を快諾して下さったプレーヤーの皆様には深くお礼を申し上げます。


エヴェリーナ・ミュンスター エヴェリーナ・ミュンスター
 今回の企画の中心人物にして進行役となる歴史学者。エスケープアーティストやマジシャン、スパイマスターの経験もある。

刀和祥子 刀和祥子
 教師役を務める女性。仕官学校時代、歴史科目のみ首席で通した(他の科目は平均点ちょい)、どこのクラスにも1人はいる歴史オタ。普段は冷静だが時折熱くなり過ぎる気がある。

ボルジア家の端役 ボルジア家の端役
 謀略や裏世界の知識にも長けた教師。校則違反者に対する過激な体罰など黒い噂も多いが、何故か今も首は繋がったまま。

空有紗 空有紗
 教師をやっているのだが、その授業内容は受け売りのものが大半を占めるらしい。わざととぼける事も多いが、それにツッコミがこないといじける。

レキリス・キャソル レキリス・キャソル
 授業の進行助手を務める謎な道化師。教師に言われたものや大事なものからつまらない物まで何処からともなく調達してくるのだが、その手段は闇の中。

カオス・コントン カオス・コントン
 武闘家タイプの少年兵。元気でスケベ、お姉サマ萌え。この授業に来たのも先生が目当て。

フィアーテ・フォン・シュヴェルツゥング・ブラットシュタイン フィアーテ・フォン・シュヴェルツゥング・ブラットシュタイン
 生徒役。グラサンと黒のロングコートを常に着用している。主にツッコミ役となる予定。

ヴェルナ・氷雨・エイザー ヴェルナ・氷雨・エイザー
 変形巫女服の内政官。お付きの人に守られて来たからか基本的にのんびりしており本人は真面目なつもりでも周りからずれていることがあるのが玉に傷。

鞍馬彰吾 鞍馬彰吾
 生徒役となる魔法戦士。男性。普段は温厚な性格だが、ツッコミ用のハリセンを片身離さず準備している。

奈津嬉 奈津嬉
 生徒役。かつては正体不明の謎の黒衣と言われていたが、今では何故か可愛らしくなってしまった。ただし、変装が得意なので素顔の保証は無し。

グレイシア・ネウ・カーネリアス グレイシア・ネウ・カーネリアス
 生徒役。影で努力して妙な知識を蓄える勤勉家。基本的にボケ役らしいが、突っ込むときは思いっきり力一杯、手加減抜きで突っ込む危険人物でもある。

アークス・アルクスト アークス・アルクスト
 旅の剣士、今回は生徒役。冷静沈着で客観的な性格だが、マイペースすぎて場の流れに少し乗り遅れることも。彼女持ちとの噂があるが、その真偽は不明。

ウァール・グレアウェムト ウァール・グレアウェムト
 生徒役。今回の授業には留学生として参加。口調・評価は辛口そのものである為、危険な発言が出る事もしばしば。

水薙瑠華 水薙瑠華
 生徒役。グレアウェムトと共に留学生として参加。果たしてグレアウェムトの発言に対する『解毒剤』になりうるだろうか? 趣味はコスプレらしい。

醍醐ソウジ 醍醐ソウジ
 番外編のメインナビゲーター。教師。興味のある事なら超一流、それ以外は超三流。「要は気合でなんとかなるっ!」が口癖。

神凪羽常 神凪羽常
 番外編のメインナビゲーター。教師。学生時代、いつもテストは「優」成績だったが、テストの後には何も覚えていないそうな。




目次



Copyright (c) APRIL FOOL all rights reserved.