最上川大鮎ポイント


大鮎の実績ポイント

(赤いポイント名をクリックすると地図が出ます。)


朝日町1 上郷ダム下流の赤釜より大石が多く流れもほどほどで危険も無い好釣り場が続き、豊漁年はダムまで溯上した天然鮎も魚道はあるが、この辺で良いか?と溯上をやめる物が多く鮎の数は凄く多い時がある。その下流、雪谷は足場の良い釣り場で引き釣り泳がせ、夏草のアイジー工業下の荒瀬からは3号〜5号のオモリで流芯を狙えば25僂阿蕕い領匹し燭琉召釣れる。
◎特筆すべきは木川ダムからの発電用に使った冷たい水が流れている左岸よりの分流に真夏の炎天下の一時期避暑をしている鮎が居る時はそこだけ太った大鮎が入れ掛りになる時がある。
そこから五百川橋に続くポイントは法華寺下と呼ばれ、トロから瀬頭までは静かに朝晩の泳がせ数釣り、そこから五百川橋下の瀬尻までは泳ぎながらの豪快な荒瀬釣りが楽しめるがオモリは3号で充分である。
更に下流の右カーブからヤンチャの瀬、工業団地裏で浮いた大石の荒瀬や岩盤の深瀞を配し、地図の最下流部の流れは強く5号以下では釣りにならないが、釣れる鮎はこのエリアで1番の太った大鮎が釣れ、セッパリ鮎である。 この地図全体の流域で釣れる鮎は良い年で27cm250gぐらいで平均25cm180gまでの良型が8月末のアベレージである。


朝日町2 能中下から八天(八展とも言う)まで中州を挟み上流の岩盤のトロ瀬は数が釣れるが午後から夕方に掛けての方が追いは活発な為、朝の内は中州左岸側の荒瀬で3号オモリで良型の鮎を拾い釣りすると良い。型はマチマチだが流芯に近いほど大型が竿を絞り込み、がま急瀬クラス以上でないと苦戦すると思う。スレてなければ50匹ぐらいは釣れる時がある。もし釣り荒れていたら右岸の分流が意外なほど鮎が居て、短竿で釣り下ると面白いように釣れる事があるのでバカに出来ない。どちらで釣っても午後からは上流の瀞場に陣取って落ち着いて釣ると朝からの総数70匹から80匹釣る事も可能である。
大トロを挟んで八天橋の上下のトロ瀬はほどほどの押しの流れで釣れる鮎は中型が多い。その下流は淵で鮎は多いが現在の技術では釣る手立てが無い。そこには構わないで、四ノ沢の取水口下流の段差から始まる瀬まで下って釣るのが良い。送橋川の合流から3号5号と下流の流芯に行くに従って流れが強くなり、核心部は9月初めには27cmが揃う時もある。瀬尻付近は押しも弱くなり泳がせ釣りで数釣れる。更に下流岩盤の峡間になる瀬が通称「五郎の瀬」と言い知る人ぞ知る名釣り場である。


朝日町3 明鏡橋を中心にこの付近はほとんどが岩盤で構成されていて、その岩盤に付いた大鮎と、ところどころに点在する大石の瀬が狙い目である。水量の多い時は明鏡橋上流の荒瀬を2号のオモリ中心に釣ると24〜25cmが数も出る。減水したら更に上流の岩盤の瀬の付いた幅広大鮎は上へ飛ばしながらメタルラインの釣りが良い。かなり減水したら明鏡橋上のトロ上部の荒瀬尻に良型の鮎が群で付くのでここも泳がせで狙いたい。22cm〜26cmが瀬尻だけで立て続けに20匹ぐらい釣れ続く事もある。

大江町深沢のトロ尻の中洲から岩盤の瀬が始まり、3段の瀬で25cm級大鮎が入れ掛りになる事がある。0.8号を使えばオモリはいらないぐらいであるが、芯に入れるには3号で沈める必要がある。中州の終わり付近の中洲左岸に付く鮎は大型で背が張ったデブ鮎で渇水期に強い。合流の瀬は中間から瀬尻に掛けてが良く秋季に28僂竜隶召釣れる事もある。
下流大江大橋付近は、橋上2段目のトロ尻左岸側に鮎が集中しており立ち込んで釣ると良く掛る。橋の上の瀬は8月末のお盆過ぎ頃に芯が1.5mぐらいの水量の時が最高で24cm〜27cmぐらいの大型の鮎が入れ掛りになる時がある。瀬尻に立ち込む時は途中から深いから注意を要するが、真夏の渇水期に良く太ったデブ鮎が釣れる。その成合淵の終わりに樋のような細い急流があるが、3〜5号で沈めると左岸よりに付いた岩盤の幅広鮎が拾える。


寒河江市 寒河江付近
柴橋小学校から入川するとすぐ此の木橋下流部の瀞尻から次の瀬頭に出る。この辺は瀞からの刺し鮎も多く、朝1番の囮替えには打って付けで、すぐ良型の鮎が掛る。2号の玉で充分沈み、下の平瀬は良型鮎ならオモリは要らないぐらいである。瀬尻付近は浅く、型も落ちるが、数は結構掛る。ここでおとりを蓄積すると良い。たまにニゴイの大物が掛かり、大鮎か!と驚かされる。 この付近から平塩橋上流までは危ない所も無い代わりに、釣れる鮎の型もマチマチで8月で24cmが普通だが、渇水期は良い釣りが出来ない。

平塩橋の直上から瀞が始まるが橋下流しばらくまで、砂と泥でナマズやニゴイしか掛らない。
寒河江SAのアタリに位置する長瀬は平水時の1級ポイントで3号のオモリで左岸の川原から狙うと右岸側の岩盤のキワに付いた大鮎が流芯付近で次々と掛り最上川の大鮎釣りを満喫できる。8月末で25cmがアベレージだが、大鮎の年は27cmにもなる。押しは弱く水深もたいした事無いので本流の大鮎釣り初心者にもお勧めできる。下流曲がりからは流芯は深く、深瀞の泳がせ釣りだが、釣れる鮎は惚れ惚れするほどの太った大鮎で28cmにもなる時がある。朝晩はオモリでドンと沈めて置くだけでも次々と掛る事がある。

高瀬大橋下の瀞尻から岩盤の中をガチャガチャに流れる複雑なポイントの為か釣り残しの大鮎が掛るが、根掛かりも多く囮鮎任せでゆったりと構えては居られない。野鮎が掛ったら遊ばせずに即座に抜く事だ。 寒河江温泉の排水付近からはこぶし大の小石が多く鮎の型も21〜22cmの中型が多く良い垢は付かないし、あまり良い釣りは出来ない。 下流は泥の瀞で鯉釣りと鮠釣りしか居ない。


中山町上記寒河江温泉下流からの広大な淵にストックされて居る大鮎が下の短い瀬に差してくるのは水量の多い時だけである。渇水期は青ノロが付きガッカリだが、鮎の多い時はリフルの瀬頭から太った大鮎で入れ掛りになる時もある。下流のカーブは石が比較的小さいので数多くの鮎は付かないが落ちの頃にはメス鮎が溜まる。瀬尻からは砂で友釣りは不可、鯉釣りの人が多い。鉄橋付近から石も大きくなり右岸よりの流芯に付く鮎が釣れるが鉄線やビニールや流木、ゴミなど根掛かりも多く、注意が必要で、1匹釣って1匹根掛かりで損失なんて良くあるポイントだが、終期は27cm中心で中々捨てがたい時もある。だいたいこの付近のポイントは石が小さいので長く居付く縄張り鮎は少なく上流から落ちて来た鮎の休憩場の為、年によって当たりハズレが大きく、釣れた情報があってから入川したほうが無難で後期向きである。

大石田町8月に入りいよいよ渇水してくるとここ川前のガンガン瀬が良くなる時がある。良い時は丹生川合流点上流の右岸よりから入川して手前のチャラからダンダンの岩だらけの荒瀬にも中型が付くのだが、そこで囮を換えたら橋下流左岸よりの瀬頭の絞り込みから50m下流の瀬尻までが本命で3号〜5号、時には8号ぐらいで流芯に入れれば9寸ぐらいまでの深場に付くコバルトグリーン色した大鮎が次々と掛る。丹生川合流より下は砂と中型の石の瀬が深場浅場と、所々に点在するので地理不案内の人には難しい瀞瀬、深瀬釣りになる。駒籠橋上流の瀬と下流の中洲のある右岸の瀬に渇水の年の晩夏に尺に達する巨鮎が発生する時があると地元の人が言い、見逃せない。

大蔵村1銅山川合流点下流の瀞の終わりから始まる清水の巨大な中洲の所から左岸側に川幅100mぐらいの瀬があり3号程度のオモリで入れ掛りとなるが、手前の浅瀬には中型、流芯付近には8寸以上の大鮎と完全に住み分けが出来ている。絞込みの流芯は5号でも足りないぐらいの強い流れがあり9月には9寸から限りなく尺に近い物まで出ている。大蔵大橋上流の瀞に流れ込む急瀬は落ちの頃に大鮎が溜まり大釣りをする時はあるが、石は小さめなので、長く居付く事は無い為、アタリが無ければ、早々に見切ったほうが良い。橋下流に右岸側から入るところがある車で水際まで行ける中州のポイントは役場裏と呼ばれ過去に31cmの尺鮎が釣れた実績のあるところで足場も良い為、良く竿が入っており、漁師の網も掛っている時があるほど攻められているし、小石中心の為コロガシ向きで友釣りでは終期のポイントであるが、掛る鮎は意外に大きい。
その下流左岸側に広いアスファルトの駐車場がある所から川に降りると増水時は中州になるが左岸側が広い河原で、流れが右岸側に絞られる長い瀬がある。ここは瀬頭から深く、底石は意外に大きい為、大鮎が付くポイントで4号のオモリで底に入れると盛期の25cm級大鮎が釣れる。瀬尻からチャラ瀬になり右岸が浅い瀞瀬で夕方に中型が数釣れる時がある。左岸のテトラにぶつかる流れは底が砂と小石が多く深い為良い釣り場ではない。


大蔵村2作の巻とは言いえて妙な地名だと思う、すぐ曲がりのポイントがイメージ出来る。左岸から入川し広大な瀞瀬で囮を換え良い囮が手に入ったら増水時胸まである水深のところを渡り、大きなカーブにある中州右岸を釣る、瀬頭は3号で入るが、中間から瀬尻にかけては5号はおろか10号でも釣り切れない時がある。特に大鮎の年は右岸の護岸や下流テトラ側に走られどうにも流芯を寄せ切れない時があり1号のフロロでも腰を落して溜める事が迫られる程引いてくれる。中州左岸側は中小型の鮎が多いのだが、たまに巨鮎が出る為チャラ瀬と言えど油断は禁物である。9月半ばの終期には中洲上の広大な瀞瀬にメス鮎が大挙して集合している事があり、それが当たれば27cm〜28儖幣紊竜隶召凌釣りと言う夢のような釣りが出来る。

  立川町 私の大好きな立川町清川を教えましょう!ここは最上川でも下流域の釣り場になります。最上川は学術的にも証明されていますが川の自浄作用が良く機能している為、正直言って朝日町や寒河江あたりの最上川上流域より水質は逆に良いのです。(地図参照)
[谷沢川合流点付近から始まりますが、このポイント昔は良かったのですが、現在は砂で埋まり合流点上流にある風船堰水門下流のリフルから合流点までしか釣りになりません。ここは水量が多いとポイントに立つことすら出来ませんので渇水期のみになりますが、結構常連が多いです。ただ、良くて3人しか入れません。
⇔谷沢川合流点からしばらく砂底の瀞が続きますので車で移動し、瀞の終わり付近から上流100mほどは瀞の泳がせ釣りが出来ます。お盆頃でも大きい年は25cmぐらいの鮎が掛かる時もあり、秋にはうまくいけば28cmオーバーのメスの大鮎が次々と掛かる時もあります。
でも本命はその下流から始まる激流&荒瀬でしょう!型の良い年は300gを越える鮎、最大330gがヒットしてから対岸目指してグングン走って0.3号のメタルが何匹目かでプツッなんてこともありますから、もちろん外道もあります。60cm級ウケクチウグイや50cm級ボラやニゴイ、秋には鮭まで掛かる時がありますからご注意あれ!この荒瀬は1km程も続く(ちょっとした弛みこそありますが)ほぼ一瀬ですから醍醐味が違います。 清川付近は現地に行けば目で見ても分かりますが、左岸側から立谷沢川の綺麗な伏流水が染み出して居るので濁った時も左岸側10mぐらいの底層流れは結構澄んでいる時が多く、良い垢が着くので昼は流芯に居る大鮎も静かな内は垢を食みに浅い所まで出てくる為、朝の内はいきなり立ち込まないで手前から釣ってみたほうが良いでしょう。ここで釣る場合、流れの強さより風対策が必要です!釣り方は5号前後の錘を付けた引き釣りです。私は水中糸フロロカーボンの1号なので水量が多くて入らない時は平気で5号×2=10号なんて事も流芯では度々使います。沈めば掛かりますから竿は強風の為もあってほぼベタです。 大アユは身が厚く皮が硬いためハリ先間の狭い4本イカリはケラレや浅掛かり目掛かりが多い為不向きで、出来ればチラシをお勧めします。ウエポンや極楽背バリは警戒心が強い日中に効果的だが、笹濁りや朝晩は完全にオモリのほうが強く、トロ瀬ですらオモリの方が掛かりの早い時が多かった為、オモリをメインに背バリをサブにしたほうが勝負は早いようですね
9月中旬からは 激流やガンガン瀬には見事に雄しか居なくなるので下流に流れの強い荒瀬が控えている瀬頭より上のトロ瀬が抱卵した雌の大アユの集合ポイントとなります。繰り返しますが風車による風力発電の推進地区でもあるほど強風の日が多く無風の日は無いとさえ言える為、私とて10mの硬調竿を持つのが辛い時がありますので腕力に自身のある方で9mを予備に、非力を自認している方は8.1mを必ず持参して行ったほうが良いですね。 注意!下流部はコロガシが多く、2号ハリスに矢島の14号10本チラシなんて仕掛けが束になって石に引っかかっていたり、農業用ビニールにこれが絡まっていたりする時があり、根掛かりハズシに行くと驚きます。私も以前に対岸まで渡って釣ってから戻る時に胸までの水深の岩裏でウェットタイツにこれが絡まりナイフが無かったら逝ったかも、泳ぐ人、根掛かりを諦めない人は水中ナイフの備えを忘れずにね!私が「泳ぐ鮎釣り」で使用しているのは以前テクナ社から発売されていて、現在はハットリ社から発売されているセレーションブレード(波刃)でロープも切断しやすいダブルエッジのダイバーナイフです。これは主に足に着けるのですが、私はベルトやベストに着けられるように改造してます。


最上川の大鮎友釣りホームへ