さくらの夫が実際に使っている物や、さくらがお勧めするものを載せてみました。


 

拡大読書器

音声電卓 音声腕時計 音声読み上げソフト

キッチンタイマー

ルーペ

ロービジョンのための本 ロービジョンのための本 2

ものしりトーク

拡大読書器

これは「身体障害者手帳って?のページでも書きましたが、視覚障害者には大変便利なアイテムです。さくらの夫の場合、視力障害だけでなく視野障害もあるので文字や絵を見るのにルーペではかなり限界があります。特に白地に黒文字だと見づらい事が多いのですが、拡大読書器の多くは白黒反転表示機能が付いているので「拡大&白黒反転」でかなり読めるようになります。コンパクトで持ち運びできるタイプも色々ありますが、やはり価格がそれなりに高いので日常生活用具給付の制度を有効に利用して購入できるのであればその方が良いと思います。
さくらの夫は日常生活用具給付の制度を利用して数千円で購入できました。
2006年10月以降、負担額が変わるようです。

ティーマン トラベラー ポータブル拡大読書器
さくらの夫が愛用している拡大読書器です。6.4インチの大型液晶画面でクリア
表示。モニター部分の角度が150度くらい変えられるので自分に合った角度で見
られるのが便利なところ。ACアダプターをつないで使えるのはもちろん、充電すれ
ばどこでも自由
に使えます。また本体を立てて使えば画面を見ながら文字も書
けますよ。約1時間の充電で2時間使用可能。キャリングバッグも付いています。
 ・サイズ 16.3×18×9.5cm(モニターを倒した状態)

 ・重 さ  1.0kg
 ・価 格 198,000円(非課税)                             
        <TOPへ> <HOMEへ>
                                     

 
 

音声電卓

さくらの夫はサラリーマンなので、会社で電卓を使って計算する事が時々あります。でも普通の電卓だと計算結果の表示が見えないどころか、正しく打てているのかさえ確認できません。そこでさくらがネットで調べた結果、見つけた電卓がこれ。他にも低価格で小型のものが色々あったのですが、会社で使うものだし日本製のどっしりしたタイプの方が使い易いだろうという事でこれに決めました。残念ながらこちらは日常生活用具給付制度対象品にはならないようです。さくらの夫も定価で購入しました。

シャープCS2600<コンペット>シャープCS2600
電卓としてはお値段は高めですが、入力した数字から計算結果まで声で教えてくれるので夫はとても喜んでいます。「○プラス○イコール○○」といった感じ。リピートボタンがあるので結果を何度も確認する事ができます。また
棒読み・位取り(千、万などの位を読み上げる)の2通りが選べる上、読み上げ速度も選べるので自分にあった状態で使えるのが嬉しいところ。
音声を無くすこともできますし、また
付属のイヤホンを使えば周囲に音声が聞こえずに済むので、気兼ねなく使えます。
残念ながら電源専用なので電池では使用できません。
 ・サイズ 22×21×7.4cm

 ・重 さ  985g
 ・電 源 家庭用電源AC100V
 ・表 示 12桁
 ・価 格 52,000円(非課税)

ちなみにさくらはここで購入しました。                                                        <TOPへ> <HOMEへ>                                     

 

音声腕時計

視覚障害者にとって不便な物のひとつとして腕時計があげられます。時間を読み取るのは容易な事ではありません。
そこでこれ!ボタンひとつで「午前○○時○○分です」と優しいお姉さん(?)の声が教えてくれます。
さくらの夫は偶然、時計屋さんで見つけて購入しました。長年に渡り使い込んだ事により表面の銀色がはげてきたので去年
二代目を購入しました。初代は今も枕元で目覚まし時計の役目を果たしてくれています。
以前、病院の眼科待合室にいる時に同じ時計をしている人を見かけた事が2度ありました。やはり愛用している人は多いんだなぁと実感する出来事でした。

こちらは日常生活用具給付制度の対象になっています。
ただし、「手指の触覚に障害があるなど触読式の使用が困難な者」との条件付きです。触読式(時計の針を触る)タイプの時計は慣れない人にはちょっと不便な感じですよね。

セイコー音声デジタルウォッチ
時刻の読み上げの他、アラームやストップウォッチ機能もついています(もちろん音声付き)。時報機能もついているので「午後○○時です」と一時間おきに教えてもらう事も可能です。防水機能はありません。電池式。ボタンも大きく、操作しやすいみたいですよ。オススメ!
 ・サイズ 5×4×1.5cm

 ・重 さ  75g
 ・価 格 13,300円(税込)
                                       
                                                                     <TOPへ> <HOMEへ>

 
 

音声読み上げソフト

さくらの夫は仕事でパソコンを使っています。でもメールなどの文字を読むのが結構大変。画面を白黒反転し、フォントも大きく設定していますが、長い文章を読もうとすると時間がかかってしまい仕事の効率があがりません。そんな夫のために何か良い物は無いかなーと探して見つけたのが「音声読み上げソフト」。おおっ、すごい!そんなものがあるなんて。
でもお高いんでしょ?と思いきや、フリーソフトやシェアウェアなど探すと結構あるもので、わざわざ数万円もするソフトを購入しなくても良さそう。結局この中から数点さくらが選んで夫に使い易いものを決めてもらいました。
今夫が愛用しているのが「TALKPAD(トークパッド)」。こちらはシェアウェアだったので約2,200円で購入しました。読ませたい文字をコピーして、TALKPAD(メモ帳のようなもの)に貼り付け、再生すると読み上げてくれます。声は男性・女性の選択ができ、読み上げスピードも自分で設定できるので大変便利です。夫もかなり仕事が楽になったと喜んでくれました。夫の喜ぶ姿を見ると、役に立てて良かった♪と私まで嬉しくなります。
が!!ネット検索してみると、これがヒットしない・・・。もう手に入れる事は出来ないみたいです。残念だなぁ。使い易いのに。でも他にも色々なソフトがあるみたいなので探してみて下さいね。

さくらはここで探しました。”読み上げ”で検索するとたくさんヒットします。                <TOPへ> <HOMEへ>                                     

 
 

キッチンタイマー

ちょっと時間を計りたい時に便利なのがやっぱりキッチンタイマー。色々な種類
があるけど、夫にはこれが使い易いみたいです。まずボタン操作が簡単な事。
10分・1分・10秒とボタンが分かれているのでそれぞれを組み合わせれば良
いし、押すたびにピッと音がでるのでちゃんと押せているのか確認がしやすい!
画面表示も大きいので、ルーペを使わないでもこれなら数字が見えるし!
しかも時計機能もついているので「今何時かな〜」という時に便利です。
さくらは1,000円くらいで購入しました。

DRETEC(ドリテック) 時計付大画面タイマー T−140GN
 見やすい超大画面表示(63×34mm)
 時計機能
 「10分」「1分」「10秒」刻みで簡単セット
 音の大きさを大小選べる音量切換スイッチ       もとのセット時間に戻るリピート機能
 カウントアップ機能                      ひも通し穴・取り付け便利なマグネット付
 電池付(リチウム電池CR2032×1個)           ・サイズ 81×81×18mm
 
グリーンの他、ブルーとオレンジもあります。                                    <TOPへ> <HOMEへ>                                     

 
 

ルーペ

ルーペも欠かせないアイテムです。これは低価格で比較的手に入りやすい物
ので、さくらの夫も何点か持っています。一番最近購入したルーペがこちら。
ライト付きなのでちょっと手元が暗い時にはライトが程よく対象物を照らしてくれて便利です。単三電池2本使用。

○ライトルーペ (ドイツ エッシェンバッハ社)
 ・倍 率   10倍
 ・レンズ径 3.5cm

 ・サイズ   4.8×12.5×3cm
 ・重 さ    80g(電池を入れた状態)
 ・価 格   4,725円(税込)                       
                <TOPへ> <HOMEへ>                                     

 
 

ロービジョンのための本

  さくらが図書館で見つけて、とっても参考になった一冊です。
  この中には身体障害者手帳の基準や交付の仕方、障害年金の基準、補装具の申請方法、
  各種公共サービスなど、見えにくい、見えなくなりつつある人にとって、いろいろな公的サービスの
  情報が多数紹介されています。同じような境遇の当事者が紹介している事もあり、大変参考
  になります。ロービジョンの方には是非読んで頂きたい本です。便利なグッズも色々と載っていま
  すよ。ちなみにさくらはこの本を読んで障害年金の申請に踏み切りました。きっかけになった本で
  
す。

  ○ロービジョンのための生活便利帳−見えにくい・見えなくなってきた人へ−
 
             ・弱視者問題研究会編
              ・
出   版    大活字
              ・発行年月 2002年8月
              ・価   格    1,575円(税込)
                                                                      
                                                        <TOPへ> <HOMEへ>    
                                 

 
 

ロービジョンのための本 2

  こちらの本も内容充実です。さくらも図書館で借りて読ませていただきました。
  この中には見えにくさ・読みにくさを少しでも解消する為の機器やパソコンソフトなどが紹介されて
  います。拡大読書器、音声読書器、活字音声化ソフト、画面拡大ソフト、画面音声化ソフ
  ト、点訳・点字変換ソフト、点字・点図ディスプレイ、点字図書、歩行を助ける道具など。
  さくらの夫が愛用している拡大読書器も掲載されていました。日常生活用具給付の対象になっ 
  ているかどうかも分かるようになっています。また、東京・神保町にある「大活字カフェ」という、直
  接
これらの機器を手にして試せる施設の紹介もされています。う〜ん、さくらも是非一度、夫と
   一緒
に行ってみたいものです。
  
○視覚障害者のための最新情報機器&サービス
               ・視覚障害リハビリテーション協会/編集協力
               ・
出   版    大活字
               ・発行年月 2005年9月
               ・価   格    1,890円(税込)
            
                                         
                  <TOPへ> <HOMEへ>                                     

 
 

ものしりトーク

我が家では利用していないのですが、お勧めしたい一品なのでご紹介。
どんなものかと言うと、付属のタグにものしりトーク本体を近づけ、「読む」ボタンを
押すと、あらかじめ録音しておいた音声が再生できるというもの。
タグには3種類あり、中には洗濯までできてしまうものがあるそうです。
詳しくはこちら。http://panasonic.co.jp/pcc/products/rfid/zer868v.html
使い勝手を良くする為に、実際に視覚障害者の方々から何度も意見を聞いて
商品化に至ったそうです。http://panasonic.co.jp/ism/fukushikiki/monoshiri/
これを読むと色々な使い方があるものだなと驚かされます。「これは風邪薬です。」というように処方されたお薬袋の中身を分かりやすくする目的もあれば、自分の趣味を活かした使い方まで様々。
目で読めないなら耳で聞いてしまえ!という事ですね。自分の世界が広がる喜びを感じられるのではないでしょうか♪
また、他にも便利な機能が。まずは「メモ機能」。ちょっと覚えておきたい事をものしりトーク本体に録音できるそうです。
それから、もしも本体を床に落としてしまった時などには、手を3回叩くと本体が電子音を出して答えてくれる「サーチ
機能」も搭載されているとか!視覚障害者の方がモニターしただけあって、そこは抜かりが無い作りになっていますね!

ものしりトーク
 ・サイズ  55×140×24mm(幅×長×高)
 ・重 さ  150g
 ・充電式

 ・価 格 69,720円(税込)
                                          <TOPへ> <HOMEへ>