錯視とトリックアート入門

遠近法絵画の例


絵画の歴史・遠近法の歴史


遠近法の原理


遠近法の作図

数学的補足の「3点透視の作図」の部分を全面的に書き直しました。[2007年5月]


遠近法のシミュレーション(このページを見るにはJavaが必要)


遠近法絵画のための補助器具(光学機器)


写真技術の発明


天底・天頂の消失点


自然が作ったトロンプルイユ


トロンプルイユ壁画


トロンプルイユ


鏡・水面・眼に映す


凸面鏡に映す


画面の一部を凸面鏡で見たように拡大


平面に作られた遠近感


短縮法


遠近法を応用して、奥行きを偽る


錯視が起こる理由の1つを説明


奥行き(遠近)を知覚する手がかり


私たちは脳でものを見ている


大きさの錯視


同じ色なのに違って見える錯視


歪んで見える錯視


歪んで見える錯視を逆応用


主観的輪郭


群化の法則


(ある程度近づいて見ると)動いて見える錯視


残像現象


1枚の画像で動きを表現(多重露光撮影)


幻燈機、ファンタスマゴリア


映画の発明


奥行きの反転(クレーター錯視による凹凸の反転)


奥行きの反転(ネッカーの立方体、マッハの本、シュレーダーの階段)


凹凸で見え方が変わる例


坂道の錯視


多義(両義)図形(ダブルイメージ)


図と地(多義図形の一種)


図と地(デザイン的なもの)


図と地(絵さがし的なもの)


ダブルイメージのバリエーション


多視点描画(多視点同時把握・多面的同時把握)


不可能立体を描く(図と地のごまかし、悪魔のフォークのバリエーション)


不可能立体を描く(多視点から見た図を共存)


不可能立体を描く(ペンローズの三角形とそのバリエーション)


イメージ(日常品の反乱)


イメージ(平面作品)


イメージ(連続画を用いたもの)


デフォルメ


イメージ(鏡・机・扉などを通して別の空間とつながる)


イメージ(非日常的スケール)


イメージ(非日常的状態)


シルエットの作るイメージ


顔の見えない人間


シルエット


光と闇の演出(明暗法)


擬態(カムフラージュ)


1つのものを集めて別のものを描く(点描的)


点描のバリエーション(微妙な線の太さの違いなど)


1つのものを集めて別のものを描く(よりはめ絵的なもの)


はめ絵


はめ絵のバリエーション(一種のパズル)


循環


逆面相・サッチャー錯視


重力への抵抗(平面作品)


2次元から飛び出す(エッシャーの作品の多くは、はめ絵や循環の要素もある)


球面上のデザイン


徐々に小さく(無限のイメージ)


アナモルフォーズ(歪像画)


アナモルフォーズの応用例


円筒型アナモルフォーズ(円筒形の鏡に写したときに正常な像が浮かび上がる)


円錐型アナモルフォーズ


人形(人間そっくりの人形)


人の彫像


起こし絵(平面から立体へ)・ミウラ折り


立体のトロンプルイユ


重力への抵抗(逆さまの立体)


見る向きで2通り(以上)に見える立体


1点からのみ正常に見える立体オブジェ


鏡に映してある1点から見ると正常に見える立体オブジェ


オブジェの影が形を作る


形あるオブジェの影が別の形を作る


不可能立体を作る


イメージ(立体作品)


浮かぶ壷


まとめ


参考文献、画像を借用させていただいた書物など


投稿作品


作品投稿のコーナー


サイト内検索


ご意見・ご感想


本編の画像にリンクしている部分にマウスを重ねると、サムネイルを表示するようになっています。初期設定ではサムネイルの表示率を30%に設定してありますが、以下のテキストボックスに数値を入力し、「表示率を設定」ボタンを押すことで、表示率を0〜100%の範囲で変更することができます。なお、表示率を0%に設定すると、サムネイルを表示しません。
%