CB1300SF CB1300SB (SC54) フルパワー について

このサイトはトータルクラフトが独自に作成したものです

 

 

 

よくご質問をいただきますのでサイトを作成しましたので参考にしてください

CB1300SF,SBはフルパワーの際は年式により2つの種類があります。(SF と ボルドール は 共通 (ABS含む)です)

。娃廓から07年まで (車体番号 SC54-1000001 から SC54-1499999 まで)

■娃固から13年(サイト作成時点) (SC54-1500001 〜 (ST含む))

 

取り付け方法は こちら と こちら で確認してください

(上記取付け方法は03-07年の場合です 08年以降はサブコンの取付け追加と配線加工以外は同じ手順です)

 

解説 ・・・ まず車検証で ご自分のCB1300が 上記の  , ◆,里匹舛蕕乏催する車両かを把握してください

,禄藉型からマフラーに触媒が付く前のモデル  

△魯泪侫蕁爾某媒が付いたモデル

 

 。娃-07年式の場合は

はフルパワーにする場合はコスト的に非常に安くで可能です 基本的に輸出仕様のファンネル交換だけです 

部品代は5,000円程度です ご自分で作業した場合は部品代のみです

この年式まではEUC(コンピューター)に燃料噴射用の裏MAPが存在します このため、EUCの配線加工で適切な燃料噴射量が得れます

同時にスピードリミッターも解除され 180km/h以上のスピードが出せます

厳密に言えば、社外品のマフラーに交換した場合はさらに補正する方が良いですが・・・。輸出仕様のノーマルマフラーに合わせたMAPですので。

この状態で、社外のマフラーに交換した場合は110馬力から115馬力が得られます 走行にも支障がないフィーリングが得られます

フルパワーにして低速が弱くなったと言う方がいますが、マフラーの組み合わせにもよりますが、シャシダイに掛けて測定している限りは低速の落ち込みはありません

感覚的に高回転が延びたので低速が弱く感じると考えられます。

,諒は輸出仕様の純正ファンネルのみご購入いただければ基本的にフルパワーにできるとお考え下さい

(社外品マフラー推奨 できればトータルクラフト製のマフラーをご検討ください)

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

◆。娃-10年式の場合は

は ,陵佑卜■唯腺个ありません ECUの形状も小型化されています

この年式(08年)以降は輸出仕様のファンネル交換だけはパワーが出ません

厳密に言いますとパワーは少しUPしますが燃料が少ない状態で走りますので、かなりエンジンに負担がかかります。

ちなみに ,鉢△離侫.鵐優襪呂茲似ていますが取付け部分の形状が違いますので互換性はありません。

では、どうすれば確実なフルパワーができるかと言いますと、足りない燃料を補うしかありません。

燃料を補うにはサブコンと言う補正装置(当店ではパワーコマンダーを使用)に燃料の増量指示を与えて、通常より多い量の適切な燃料を送ります。

ですがただ、取付けただけでは適切な燃料増量指示ができません。

サブコン内に燃料MAPを作成して何回転でアクセル開度が何%でどの程度増量(減量)するかを指示します。

ただこのMAPはキャブのように乗りながら感じをみて調整するのは神業です。(ノートパソコン必須) 通常は不可能に近いと思います。

パワーを測定しながら空燃費を見て、適切にあわせます。パワー感があっても空燃費がずれているとエンジンに負担がかかり最悪破損します。

当店のフルパワーKITにはこの適切な燃料MAPを入れた状態でご提供しております。

シャシダイナモ(パワー、空燃費を測定する機械)もありますので、ご来店いただければ現物あわせも可能です。

尚、スピードリミッターカットは別ユニットにて別回路で行いますので干渉による誤動作がありません

△諒は下記のKITと社外品マフラー(できればトータルクラフトマフラーをご検討ください)との

組み合わせでフルパワーに可能とお考え下さい(ファンネル交換のみでは厳しいです)

 





2008-2013年モデル対応(ABS含む) CB1300SF&SB用 
ボルトオン フルパワーKIT  

無加工での取り付け可能! 
交換、追加のみです ノーマルに戻すことも可能です

もちろんスピードリミッターも解除できます(オプション)
弊社マフラー併用で輸出仕様 115psを超える122psです


08年モデル以降は07年モデルまでと異なり、純正ECUに輸出用のマップが入ってなく、08モデルのフルパワー化は
ヨーロッパ仕様のECU交換とご存知の輸出仕様純正ファンネル交換などと
さらにO2センサー(日本仕様に装着なし)の処理が必要でした 
またECU交換に伴いカギ(HISS)の再登録やO2センサーにダミー電圧をかけるか、
マフラーに加工してO2センサーの新設が必要でした
今回、開発のフルパワーKITは07年モデルまでとほぼ同一の作業内容でフルパワー化+αが可能です
 また燃料マップの切替によりパワー仕様、燃費エコ仕様、レスポンス重視仕様などご要望に応じて変更できるようにします
 スピードリミッターも同時に解除するようなセット内容です


 122馬力仕様です。



追記ですが触媒なしのフルエキマフラー装着(その他はKITと同じ仕様)で約131馬力までは出ました


完全にボルトオンですので加工は不要です

KIT内容は

.僖錙璽灰泪鵐澄次淵ぅ鵐献Дションコントロール機能付きサブコンピューター)


(トータルクラフト製のマフラーにて基本セッティングデータ入力済みでそのまま使用可他メーカーのマフラーのデータもありますのでご対応可能です)


⇒⊇仍斗様兔秬汽┘▲侫.鵐優襦複娃固〜用専用品番) 


トータルクラフトカーボンエアインテーク(エアクリの吸い口の部分です)


ぅ好圈璽疋螢潺奪拭璽ットユニット
(メインECUとは別回路ですので誤動作や故障の可能性が極めて低いです)

以上4点に加え、サポートもさせていただきます

tttt.jpgttyy.jpgDCP06031.JPG

燃料MAPの書き換えなどの微調整も無料で対応します 
ご自分でパソコン繋げてMAP書換え作業したい方はサポートもさせていただきます


スピードリミッターカットなしのご対応も可能です


また、すでに輸出用ファンネルのみ取り付け済み等で
パワーコマンダー(セッティングデータ入り)+ 必要部品 の販売も可能ですのでご相談ください


また現在、他のメーカー様のマフラーでのデータ取りをしておりますので、ご希望があれば他メーカー様のマフラーで
基本セッティングしたMAPを入れてご提供するように準備しております

TSR製(スリップオン)、ワイバン(1本出し、2本出し)、モリワキ製(スリップオン)、ストライカー(スリップオン)で
データ取りできましたので対応可能です スリップオンタイプで120馬力から122馬力で、フルエキ(触媒付き)で
さらに3〜5馬力UPと良好な結果が出ております


あと、質問がありましたので補足ですが取り付けの工賃は含まれていません 当店で取り付けの場合は工賃は20000円(税別)です
また関東方面で取り付け希望の方はCBX1000で有名な西東京市のモトガレージリモーション様で同価格で取り付けのご紹介ができます


 

取り付け方法は こちら と こちら で確認してください
07年式までの説明ですが配線加工以外はほぼ同じ手順です
08年式以降ははノーマルマフラーには対応しておりませんのでご注意ください



車検に関して質問がありましたので記載させていただきます
排ガスのCO・HCはこの仕様のままでも車検の基準値内に収まりますので、
車検は問題ありません


ただし、JMCA対応のマフラー以外との組み合わせの場合はマフラーの音量の問題でNGになることがあります
もちろん保安基準に触れるような改造ではありませんが、メーカーから出てきた物に手を加えますので
純正崇拝の方にはおすすめしません エンジン本体に手は加えませんがあくまでも改造であることをご理解の上、ご検討ください

#1:フルノーマルとトータルクラフトフルパワー仕様のパワーデータ

青ライン(フルノーマル08年モデル 走行1200km フルノーマル スピードリミッターのみ解除)
赤ライン(エンドバッフル無しトータルクラフトマフラー + トータルクラフトフルパワーKIT装着 その他は同上)
誤差修正してませんので公称100PSのノーマルが約90PS ですので補正後換算トータルクラフトフルパワー仕様は約122PSです

フルノーマルと比較して約22馬力のUPですが体感ではかなり違いがわかると思います
22馬力のUPを少ないと感じるか大きいと感じるかは意見の差があると思いますがエンジンには手を加えずパワーUPする手法の中ではまずまずの
結果と感じております
過去のキャブ車などエンジンを手を入れずにコストを掛けて FCRキャブ+社外マフラー+セッティング(マフラーの種類にもよりますが合計25万円以上)
をしても季節で手直しをしたりチョークがない等キャブの扱いがシビアでしたが
このCBに関しては今までの信頼性と扱いやすさはそのままで約22%のパワーUPできるのは価値があると思います

#2.トータルクラフトフルパワー仕様パワーとトルクのデータ
ノーマルと比較して誤差換算後ピーク約1.5kg-mのUPですが4000rpm付近でピークに近くトルクを犠牲にせずに
馬力を上げることが可能です
またピークは6000rpm付近まで延びており使用頻度高い4000〜6000rpmで乗りやすいセッティングとしました
(ノーマルは5500rpmでピークです)

#3.ノーマル、スリップオンのみ、トータルクラフトフルパワー仕様の3種類のパワーデータ

青ライン(フルノーマル08年モデル 走行1200km フルノーマル スピードリミッターのみ解除)
赤ライン(エンドバッフル無しトータルクラフトマフラー その他は同上)
誤差修正してませんので公称100PSのノーマルが約90PS ですのでトータルクラフトマフラー交換のみ補正後換算 約109PSです

黒ライン(
エンドバッフル無しトータルクラフトマフラー + トータルクラフトフルパワーKIT装着  補正後換算 約122PSです

 125PSまでは届きませんでしたが、マージンを取って燃料の適正を重視しましたので3馬力ほど目標よりは低い数値となりました

 

 

トータルクラフト ホームページへ




 お問い合わせフォーム