トータルクラフト

CBR1000RR 08-11年 SC59国内仕様ベース フルパワーKIT

 

国内仕様をベースにフルパワー仕様に変更するKITとなります 

 

当店のKITはピークパワー(最高出力)のみを追い求めた物ではありませんので

 

ピークパワーのみを重視される方にはお勧めしておりません

 

街乗りでも扱いやすく、大幅な燃費ダウンもさせず、しかも扱いやすい上にパワーUPすることで

乗りやすくなることを重点にしてセッティングしております

ピークパワーのみをご希望の方は他のご提案ができますので、ご相談下さい

 

 

国内仕様CBR1000RR 2008-2011年 用 

フルパワー仕様(S/Oマフラー付)161馬力 

フルパワー仕様(ノーマルマフラー)151馬力 

 

 (最高出力は参考値ですのでマフラーの組合せや車両の個体差などで誤差はあります)

車両のメインECU(コンピューター)自体はを交換しませんので、

メインキー 、 HISS(イモビライザー) 、 ステアリングダンパー ・、スピードメーター、灯火類など

全て従来通り使用が可能です またマフラー以外は車検に関しても問題はありません(そのまま車検が可能です)

スピードリミッターカットをした場合はスピードメーターは299Km/hまでのデジタル表示がされます

また、このKITを取り付ける事でのFIエラーやFI警告灯の点灯などもありません

 

 以下の ,らイ料箸濆腓錣擦離札奪箸砲覆蠅泙后

 

´ァ.侫.鵐優襪里漾

価格 6,500円(税込み)

Aセット

´↓ァ.好圈璽疋螢潺奪拭璽ットなしKIT

価格 89,900円(税込み)

Bセット

´↓ァ.泪侫蕁爾覆KIT(スピードリミッターカットあり)

価格 117,000円(税込み)

Cセット

´↓きァ.侫KIT(車検非対応)

価格 167,000円(税込み)

 

ファンネルのみご購入希望の方は ショッピングサイト ここ より 購入可能です

Aセット、Bセット、Cセットを購入をご希望の方は ここ (メールフォーム)より お問い合わせ下さい

 

工賃について(当店で作業した場合の標準価格)

Aセット 23,000円

Bセット 33,000円

Cセット 38,000円

 

フェンダーレスKITなどを取付済みの車両でパワーコマンダー設置の際(タンデムシート下)に

フェンダーレスKITの脱着が必要な場合は5000円程度工賃がUPする場合があります

 

 

その他の組み合わせをご希望の場合や単品の販売も可能です 

ただしイ離汽檗璽箸魯機璽咼垢砲覆蠅泙垢里猫イ呂覆靴任發値段は変わりませんのでご理解ください

 

トータルクラフト(ゲンズ枚方)は国内で初のCB1300SF 08年以降用のフルパワーKITを販売しました

そのノウハウを活かしておりますでご満足いただける結果がご提供可能です

常時、開発用のCBR1000RRやCB1300SFを用意してシャシーダイナモも完備しておりますので

ご要望に応じたセッティングデータの提供が可能です

 

フルパワーKITに関しての初歩的な質問やよくあるご質問を最下段に記載しておりますので

フルパワーって何? とか スピードリミッターカット?? という方は参考にしてください

トータルクラフト ホームページへ

ゲンズ枚方 中古車車両 GOO BIKE

CBR1000RR 08-専用 トータルクラフトオリジナルHID−KIT (6500K) も開発中です

 

Aタイプ ヨーロッパ仕様 吸入エアファンネル 1台分 ・・・最高出力重視

Bタイプ 北米仕様 吸入エアファンネル  1台分   ・・・中間トルク重視

(写真右側 上が国内仕様ファンネル 下がヨーロッパ仕様ファンネル)

(写真左側 ヨーロッパ仕様ファンネル)

 

oooo.jpgwwww.jpg

 

ECU燃料噴射量補正用サブコンピューター (パワーコマンダー后

燃料を補正して適切な状態にするセッティングデータ入りですので

カプラーオンで取付ければ面倒なセッティングなどは不要です

セッティングは長時間かけてデータ取りしたものを入れておリます

ご希望があれば御希望のマフラーにあわせてデータの内容を

変更する事も可能です  パワーコマンダー垢任里環鷆,砲覆蠅泙

当店のパワーコマンダー垢鮖藩僂靴織侫襯僖錙治烹稗圓

アクセル開度(0、2、5、10、15、20、40、60、80、100%) と 回転数(250回転刻み) 合計 約500箇所の部位に関してきめ細かく燃料のセッティングをした状態でご提供しております そのためアクセル開度によるフィーリングやパワー感にも対応した内容になっております

実際の走行では全開(アクセル開度100%)以外で使用する事が多いとや

ハーフスロットルなどでの使用を考慮しております

 

tttt.jpgttyy.jpg

 (写真はパワーコマンダー3ですが現在は小型化されたパワーコマンダー5に変更しました)

パワーコマンダーの設置場所はタンデムシート下が推奨になります

 

 

スピードリミッターを解除するリミッターカットユニット 

 単品価格 28,500円

このユニットは速度センサーからのパルス(信号)を調整するので、ECUやその他のユニット、HISSなどとはまったく別の回路を取りますので、悪影響が及ぶことはありません

 (トータルクラフトフルパワーKITではスピードリミッターカットは他のメーカー様の商品でも基本的に併用可能です)

 

kkkk.jpgqqqq.jpg

他のスピードリミッターカットと違う点は速度感応式のCBR1000RRのステアリング

ダンパーの作動が調整できる点です

この事で、リミッターカット後もスムーズなステアリングダンパーの効きが損なわれることがありません 他の一般的なスピードリミッターカットはステアリングダンパーの効きが高速走行時に効かなくなる場合がございます

 

トータルクラフトスリップオンマフラー

(サーキット走行専用 車検非対応 ステンレスタイプ )

(価格 59,800円)

トータルクラフトスリップオンマフラー装着時の

フルパワー仕様での実測 152馬力(駆動ロス補正相当で 161馬力)

詳しくは 下のグラフ4参照

 

鈴鹿8耐、4耐の出場チームを持つマフラー製造メーカー様に

フルパワー仕様を前提に開発依頼をして製造しておりますので、

お求め安い価格にしながらも性能や音質、品質など面で

有名メーカー様に負けない完成度です

写真は試作品のため一部、量産品と仕様が異なる場合があります

ご来店いただければ、装着車両がありますのでご確認いただけます

 

yyyuuu.jpguuuooo.jpg

 

 

 取付に関するサポート(メールや電話、ご来店にてサポートします)

ご来店いただければシャシダイナモにてフルパワー後の

パワー測定も可能です

 

yyy.jpgeeee.jpg

 

 注意

国内仕様 CBR1000RR(SC59)にてヨーロッパ仕様やUS仕様のエアファンネルをご使用方へ

ご質問がありましたので記載します

燃料補正を行わずにファンエルのみを交換 + 左側ラムエア蓋開放した場合、

理論的には必ず燃料が足りない状態になります

下の説明を見ていただければ解りますが空燃費が確実に狂います

燃料が薄い状態での高回転域の使用はエンジンに負担をかけることになります

さらに十分なパワーUPができません 燃料補正がない状態でも20馬力以上はUPしますが

当店のスタンスとしては燃料補正なしでは絶対に使用をおすすめはしておりません

当店ではファンネルのみの販売もしておりますが、ご使用は自己責任にてお願いします

 

cbr100008hikaku2.BMP

 

 

Aタイプ ヨーロッパ仕様 吸入エアファンネル交換 

 

ノーマルマフラー(国内仕様)

 

左側ラムエアインテークダクト内のラムエア制限蓋開放済み & 2次エア供給カット済み

解説 

当店のシャシーダイナモにて08年国内仕様を使用して測定したグラフになります 

グラフ1の赤線の燃料の補正を行わない場合10000回転から11000回転付近にパワーの谷が出るのがお解りいただけると思います

グラフ2の赤線がその時の空燃費(混合気に比率)です ちょうどパワーが落ち込む部分で薄い状態になっています

9000回転までは燃料の補正をしない場合でもパワー、空燃費ともに大きな差がありませんが最も負荷のかかる領域で薄い状態です

もちろんこのままでも実走行に大きな支障はでないと考えていますが、できれば適正な燃料を送り込みたい所です

グラフ1の青線はパワーコマンダー(サブコンピューター)にて燃料を補正して適切な状態にした場合です

グラフ2の青線の空燃費も理論上適切な13:1あたりになっております

パワーも補正後はピークで約10馬力UPしており、エンジンにも負担をかけずにパワーが向上しております

燃料補正後は実測 142馬力(駆動ロス補正相当で 150馬力)になり ノーマルと比較して30馬力ほど向上します

ファンネルのみをヨーロッパ仕様に交換しただけでも、パワーUPしますが、できれば燃料を適正化してエンジンに負担を掛けずに

本来のパワーを出して上げる方が良いと考えております

グラフは比較しやすいものを選んでおりますで、測定の環境(外気温や水温)でここまで大きな落ち込みが出ない場合もあります

測定は外気温が10℃、水温90℃ですので、外気温が高い夏場ではもう少しパワーの落ち込みに変化があると思います

他のショップ様や個人様の考え方や測定方法、データとは異なる可能性もありますのでご理解ください。

 

 

  

cbr100008hikaku3.BMP

 解説

グラフ3はトルクのデータになります

8500回転でピークになりますが、その先で燃料補正しない場合はトルクに谷が出て落ち込んでおります

MAXトルク自体の数値は同じ 9.6kgmですが、8500回転以上で大きな変化が発生します

燃料補正後は大きな落ち込みもない状態になります 

(トルクはピーク後に回転が上がるに従い緩やかに低下するのが普通です)

 

cbr100008hikaku5.BMP

グラフ4

 解説

グラフ4は 上から 紫線 ・ 赤線 ・ 青線 ・ 緑線 となりますが

紫線 ・・・ トータルクラフトスリップオンマフラー装着時のフルパワー仕様 

後輪出力実測 152馬力(駆動ロス補正相当で 161馬力)

赤線 ・・・ ノーマルマフラーでグラフ1の青線と同じ条件です(ただし燃料補正データが少し違います)

青線 ・・・ ノーマルマフラーでグラフ1の赤線と同じ条件です(燃料補正なしのデータです)10,000回転付近でパワーの谷が出ます

緑線 ・・・ フルノーマル(メーカー出荷時) 実測 111馬力 後輪出力実測 (駆動ロス補正相当で 118馬力 カタログ公表値)

 

その他、この商品に関するご質問や購入をご希望される方は

ココ より お問い合わせください

 

 

トータルクラフト オリジナル スリップオンマフラー (車検非対応)バッフルなし状態

cbr111.jpg

グラフ 5

解説

グラフ5 は トータルクラフトフルパワー仕様の場合の ノーマルマフラー装着 と トータルクラフト S/Oマフラー装着 前後のデータ です

エキパイは純正のままでパワー と トルク 比較グラフになります

パワーに関しては 低回転域から高回転域まで全域でパワーUPしており、パワーの谷や落ち込みもありません。

全域で 約10馬力 UPしているのがわかります (燃料の補正データの製作も非常にうまく出来ましたので良い結果になりました)

また、トルクに関しても全域で 1kgm UP しております( グラフ5の データ ,函.如璽伸◆

グラフ上では4000-5000回転付近と 6000-7000回転付近のトルクの谷がありますが、実走行では感じることができないレベルです

この部分も何度も燃料MAPを補正しましたが、点火時期の特性のようでどうしても谷が残る様です

 

 

ご注文方法 

支払方法

ご注文の場合は

ココ より お問い合わせください

もしくは 火曜日定休日以外で TEL 072-848-6110 担当 森田 まで

銀行振込(三井住友銀行)

現金代引 (手数料630円別)

ご来店にて現金支払

送料は下記HPでご確認ください。(もし、送料がご不明でしたらご質問ください)

http://www.geocities.jp/sakura20002001/souryou.html

 

コメント 在庫数がたくさんはありませんので、タイミングにより納期がかかることがありますので

お急ぎの方は事前にご質問で在庫確認をお願いします

当社はオートバイ販売店(ゲンズ枚方)も併設しておりますので

安心してお買い求めいただけます。

近隣の方は直接お渡しも可能です。もちろん取り付けもご相談ください。

大阪府枚方市の国道1号線沿いです   HP←クリック

 

US仕様のファンネルでテストした結果ですが、国内仕様ベースですと

ピークパワーはほぼ同じですが走行時のフィーリングは

US仕様の方が低速、中速が使いやすく街乗りやツーリングなどには適してると思います。

高回転重視の方はEU仕様のファンネルで、街乗りメインの方はUS仕様がおすすめです。

 

この商品に関するご質問や購入をご希望される方は

ココ より お問い合わせください

もしくは 火曜日定休日以外で TEL 072-848-6110 担当 森田 まで

 

 
 


よくある質問やこのKITに関する初歩的な知識


初めに

A:スピードリミッターカットをする (180km/h以上のスピードが出るようにする) ことです 

国内仕様は180km/h以上に速度が出ないように設定されています 

時々、リミッターカットとは規制されているパワーを開放する=リミッターカット や

エンジン回転(レッドゾーン)の制御カット(エンジン回転数が限界以上にする)=リミッターカット
    
と勘違いしている方がいますが 当店で言うリミッターカットとは180km/h以上にスピードが出るようにすることを指します

 
B:フルパワー仕様 (エンジンパワー自体をUPさせる)にする


は別々の内容で、あわせて作業することが多いので、HPには一緒に記載しております

ですので エンジンのパワーUPはさせるが速度は180km/h以上が出ない状態(出す必要性がない方) や 

エンジンパワーは国内仕様のままで180km/hの速度は出る状態(パワーには満足しているがサーキット走行で180km/h以上出す必要性がある方)

の組み合わせとしては可能です どうせなら、両方を満たしたい方が多いと思いますので、当店のHPには一緒に記載しております

次に

Aは国内仕様のパワー(カタログ上の118馬力)のままメーカーが設定している自主規制の180km/h以上のスピードが出ない(出せない)ようにしているのを

出せるようにする作業です 国内仕様のまま(118馬力)でも180km/h以上のスピードが出せる能力はあるのですがメーカー側で出せないようにしています。

その設定を解除することです。

これは国に認可を取るためにメーカー(ホンダ)自主規制として設定されております  この設定を解除すること自体は違法ではありません。

また車検には関係ありません。

スピードを出すか出さないかは個人の責任の元で行う行為ですので。

ただ、当方としてはサーキット走行などで利用していただくことが前提となります


Bは国内仕様(118馬力)エンジン自体のパワーを上げる手法となります

当店ではマフラーにもよりますが150馬力から160馬力までパワーUPする方法になります。

おおまかな内容は吸い込む空気の量を増やしてあげて、それに見合った燃料を与える事でパワーUPをさせます 

もともと海外仕様で180馬力以上の潜在的な能力を秘めているエンジンですので、その秘めた能力を開放する(本来の実力が出るようにする)ことになります

では何故180馬力では無いかといいますと、パワーを左右するには他の点火時期などの要素もあり、そこまではコストの面で必要無いと当店が判断しているからです

もし、コストを無視して(あと部品代と工賃を合わせて20万円程度)かけても良いと考える方がいましたら

輸出仕様(ヨーロッパ仕様)と同等のパワーにすることも理論的には可能です。


逆に国内仕様が何故118馬力程度かと言いますと、国内には118馬力あれば十分でそれ以上のパワーは必要ないとのメーカーの見解なのでしょう。 (推測ですが)

ただ、ユーザー側からすると、本来の秘めた能力を試してみたいと考えるのは当然で、そのパワーを本来の状態に近くするのが当店のフルパワーKITの役目になります

このエンジンにはその能力がもともと存在しておりますので、パワーUPをしても

エンジンに負担がかかることは理論的には考えにくく、デメリットも少ないのでKITにして販売しております。

当店のパワーコマンダー垢鮖藩僂靴織侫襯僖錙治烹稗圓魯▲セル開度(0、2、5、10、15、20、40、60、80、100%) と 回転数(250回転刻み) 

あわせて 約500箇所の部位に関してきめ細かく燃料のセッティングをした状態でご提供しております

そのためアクセル開度によるフィーリングやパワー感にも対応した内容になっております

実際の走行の場合は全開(アクセル開度100%)以外で使用する事が多いと思いますので。

 

よくある質問です

ー萇佞盍泙瓩疹豺腓糧駘僂呂匹里らいかかるのでしょうか?

(マフラーは他社製(もしくはノーマルのまま)

・・・前記のAとB を工賃を含めて全て行うと 部品代 117000円 と 工賃 33000円 となります 合計 15万円 (税込) となります

▲好圈璽疋螢潺奪拭璽ットとは何を交換か取付しますか?もしくは加工しますか?

・・・ Aのことになりますが、スピード信号を擬似的に変化させる電気なユニットを取り付けます 

スピードリミッターカットするとどの程度の速度が出るのでしょうか?

・・・ 無負荷状態(機械での測定)では299km/hまで可能ですが、実走行では270km/h前後かと思います

ぅ侫襯僖錙爾筌好圈璽疋螢潺奪拭璽ットをするとエンジン等の故障の原因となりますか?

・・・ A と B ともに 直接エンジンに負担のかかることはしませんので、この作業が原因で故障する可能性は低いと思います

ただし、改造であることは変わりありませんので、故障のリスクはゼロではありません

またこの作業が原因でエンジン等が故障した場合でも当店では責任を負う事はできません
   
ゥ侫襯僖錙爾筌好圈璽疋螢潺奪拭璽ットをしても車検に問題はないのでしょうか?

・・・ 問題ありませんし、違法な行為ではありません

Ε侫襯僖錙爾筌好圈璽疋螢潺奪拭璽ットをしてもホンダのメーカー保証は受けれますか?

・・・ 基本的には改造になりますので無理と認識いただく方が良いと思います

ただ、まったく関係の無い部位(例えばサスペンションやホイールや灯火類など)に関してはこの限りではないと思います

厳密な話をすればJMCA対象外のマフラーなどを使用するなどの時点で、保証の対象からすでに逸脱している可能性はあります

Д侫襯僖錙爾筌好圈璽疋螢潺奪拭璽ットに不具合が生じた場合の保証はあるのでしょうか?

・・・ 基本的には6ヶ月の部品自体に関する保証は当店独自にありますが、部品が原因で引き起こした部分に関するものは保証はありません(遺失利益等含む)

┘螢潺奪拭璽ットをする時の作業時間や予約は必要ですか ?

・・・ 作業は段取りができていれば5,6時間程度ですのでバイクを何日か預かる必要はありません

午前中にお持込いただければ夕方頃には完了します

作業を する場合は事前にご予約をお願いします