出張 Snapshot  

サラリーマンレポート 出張 Snapshot

 

出張先で気が向くままに携帯電話のカメラ( SH900i  → その後 SH-08B に機種変更 )におさめた写真集です。

素人が気ままにシャッターを押していますので、ピンボケ、画面の捉え方の拙さをお許し下さい。

一部の画像はクリックすると写真集へ移動します。

鉄道グラフィティー 

出張先で出会った鉄道風景

馴染みの車両・名物車両にはじまり、地方路線に充実した余生を過ごす車両、過ぎ去りしありし日の勇姿、復活した蒸気機関車、果ては駅弁まで、出張先で見つけた鉄道関連アルバム。

JRの幹線から支線、各地のなくてはならない足として走り続ける地方路線、節目を飾る記念車両、踏切や架道橋といった鉄道を巡る風景、そして果ては駅弁まで、出張先で目にしたものを携帯カメラで Snapshot。


   

東京駅少数派 Tokyo Station on May 2008 

毎日の通勤に利用する車両を、休日の東京駅で携帯カメラにキャッチしました。

今やE231系が主役となった東海道線にあって、希少な車両となった3扉車211系と横須賀線E217系の東海道線用車両。

← クリックすると、

211系の他にも、ありし日の京浜東北線の209系車両など、何時の間にか想い出の風景となってしまった車両達をご覧いただけます。
 

走り去る中央線・201系

路線別に色分けされた電車の草分けであえる中央線。その中央線の象徴的な存在であった201系電車が新型車両E233系に道を譲って行きました。

そんな中央線・201系の風景を携帯カメラにおさめてみました。

 

 


 

ローカル線の要所・辰野 

長野県の辰野は、中央線の支線と飯田線が分岐するローカル線の要所であり、蛍の名所などでも知られています。

中央本線・岡谷から辰野経由で飯田線が天竜峡を経て豊橋までを結びます。また中央線の支線としては辰野から塩尻までの路線もあり、中央本線は、岡谷 → 塩尻 がメインルートですが、岡谷 → 辰野 → 塩尻 といった分岐支線ルートも残っています。さすがにそこはローカル線ですので、辰野・塩尻間は1両のワンマン区間電車が運転されています。

 

辰野・塩尻 間を走る電車 ↓(辰野駅にて)

 

岡谷 → 辰野 → 飯田線 を走る電車 ↓(辰野駅にて)


新梅田シティ・スカイビル

JR大阪駅の北側、旧貨物ヤードを地下道で抜けると、地上40階部分がつながった2つのビルが出現します。注意してみると大阪駅周辺の様々な場所から、その存在を確認できます。2つのビルの間から見上げた所を携帯カメラで撮影。ビルの間から見上げる青空と太陽の光が印象的でした。


 

札幌の路面電車 -- 札幌市電

広告にデコレーションされた札幌市電

可愛らしいですね。

西4丁目駅にて


 

こちらも Fujiyamilky でデコレーションされた市電

中央図書館停留所付近にて


 

 

    ノーマル塗装は、こんな感じです。 

 

JAS – かつての地方空港への足

JASカラーのA300型機。

幾久しく見かけなくなりました。

懐かしのJAS!!

羽田空港にて。

 

筑豊電鉄 –- 多分筑豊電鉄だと思うのですが ! !    間違っていたらすみません。

北九州出張時のスナップショットです。

多分筑豊電鉄だと思うのですが・・

何年か前は西鉄だった様な気もしますし・・

黒崎駅にて

 

関門海峡大橋 –-夕暮れの壇ノ浦から。

夕暮れの壇ノ浦からのぞむ関門海峡大橋

対岸の門司に灯りがともり

北九州の山並みに夕闇が迫ります。

 

 

とっぷりと日が暮れて

漆黒の闇に関門海峡大橋がライトアップされます。

関連記事『壇ノ浦でふくを満喫』

 

 

東海道線 113系

東海道線の113系、40年にわたりお世話になりました。

ありし日の東京駅7番ホームで11両編成113系が、これも今は見られなくなった209系京浜東北線と並ぶ姿。

東京駅で基本11両と増結4量の連結部。

東京駅7番線に停車中の113系、ラッシュも一息、どこかのんびりとした午前中の風景。

113系の15量編成が当たり前の様に東海道線を走行していました ・・・・・ 光陰矢のごとし !!

 

他のエピソードへはこちらからどうぞ。

 

→ HOME
  出張サラリーマンレポート

→ 出張おすすめホテル集

→ 出張セレクション

→ 出張 Music Collection

→ 出張 Book Collection

→ 出張日記

→ 出張サラリーマン諸国漫遊記

→ 街で見かけたアノ人この事

→ サラリーマン日々是好日

→ 出張便利帳