出張サラリーマン

Music Collection


出張サラリーマンが機内やネット情報を元に聴きほれた心安らぐ名曲の数々。

人生のヒトコマ・あの日・あの時に流れていたあの歌手・あの曲・あのメロディー。

ジャズとポップスを中心にサラリーマン・オヤジの Music Collection


出張関連情報

出張見聞録   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 出張旅行記  出張エピソード  出張ブログ

出張サラリーマン諸国漫遊記   ・・・・ 出張写真集  出張アルバム

出張ホテル見聞録   ・・・・・・・・・・・・・ 出張におすすめするホテル情報

出張 Book Collection  ・・・・・・・・・・ 出張に持参するのはこの本

出張スナップショット・・・・・・・・・・・ 出張携帯写真集

想い出の鉄道写真・・・・・・・・・・・・・・・ いにしえの鉄道風景

出張サラリーマンレポート・・・・・・・ 出張関連情報総合インデックス(Home Position)  


出張情報検索


2015年以降の推奨曲はコチラ

出張見聞録・Music Collection


夏うたJAZZ ニュー・ロマン・トリオ 【試聴できます!】

Piano:松本茜、Bass:山下弘治、Drums:長谷川ガク

が夏に因んだ日本のうたを軽快なJAZZにして聞かせるアルバム。

聞き慣れたアノ曲が、JAZZになって新たな一面を魅せます。

いいアルバム見つけた !!  

そんな気持にさせる Piano の松本茜は、日本のオスカーピータソンか ??

このアルバムに出会ったきっかけはコチラ

ページトップ


森川七月/& JAZZ  

関西を拠点に活躍する若手ジャズシンガー森川七月(もりかわなつき)。

ジャズスタンダードからポップスまで、オリジナルにこだわらず彼女のスタイルで楽しいアルバムに仕上げられ、聞かせます。

これからが楽しみな歌手がまた一人あらわれました。

ページトップ


Janet Seidel/Joe Chindamo ジャネットサイデル/ジョーチンダモ / Charade: Henry Mancini Song...

ジャネットサイデル ジョーチンダモ Henry Mancini Song Book

安らぐ歌声と静かに流れるメロディーが心を落ち着けてくつろぐ時を演出します。

ジャネットサイデルのボーカルをジョーチンダモのピアノがバックアップ。

ページトップ


トニー・ベネット デュエッツII

85歳を迎えたトニー・ベネットが今をときめくレディー・ガガをはじめ並み居る女性シンガーと軽妙洒脱にデュエットを繰り広げる、楽しいながらも聞きいってしまう、流石と思わせられる名盤です。 

ページトップ


 

ニッキ・デビュー〜エラに捧げるスウィング  

15歳の天才ジャズ・シンガー。唄の楽しさ・エネルギー・心地良さが全身に伝わってきます。

SAPPORO CITY JAZZ 2009 への出演をきっかけに知った50年に一人の逸材のデビューアルバム。

ページトップ


酒とバラの日々〜 Best of Oscar Peterson  

ジャズピアノを聴くなら1枚は持っていたいオスカー・ピーターソン。

このベスト版は手頃に名演奏の数々を堪能できます。滑らかな清流のごとき旋律は、何度聞いても心が安らぎます。

ページトップ


ベスト・マスター・クオリティーズ

夜のしじまにひそやかに聴く都会派ジャズピアノなら、Manhattan Trinity のトリオ演奏できまり。流れるメロディーがあれば何もいりません。

ページトップ


ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン

若き天才トランペッターと円熟の歌姫の幻の競演。
You'd Be So Nice to Come Home To をはじめスタンダードの数々に夜はふけてゆきます。

ページトップ


クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ  

若き天才トランペッターと息の合ったドラマーの競演。
とても半世紀以上前のレコーディングとは思えません。

今よみがえる永遠の名盤。

ページトップ


クリフォード・ブラウン Memorial Album

25歳で他界した伝説の天才トランペッターの Memorial Album。
耳にしながら他の事していても、思わず手が止まってしまう、そんな魅力に溢れた演奏の数々です。
正に心にメモリアルする、心に残る名盤。

ページトップ


JAZZ THE BEST Legendary 150

アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション+1  

アルトサックスの名盤。半世紀を経て、益々輝きを増しています。

ページトップ


ATLANTIC JAZZ 1500::ヒア・イズ・フィニアス

半世紀前の演奏が現代によみがえるよどみないピアノJAZZ。

Afternoon in Paris が都会の午後のまどろみを感じさせます。

ページトップ


 

ユアーズ

若手ジャズ・ボーカリスト Sara Gazarek のデビューアルバム。

ピアノトリオをバックに軽快かつ爽快なボーカルが光ります。

懐かしい映画『いちご白書』に流れていた The Cercle Game がサラッと Sara Gazarek の曲になっています。

全く関係無いことですが、名前のアルファベット11文字の中で a が4文字もあるんです。 

ページトップ


アンナケイ

デンマークからニューヨークへわたって活躍しているジャズ・ボーカリスト。

日本人ミュージシャンとの共演や SAPPORO CITY JAZZ 2009 への出演など、ひょっとすると日本が気に入っているのかもしれません。

都会の垢抜けたフィーリングでありながらどこかゆったりとした唄い方が魅力です。

ページトップ


blue note BEST & MORE 1100

ブルーノート ベスト&モア 3::クール・ストラッティン  

粋なジャケットが目をひくアルバム。

ピアノ:ソニー・クラーク
トランペット:アート・ファーマー
アルトサックス:ジャッキー・マクリーン

素晴らしいのはジャケットだけではありません。

ページトップ


Denim

竹内まりや渾身のアルバム。ラストの『人生の扉』は名曲の域を超えた人生の応援歌、心に染みます。

ページトップ


オン・ザ・ロード/大隈寿男トリオ

人生もオン・ザ・ロードであったと感じさせる軽快で味わい深いピアノ・ベース・ドラムスのトリオ演奏。

赤いバラの花束は誰のため?、ちょっとてれくさそうなチョイワル・オヤジ風の大隈さんが以外に似合っていたりして。

ページトップ


   →→→→→      PM2 こちらは残念ながら今は購入できません。

paris match Our Favourite Pop

ANAの機内オーディオで聴いたことがきっかけで手にしたアルバム。
ポップな曲を心地良く聴き続けたい時にピッタリ。これぞイージー・リスニング・サウンド。

ページトップ


ソフィー・ミルマン

夜のしじまの中にゆったりと流れるスタンダードメロディー。
カナダ出身の歌姫・日本デビュー・アルバム
中でもI Can't Give You Anything But Love が聞かせます。

ページトップ


哀愁のジャズ・バラード

一人ゆったりと落ち着いて聞くには丁度良いジャズバラードのオムニバスCD。
マンハッタン・トリニティー、ヨーロピアン・ジャズ・トリオ、トミー・フラナガンなどがじっくりとしっとりと演奏するスタンダードナンバーが心にしみわたります。

ページトップ


ジャズ・エレガンス-シネマ・コレクション

往年のスクリーンをにぎわしたシネマのテーマ曲をジャズの名手が競演。

ビル・エバンス の 不思議の国のアリス にはじまり、
マイルス・デビス の When I Fall in Love と続き、
アート・ペッパー の Over The Rainbow に終わる
全15曲。
金曜の夜に最適です。

ページトップ