商品先物取引を知ってますか?
商品先物取引は価格変動のヘッジ機能と商品価格の調整機能が主な役割となります。
価格変動のヘッジ機能とは例えば、原油を輸入する際、輸入商社が購入した原油はタンカーで約1ヶ月をかけて日本まで運ばれてきます。
しかしながら、1ヶ月もの月日がかかれば、市場価格が大幅に変動している可能性があり、かなりのリスクとなります。
そこで、現物市場と同時に先物市場でも商品を購入することでリスクを減らすことができます。
これがヘッジと呼ばれるものです。


価格の調整機能とは、商品の価格は需要と供給の余剰能力で決まります。
需要が供給より多くなれば価格は上がり、低くなれば下がります。
しかしながら、暮らしに密着する商品や産業に不可欠な商品は大きな価格変動があると市場経済に必要以上な影響を与えます。
必要以上の影響を抑えるために価格が上がれば売り、下がれば買うといった投機機能が導入されています。
これが、商品先物取引の役目です。