指輪をはめる指の意味


さて、普段何気なくつけている指輪ですが
つける場所によって意味が違うっていうのは、意外と知らないのでは無いかと思います。
そこで、誰にも頼まれていないのに、調べて参りました。






右手は現実の力を司ります。権力と権威を意味します。
親指は、指導者の指です。
人さし指は、現実を導く指です。
中指は、意志のままに行動したい力を与える指です。
薬指は、宝石の意味が素直に表れます。
小指は、守護石をするのに丁度良い指です。
左手は精神の力を司ります。信頼と服従を意味します。
親指は、自分の力で現実を切り開く指です。
人さし指は、精神的な導きを与えてくれる指です。
中指は、直感力を司る指です。
薬指は、愛の約束にふさわしい指です。。
小指は、願望達成を手伝ってくれる指です。
ファッション的な意味合い
女の子を見ていると、左手の中指と、右手の薬指なんかにしている子を多く見かける気がします。
ファッションの意味合いとしては、中指は指の中で一番長い指で、指輪を一番見栄えが良いようにしてくれます。ボリュームのあるデザインがお勧めです。
小指はピンキーリングといって、お守り的な意味が大きいですが、とても女性らしく見せる効果があります。
人さし指は、大振りなデザインを見せれます。
指輪のおまじない
右手
*人指し指につけると、リーダーシップをとれます。
*中指につけると、恋人募集中の意味です。
*薬指につけると、恋人がいます、の意味です。
左手
中指は、幸せが溜まるそうです。
薬指は、男除け。
小指は、恋愛のお守りになります。
という感じでした。
意外と意味があったりするんですね。
これを機に、指輪をする場所を気にしてみてはいかがでしょうか。


ウィンドウを閉じてお戻りください。