桜岡学童クラブとは..
 学童の特色
 運営概要
 学童の一日
 行事予定
 指導員紹介

 Q&A

 緊急時の対応について

 学童までのアクセス

 リンク集

 個人情報の取扱いについて





【メールでのお問い合わせ】
 
※学童代表宛にメールが届きます
































(注)PDF形式ファイルを見るには「Adobe Reader」が必要です。上のバナーからダウンロードして下さい。

リンクフリーです(確認メール不要)。必要であれば上のバナーをコピーしてご利用ください。


































学童の特色


学童は“生活の場”です。
毎日「ただいま!」と帰ってきた子どもたちを、指導員は一人ひとりに「お帰りなさい」と声をかけ暖かく迎えます。
 子どもたちは、家庭で過ごすのと同じように、遊んだり、おやつを食べたり、お勉強をしたり、お掃除をしたり、近所の公園に遊びに行ったりもします。
学童保育は子どもたちにとって「放課後の生活の場」そのものなのです。
ゆったりとした自由な雰囲気の中で、仲間たちと共に成長していきます。

継続的・長期的な目標を持った保育。その場限りの遊び場ではありません。
生活も遊びも異年齢間の交流の中で行われます。何事にも、みんなで考え、取り組み、助け合いながら、子ども同士が深く関わり合い、人間関係を築いていきます。
また、正指導員及び補助指導員が毎日継続的に勤務するので、子供たちそれぞれの持つ条件の違いを把握対応することができます。家庭とも連絡を持ち、子どもの個々の状況をより深く把握するように務めています。

延長保育があります!
午後7時30分まで延長保育があります。(通常保育時間は午後6時30分まで)

保育中に習い事に行けます。
学童から、習い事や塾に行くことができます。
また、終わったあとに学童に戻ってきて保育を続けることができます。

毎週発行の「こどもひろば」
家庭と学童を結ぶ連絡帳だけではなく、指導員が毎週発行している「こどもひろば」で、子どもたちの様子や学童での出来事を知ることが出来ます。

おやつや食事はすべて指導員さんの手作りです。→「メニュー紹介
毎日のおやつはすべて指導員さん達が手作りしています。メニューも豊富で、子どもたちも毎日楽しみにしています。
また、長期休暇中は、週に2~3回程度手作り昼食会の日があるので、保護者もお弁当作りから解放され負担も軽減されます。

学習タイムがあります。
学童に帰って来たら、まず宿題をやります。その後、夕方にも学習タイムを設け、各自やりたい課題や学童で用意した学習ノートでお勉強をします。