どんな授業

★一人一人に対応した手作りの「個別指導

■黒板を使った一斉授業は行いません。

一斉授業では、「わかりきった事」や、逆に「難しすぎて理解できない事」なども、我慢して授業を聞いていなければなりません。これでは時間の無駄なだけでなく、勉強が嫌いになってしまいます。

各自のわからない所や、つまづきのの元を見つけ出し、解決することが大切です。

そのため、塾長が一人一人の表情や、ノートを確かめながら授業を進めます。

★すべての塾生を塾長が直接「個別指導

■アルバイトの講師はいません

講師に「学力」があるだけでは十分ではありません。 学力があるのは当然の前提で、さらに一人一人の個性や能力を見抜き、「わかり易く教える力」が必要です

「桜田進学塾」では、責任ある指導を守るため、アルバイトの講師を頼まず、すべての塾生を塾長と優秀な英語専任の副塾長が直接指導しています。

★基礎基本を丁寧に指導

目先の受験技術にとらわれた指導はむしろ有害です。基礎基本が本当に身につけば、必要最小限の時間と努力で、どんな受験にも対応できるものです。何冊ものテキストをやる必要はありません。自分に適した1冊のテキストを完全にこなせば十分です。

★勉強の楽しさと厳しさを実感しよう

勉強の面白さに目覚めれば、一人でもどんどん勉強できるようになるものです。

最近は、安易な「ハウツーもの」や「勉強法」がもてはやされているようです。しかし、「楽して成績が上がる」などといった魔法のような方法が、あるわけはありません。
子供たちに、成績が伸びないのは、「方法が悪いからだ」とか逆に「この方法さえやれば成績が上がる」などといった幻想を与えるのはとんでもないことだと思います。

自ら理解したい、出来るようになりたいと意欲を持って、壁に立ち向かい、努力してこそ、その壁を打ち破った時の達成感や喜びを実感できるのです。

大切なのは、子供たちが、壁を前にしてたじろぎ、どう乗り越えるのか、途方に暮れているときに、励まし、手を取り、チャレンジする勇気と意欲を引き出すことです。

意欲をもって自ら積極的に学んでこそ、勉強の面白さも実感できるのだと思います。

塾生の皆さん一人ひとりが、こうした「勉強の面白さを実感できる」ことを大きな目標として指導しています。

★小学校から大学受験までの一貫指導と実績

■能力そのものを育てよう!

お子さんの「能力」を引出し、育てるため、桜田進学塾では、「塾長による個別指導」にこだわっています.

小学生から大学受験までを一貫して塾長が直接指導してきました。

その結果が皆さんに満足いただける 実績を,長年にわたり生み続けているのだと思います。
特に、医学部や難関大学受験においては、講師自らの経験や、指導経験が大切です。

志望大学の出題傾向や、そのレベルを知らなければ、適切な指導は、不可能です。こうした知識や経験がなければ、「甘すぎる指導」か、逆に「いたずらに厳しすぎる指導」になりがちです。

目先の点数に一喜一憂することなく、最終的な目標を見据えた実力の養成を目指しています。