「なぎなた」のコーナーへようこそ!! 

あなたは無料カウンター人目のお客様です。

な ぎ な た

◆  「なぎなた」は、日本古来の武道の一つ。 女性の武道のように思われていますが、 決してそうではありません。 「♪♪京の五条の橋の上、 大の男の弁慶が‥‥♪♪」で良く知られているように、 平安時代の頃から武士や僧兵が武器として用いてきましたが、だんだん槍や鉄砲の発達に押されて衰退して行きました。 江戸時代には、もっぱら武家の子女の護身用武術となりました。
  殊に、明治になって、男子は剣道、女子は「なぎなた」と、それぞれ中等学校、高等女学校の教育正課に取り入れられてから、 「なぎなた」は女子のものと思いこまれてきました。

◆  「なぎなた」は、 1945(昭和20)年、第二次世界大戦が終わり、 日本で武道全部が禁止された時に、ともにいったん出来なくなりましたが、1953(昭和28)年に復活。 1955(昭和30)年全日本なぎなた連盟が発足し、国内では各種大会が開かれて、 1983(昭和58)年、群馬国体から「なぎなた」も正式種目に加えられました。
  国際的には、1990(平成2)年なぎなた国際連盟が組織されて、日本の外、現在9ヶ国が加盟、4年に一度世界大会が開かれています。 諸外国で、「なぎなた」は女子よりも男子に人気があるそうです。

◆ 「雄湊(おのみなと)なぎなたクラブ」

クラブでは、現在約30人のメンバーが、幼い子供から高齢者まで、いつも「楽しく」を基本に練習に参加しています。 なぎなたは心と体を鍛え、調和のとれた人物になることが出来る道として、殊に、今の時代、礼儀正しく、「仁・義・礼」の心をわきまえ、「凛」の一字が示す、人を思い遣り、信念を持って歩むことのできる、凛々しい数多くの若人が育つようにと活動を続けています。
全国 ・ 地方のいろいろの大会に出場の機会も持って、好成績も納め、2003年アメリカ・サンノゼで開かれた第3回世界なぎなた選手権大会には、クラブメンバー出身者が、日本派遣団選手の一人に選ばれました。 さらに練習を積んで次の2007年ベルギーでの第4回大会への出場をも祈りたいものです。

「雄湊なぎなたクラブ」の練習

 

・ なぎなたは
防具を着けた試合と
型を行う演技があります。

練習にはげむ

防具をつけて試合

◆◆◆ お知らせ ◆◆◆

皆様は【なぎなた】をご存じですか? なぎなたは武道の一つです。 老若男女を問わずレベルに応じて楽しめる生涯スポーツです。
 ビッグホエール「軽運動場」では、なぎなた教室を開催しています。 お問い合わせは和歌山ビッグ愛1階管理事務所073-435-5200まで。

 また下記の場所でも教室を開催しています。見学・体験は随時受け付けていますので お気軽にご覧になっては如何でしょうか?

  • *県立体育館 補助館 (和歌山市中之島2238)
    月曜日 17時30分〜18時30分
          18時30分〜19時30分


  • *雄湊小学校 体育館 (和歌山市東坂ノ上丁3)
    水曜日 19時30分〜20時30分
    土曜日 15時00分〜17時00分


  • *県立武道館    (和歌山市和歌浦西2-1-22)
    火曜日 16時30分〜18時00分
     (金曜日) 17時00分〜18時00分     


  • *旧武徳殿     (和歌山市岡山丁 岡公園内)
    土曜日 7時30分〜10時00分   
      上記につきましては 【山崎】090-7117-8833までお問い合わせ下さい。
 日本古来の武道なぎなたは、従来は女性だけの競技でしたが現在は 男性の愛好家も増えています。 よろしくお願い致します。

和歌山県なぎなた連盟
会長 新島 雄

「おうりやーっ!!」「やーっ!!!」

・なぎなたについて詳しいことは財団法人全日本なぎなた連盟のホームページをご覧下さい。

なぎなた応援団掲示板

◎ ご感想、ご意見、ご連絡、お便りはゲストブック 、または、SamのキャビンBBSへ下さい。


知事と語る:「わかやま国体目指して!!」



◆TOPICS(話題)

(1)和歌山県なぎなた連盟創立30周年

昭和49年12月22日に創立された和歌山県なぎなた連盟は30年を迎え、'07年2月11日記念式典・祝賀会が来賓を始め連盟所属の県下各団体から百名余りが参加して和歌山市の「アパローム紀の国」で開かれました。 記念式・祝賀会は、新島会長の挨拶に始まり、仁坂県知事、小関県教育長などの来賓祝辞。祝宴を挟んで、連盟の歩み紹介、そして圧巻は気合いの籠もって流麗な演舞、リズムなぎなたが披露されて感銘を与えました。

     

新島会長挨拶

会    場

演 舞 披 露

リズムなぎなた


(2)(平成19年)12月 1日(土)、大阪市中央体育館で第7回全日本男子なぎなた選手権大会が開かれ、全国35都道府県から 52人と六大学から11人の63名が参加し熱戦が展開されました。
和歌山県代表の榊 清史・榊 智史両選手は演技競技で優勝。

'08.1.16日付け読売新聞朝刊(和歌山版)に二人の紹介記事が出ています。下記をご覧下さい。

(3)(平成20年)11月9日(日)、大阪市・市立城東スポーツセンターにおいて第51回西日本なぎなた選手権大会が開かれ、 選手100名と14団体が参加、熱戦が繰りひろげられました。和歌山県からは、男子3名、女子5名と1団体が参加。 和歌山県勢は、(女子の部)三浦 綾選手2位。(男子の部)榊 清史選手優勝。昨年優勝の榊 智史選手は初戦敗退にとどまりました。団体戦は二回戦で大分に敗退。

(4)(平成20年)12月 6(土)、大阪市中央体育館で第8回全日本男子なぎなた選手権大会が開かれ、全国35都道府県から61名、2大学から4名の計65名の選手が参加し、熱戦が展開されました。
演技競技は19チームが出場。和歌山県代表の榊 清史・榊 智史両選手の組が優勝。

 試合競技には56選手が出場。榊智史選手が3位、榊清史選手が4位と健闘し入賞。
 続いて8日(日)皇后杯第53回全日本なぎなた選手権大会が同会場で開かれました。

(5)(平成21年)2月20日(金)、2月22日(日)にそれぞれ和歌山県・和歌山市スポーツ賞表彰式が開かれました。



(6)(平成21年) 3月15日(日)。県立和歌山西高等学校体育館で第23回和歌山市なぎなた大会が開かれました。
 快晴の寒稽古を思わせる冷たい朝でしたが選手・役員約100が参加。少年・少女から中・高校生、一般男子・女子が
 日頃の稽古の成果を発揮し、気合いの籠もった熱戦が展開されました。
 試合結果は次の通りです。

←クリックで拡大して、もう一度
  クリックするとさらに拡大 


(7)(平成21年)11月8日(日)、大阪市・市立西成スポーツセンターにおいて西日本各地から選手120名、監督、役員等が参加し、第52回西日本なぎなた選手権大会が開かれました。
西日本選権女子の部・選手35名、西日本選手権男子の部17名、西日本選手権団体戦17団体が参加、熱戦を展開。
和歌山県からは、男子3名、女子5名と1団体が参加。
(女子の部)ベスト8進出ならず。(男子の部)榊 清史選手準々決勝で増田良明選手(兵庫)に敗退。昨年優勝の榎本智史選手は準決勝で増田良明選手(兵庫)に破れ、三位決定戦では鍋嶋大樹選手(鹿児島)に敗退して4位にとどまりました。
団体戦は、山崎美加子、山本千代、三浦綾、塚本紀衣、岩淵迪佳の5選手が熱戦を繰り広げ、惜しくも優勝を逃し二位となりました。


(8)(平成21年)12月12(土)、大阪市中央体育館で第9回全日本男子なぎなた選手権大会が開かれ、全国34都道府県・4大学から58名の選手が参加し、熱戦が展開されました。
演技競技は20チームが出場。和歌山県代表の榊 清史・榊 智史両選手の組は一戦二戦を勝ち進みましたが、三戦で敗退。昨年の優勝に続く連勝は果たせませんでした。

 試合競技には56選手が出場。榎本智史選手が昨年に続き3位入賞。榊清史選手(昨年4位)は健闘しましたが三戦で敗れ、対戦相手が優勝。
 続いて13日(日)皇后杯第54回全日本なぎなた選手権大会が同会場で開かれました。

(9)(平成21年)12月20日(日)、県立和歌山西高校体育館で第8回和歌山県エンジョイなぎなた大会が開かれました。
県下各地から、なぎなたクラブ4団体、高校なぎなたクラブ3団体、ファミリー5団体、選手・役員100名が集まり、気温の冷たい中、会場イッパイに力強いかけ声が響き、熱い戦いが繰り広げられました。 試合結果は次のとおりです。
    (クリックで拡大)










(10)<(平成22年) 3月14日(土)。県立和歌山西高等学校体育館で第24回和歌山市なぎなた大会が開かれました。
  春先の冷たい日でしたが、選手・役員約80名が参加。少年・少女から中・高校生、一般男子・女子が日頃の稽古の成果を発揮し、気合いの籠もった熱戦が展開されました。
だんだん国体も近づきます。皆さん頑張って行きましょう !!
なぎなた会場となる九度山町から、視察・見学の方々も見えていました。

 試合結果は次の通りです。(クリックで拡大します。)  

(11) (平成22年) 7月19日(月・祝)。九度山町町立体育館で第34回和歌山県なぎなた夏季大会が開かれました。九度山町は2015年に開かれる「紀の国わかやま国体」のなぎなた会場になります。
  梅雨明けの良く晴れた暑い日でしたが、北は橋本市、南は新宮市、県下から選手・役員約140名が参加。少年・少女から中・高校生、一般男子・女子が日頃の稽古の成果を発揮し、気合いの籠もった熱い戦いが展開されました。
だんだん国体も近づきます。皆さん頑張って行きましょう !!  なぎなた会場となる九度山町の関係者の方々もご出席頂き、大変盛況でした。

       打ち合わせ            試  合            いっぽーん !!      リズムなぎなた(武道館)

     試合結果は次の通りです。(クリックで拡大します。)  

(12) (平成22年) 7月27日(火)、28日(水)の二日間。九度山町民体育館で九度山町・和歌山県教育委員会主催の
「〜わがまちスポーツ交流事業〜なぎなた交流会」が開かれました。
九度山町は2015年に開かれる「紀の国わかやま国体」のなぎなた会場になります。
この交流大会には、島根、兵庫、大阪、和歌山の高校、大学のなぎなた強豪チームが参加。猛暑の中、稽古、団体交流試合が開かれ、町長さんを始め関係者の方々、また、多くの町民の皆さんが観戦し、なぎなたへの関心が大きく高められました。  開会式には「九度山チーム」のプラカードも入場、いよいよ国体への機運が高まりつつあるのが感じられます。


参加チーム:
   私立出雲北陵高校チーム、島根チーム、私立神戸松蔭女子学院大学チーム、私立大阪体育大学チーム、
   和歌山チーム、九度山チーム、大阪市立汎愛高校チーム、私立初芝橋本高校チーム、新宮チーム、
   私立和歌山信愛短大附属高校チーム、県立武道館チーム(リズムなぎなた演技)

   (写真はクリックすると拡大します。)

  九度山町民体育館          交流稽古         開会入場(クリック拡大)        お茶で一息



        個人競技         試合/いっぽーん !!     リズムなぎなた(武道館)


   閉    会 (クリック拡大)



(13)(平成22年)10月9〜12日、石川県金沢市を中心として開かれた 「第23回健康福祉祭ねんりんぴっく石川」で
県勢が活躍。試合結果は次の通りです。

          【ブロック別個人戦】   入賞 3位 張間 広子選手

          【演技競技団体戦】   入賞 優秀賞ベスト16
                                張間 広 子選手(海南市)
                                井上 三津代選手(新宮市)
                                大坂 さよ子選手(新宮市)



(14)
(平成22年)10月23・24日 岩手県一戸町・一戸町体育館で< 第14会エンジョイなぎなた全国大会が開かれ和歌山県選手が活躍。入賞選手は次の通りでした。
   【試合競技】
     三段の部 50〜59才  二位 和歌山 ・ 和歌山市雄湊なぎなたクラブ 榊  倫子
     三段の部 60〜69才  優勝 和歌山 ・ 和歌山市雄湊なぎなたクラブ 張間 広子
◆詳しくは全日本なぎなた連盟ホームページ・大会情報をご覧下さい。http://www.naginata.jp/


(15)(平成22年)11月14日、大阪・市立城東スポーツセンターで、第53回西日本なぎなた選手権大会が開かれました。
 西日本各地から団体20チーム、女子100余名。男子21名が参加。熱戦が繰り広げられました。
 試合結果は次の通りです。
【西日本団体の部】
  1位 島 根A
  2位 和歌山  監督 山崎美加子
            選手 山崎美加子、山本千代、三浦綾
                岩淵迪佳、塚本紀衣
  3位 大 阪A

【西日本選手権女子の部】
  1位 濱岡 紀久子選手(岡山)
  2位 田中 千 景選手(京都)
  3位 山本 千 代選手(和歌山)

【西日本選手権男子の部】
  1位 板垣  勇選手(島根県)
  2位 小橋  渉選手(大阪府)
  3位 増田 良明選手(兵庫県)
ベスト8  榊 清史選手(和歌山県)
  〃  榎本 智史選手(和歌山県)

        和歌山県選手入賞おめでとう!!


(16)(平成21年)12月12(土)、大阪市中央体育館で全国四十六都府県から選ばれた選手が一堂に会し、高度な競技を展開する全日本なぎなた選手権大会
 ◆第10回全日本男子なぎなた選手権大会  平成22年12月4日(土)10:00〜16:00
 ◆皇后杯第55回全日本なぎなた選手権大会 平成22年12月5日(日) 9:30〜16:00
が大阪市中央体育館で開かれました。
 男子なぎなた選手権大会には、31キ道府県・7大学から監督・選手100名が参加。熱戦を展開。
 【試合結果】
 ◆ 男子演技競技 23チーム・46選手が参加
   和歌山 榊 清史選手・榎本智史選手チームは3回戦で、福島 渡部泰生選手・渡部倫生選手チームに敗れベスト4入りならずベスト8にとどまりました。
 ◆個人競技は61選手が参加
   榊 清史選手が3回戦において大正大 松村俊祐選手に"判定"で破れ敗退。 榎本智史選手は1回戦で、強豪・島根 板垣 勇選手と対戦し同じく"判定"で敗退。残念‥‥。 因みに板垣選手は優勝。
 ◆皇后盃競技試合
全国46都府県から役員・監督と強豪選手55名が参加出場して熱戦を展開し技を競いました。
   和歌山 山本 千代選手が出場し 4位。
選手・監督の皆さんご苦労さま ! !



(17)'10(平成22)年12月23日(木・祝)、第9回和歌山県エンジョイなぎなた大会が、和歌山市立雄湊(おのみなと)小学校体育館で開かれました。
 県下各地、新宮市、橋本市、和歌山市から、役員・選手、幼・保園児からシルバー年代まで100人が参加。
 冷たい一日でしたが、応援の人々の声援に応えて、ファミリー演技、個人・団体試合に熱戦が展開。
気合いの籠もった元気なかけ声が会場いっぱいに響き渡りました。

【試合結果】







(18)'11(平成23)年7月3日(日)、第5回世界なぎなた選手権大会
七月三日 第5回世界なぎなた選手権大会が兵庫・姫路市/兵庫県立武道館で国際なぎなた連盟加盟の 14ヵ国中の12ヵ国がエントリーして開催されました。
 午前9時開会。
【午前中の試合】
 [演技] 一位 貴島政英 ・清水真由美(日本・兵庫)
      二位 板井奈津美・佐藤美穂子(日本・大分)
      三位 A.FROMENTIN・C.BUCSIS (カナダ・ペアー)
 [女性・防具試合]
      一位 池見敬子 (日本・愛媛)
      二位 安喰 愛 (日本・島根)
      三位 佐藤あき子(日本・熊本)
【午後の試合】
 [男性・防具試合]
      一位 田中康介 (日本・三重)
      二位 アレックス・ベネット(ニュージーランド)
      三位 板垣 勇 (日本・島根)
【団体の部】
 [女子団体]参加7国 カナダ・アメリカ・ベルギー・ブラジル・
           日本・スウェーデン・オーストラリア
      一位 JAP 日本 (Mihoko Satou・Tomomi Ohigashi・Chiyo Yamoto)【山本千代選手(和歌山)】
      二位 USA アメリカ(Sasha Corchado・Katie Roche・Andrew Vyas)
三位 CAN カナダ (Johanna Chalifour・Susan Davis・Marija Landckic)
 [男子団体]参加11ヵ国 アメリカ・カナダ・オーストラリア・
             オランダ・チェコ・スウェーデン・イギリス・
             日本・ドイツ・ニュージーランド・ベルギー
      一位 JAP 日本  (Norio Watanabe・Kousuke Tanaka・Isamu Itagaki)
      二位 NED オランダ(Axel Noorman・Pieter Gerritsen・Mark Berghaan)
      三位 BEL ベルギー(Tyl Dermine・David D'Hose・Francois Dermine)
総合優勝: 日本
 試合結果、対戦表は、全日本なぎなた連盟のホームページでご覧下さい。
                http://www.naginata.jp/pdf/sekai.pdf

続いて翌7月4日、国際親善大会が開かれました。
第5回世界なぎなた選手権大会/親善大会の状況
 【女子の防具試合】
  ニュージーランド・オーストラリア・アメリカ・カナダ・ブラル・ベルギー
・スウェーデン・日本 8ヵ国 23名出場
      一位 板井奈津美 (日本・大分/キャノンマテリアル)
      二位 蓮見可奈恵 (日本・埼玉/キッツウェルス)
      三位 山下 高世 (日本・愛知/フタバ産業)
 【男子の防具試合】
   アメリカ・オーストラリア・日本・チェコ・カナダ・ベルギー・ニュージーランド
   ・ドイツ・スウェーデン・ホンコン 10ヵ国 30名出場
      一位 榎本 智史 (日本・和歌山/天禄商会)
      二位 佐橋 五月 (日本・学生連盟/中部大学)
      三位 加藤 大貴 (日本・愛知/ハッピーネット(株))
  榎本智史選手(和歌山/天禄商会)おめでとう!!

(19)'11(平成23)年7月18日(月・祝)、第35回和歌山県なぎなた夏季大会が、和歌山・九度山町九度山文化スポーツセンターで開かれました。
 県下各地、新宮市、橋本市、和歌山市から、役員・選手、小・中・高生から一般まで、4高校・4団体110人が参加。
 暑い一日でしたが、応援の人々の声援に応え、演技、個人・団体試合に熱戦が展開。気合いの籠もった元気なかけ声と声援が会場いっぱいに響き渡りました。


   大会要項   新表示板  新・文化スポーツセンター       玄関口         スタッフ・ミーティング

      宣  誓                    演    技                  個人(防具試合)

      打ち返し            団 体 戦                  表      彰          
      表  彰            閉  会        山本選手・世界大会報告    スタッフご苦労様

【試合結果】クリック+クリックで拡大します。


(20)'11(平成23)年11月5〜日6(土・日)、第35回なぎなた秋季大会が、新宮市・近畿大学付属新宮高等学校/体育館で開かれました。  県下各地から選手・役員七十名が参加、熱戦が展開されました。応援ありがとうございました。

試合結果は次のとおりです。




(21)'11(平成23年)11月13日(日)、堺市・市立大浜体育館で、第54回西日本なぎなた選手権大会が開かれ、西日本各地から団体18チーム、女子選手80名余、男子選手20、ほか大会役員・委員が参加。熱戦が繰り広げられました。
試合結果は次の通りです。
【西日本団体の部】
  1位 大 分
  2位 島 根(B)
  3位 岡 山
  4位  脩武館(兵庫)

【西日本選手権女子の部】
  1位 田中 千 景選手(京都)
  2位 島名 きよみ選手(大阪)
  3位 貫井 みさき選手(京都)
  4 位 山本 千 代選手(和歌山)

【西日本選手権男子の部】
  1位 榎本 智史選手(和歌山)
  2位 小橋  渉選手(大阪)
  3位 銭本 紀祥選手(島根)
  4 位 平田 力義選手(大阪)
ベスト8 榊  清史選手(和歌山)


榎本Vs小橋/優勝戦動画(youtube) http://youtu.be/kpC_qwYu4bc


和歌山・榎本選手(雄湊なぎなたクラブ・天禄商会)
       優勝おめでとう!!


(22)日時:(平成24年)6月24日(日)場所:和歌山ビッグウェーブ武道場  第36回和歌山県なぎなた選手権大会・第67回国民体育大会和歌山県予選会(成年女子)が開かれました。
【試合成績】
(演技の部) 優勝 山内  綾   山本 千代
        2位 岩本 季枝   角谷 香織
        3位 山崎 美加子  飯島 有美子
(個人の部) 優勝 山本 千代
        2位 塚本 紀衣
        3位 角谷 香織
        4位 岩渕 迪佳
        5位 湊  彩江
 国体出場選手は上記選手の中から選考で選ばれます。

第67回ぎふ清流国体は(2012年)9月29日(土)〜10月9日(火)岐阜・岐南町
2013年 68回スポーツ祭東京2013  なぎなた/港区・港区スポーツセンター
2014年 69回長崎がんばらんば国体 なぎなた/松浦市・松浦市文化会館
2015年 70回紀の国わかやま国体 なぎなた会場/九度山町・文化スポーツセンター

"がんばれ なぎなた!!"


(23) 11月11日【速報】を載せましたが、改めて詳しくお知らせします。
11月11日、大阪市西成スポーツセンターで第55回西日本なぎなた選手権大会が開かれました。
西日本16府県から、女子122名、男子21名、団体22チーム、他役員・関係者が参集、熱戦が展開されました。
試合結果は次の通り。



                                   クリック拡大→
[男子]                  [団体]
 一位 榊  清史選手(和歌山)    一位 和歌山県
 二位 増田 良明選手(兵庫)     二位 大 分県
 三位 榎本 智史選手(和歌山)    三位 大 分県なぎなた連盟
[女子]
 一位 田中 千景選手(京都)
 二位 浜岡紀久子選手(岡山)
 三位 山本 千代選手(和歌山)







 



(24) 11月10日(日)。大阪市 市立城東スポーツセンターに於いて「第56回西日本なぎなた選手権大会」が開かれました。
 西日本各地から14団体、役員、監督、選手/女子・男子を合わせ200余名が参集。
 西日本選手権 女子の部、男子の部、団体戦の部が行われ、熱戦が展開されました。
 【試合結果】
女子の部 1位 濱岡紀久子(岡山県) 2位 植月孝子(岡山県) 3位 塚本紀衣(和歌山県)
男子の部 1位 榊 清史(和歌山県) 2位 小橋 渉(大阪府) 3位 増田良明(兵庫県)
団体の部 1位 和歌山県なぎなた連盟
         (三浦利枝子監督・貴志香寿選手・山崎美加子選手・山本千代選手
                     ・山内 綾選手・塚本紀衣選手)
      2位 大分県なぎなた連盟
      3位 島根県なぎなた連盟 A
各試合種別の組み合わせ表は、「(わかやま)なぎなた応援団」を参照して下さい。
http://9305.teacup.com/naginataooen/bbs 

(25) '14(平成26)5月24(土)・25日(日)。和歌山県伊都郡九度山町/文化スポーツセンターに於いて「第55回都道府県対抗なぎなた大会」が開かれました。来年の紀の國わかやま国体のリハーサル大会です。
 全国各都道府県から、監督・選手242名、役員・スタッフが参集して二日間にわたり、全国有数の選手によって、演技・競技試合が戦われました。

24日(第一日)開会式・演技競技
 9:00 選手入場、開会式。
10:00 競技・演技競技  凛とした、気合いの籠もった闘いが展開されました。
    (試合結果は次のとおり)
   一位 和歌山県 (山嵜美加子監督 山本千代選手 山内 綾選手)
   二位 熊本 県
   三位 岐阜 県
       神奈川県
       兵庫 県
       大分 県
       秋田 県
       高知 県
     (以上 ベスト8でした。)


     開会式                    演技競技                    試合結果


25日(第二日)試合競技・閉会式

昨、24日に引き続き、各都道府県チーム(選手5名)による試合競技が行われ、全国有数の選手により熱戦が展開されました。
おかげさまで、初日の演技競技に続き、試合競技(防具を着けての打ち合い)も和歌山県チームが優勝しました。
優勝 和歌山県チーム(山本千代選手・山内綾選手・山嵜美加子選手(監督兼)
               ・塚本紀依選手・角谷香織選手)
二位 島根 県チーム
三位 大分 県チーム
    兵庫 県チーム
    山梨 県チーム
    長崎 県チーム
    秋田 県チーム
    岩手 県チーム
    (以上ベスト8)
引き続き、試合競技で熱戦が展開。

和歌山県チーム優勝!! 国体目指して頑張れー!! 

 \(^O^)/


競技試合結果                             表 彰


  

(26)第6回世界なぎなた選手権大会〜カナダ・モントリオール〜
(2015年)6月20日、カナダ・モントリオール市マギル・アスレチックセンターにおいて、第6回世界なぎなた選手権大会が世界各国から90名の選手が参加され、日本チームは5度目の総合優勝しました。


[演技]男女混合も可能な形式で20チームが参加。
      一位 安喰 愛 ・貫井みさき(日本)
      二位 井上 美代・榊  清史(日本)
      三位 AxelNoorman & Faye Noorman(オランダ)
[女子個人]
      一位 林田 葉純(日本)
      二位 安喰 愛 (日本)
      三位 貫井みさき(日本)
[男子個人]選手33名 トーナーメント
      一位 田中 康介(日本)
      二位 Francois Dermine(ベルギー)
      三位 加藤 大貴(日本)
【団体の部】
 [女子団体]参加8チーム
      一位 日本(林田 葉純・井上 美代・貫井みさき
      二位 アメリカ
      三位 フランス
 [男子団体]参加 チーム
      一位 日本(佐橋五月・榊 清史・田中康介)
      二位 ベルギー
      三位 カナダ
日本総合優勝!!


日 本 チ ー ム お め で と う ! !


(27)第70回国民体育大会「2015紀の國わかやま国体」
               〜なぎなた〜九度山町・文化スポーツセンター

 実施種目決定後、準備を重ねて開催の運びとなりました。

◆9月27日
   少年女子演技
        優勝 石原 葉月選手(近大付属高校)/西平 春奈選手(和歌山信愛高校)
           和歌山 4 − 1 奈 良
           石原,西平  木村,福岡
  少年女子試合 (和歌山県選抜チーム 先鋒:岡選手/中堅:石原選手/大将:西平選手)
             一回戦    二回戦     三回戦
            和歌山 3   和歌山 2   和歌山 2
             富 山 0   京  都 1   沖  縄 1
   

和歌山県選抜チーム準決勝進出

◆ 09月28日
     少年女子 試合
           準決勝 (敗者は3位決定戦へ)
               和歌山 2 − 1 佐賀
              岡 1   −−− ス 岩永 1 ○
            ○ 石原 初 メ −−− 楠田 1
            ○ 西平 初 ス −−− 草野 1
           決勝
               香 川 2 − 1 和歌山
            ○ 林田 A  −判定 − 岡 1
            ○ 宮武 A メ −−− 石原 初
               竹下 A −−− メ 西平 初 ○
(香川は19年ぶり3度目の優勝)
     3位決定戦 東京 3 − 0 佐賀
         一位 香 川  二位 和歌山  三位 東 京
◆ 09月28日
    成年女子 演技
           2回戦 和歌山 4 − 1 東京
              山内,山本  新井,吉井
           3回戦 和歌山 5 − 0 福島
              山内,山本   新田,橋本
          準々決勝   (敗者は5〜8位決定予備戦へ)
             和歌山 4 − 1 京都
            山内,山本  宮崎,貫井
          準決勝    (敗者は3位決定戦へ)
             和歌山 4 − 1 兵庫
             山内,山本   浅沼,大友
          決勝
              福 岡 3 − 2 和歌山
             谷口,田中    山内,山本
           (福岡は初優勝)
      一位 福 岡   二位 和歌山   三位 兵 庫
◆09月28日
    成年女子 試合 (和歌山県チーム 先鋒:角谷香織選手/中堅:山内綾選手/大将:山本千代選手)
           2回戦   和歌山 3 − 0 宮城
            ○ 角谷 B ス   −−−  森 初
            ○ 山内 D ス ス −−−  岩渕 C
            ○ 山本 錬 コ メ −−−   片倉 A
◆09月29日
    成年女子 試合
           3回戦   和歌山 3 − 0 愛媛
            ○ 角谷 B ス −−− 村上     B
            ○ 山内 D −判定− 長澤 ( 美 ) B
            ○ 山本 錬 −判定− 長澤 ( 綾 ) B
           準々決勝 (敗者は5〜8位決定予備戦へ)
                  和歌山 2 − 1 熊本
            ○ 角谷 B ス −−− 春山 B
             山内 D −判定− 大曲 錬 ○
            ○ 山本 錬 −判定− 佐藤 錬
           準決勝 (敗者は3位決定戦へ)
                  和歌山 3 − 0 沖縄
            ○ 角谷 B −判定− 砂川 B
            ○ 山内 D メ −−− 石原 B
            ○ 山本 錬 −判定− 城間 B
            決勝
                  和歌山 2 − 1 大阪
               角谷 B −判定− 林田 (智) B ○
             ○ 山内 D −判定− 金岡 C
             ○ 山本 錬 −判定− 林田 (葉) B
            一位 和歌山   二位 大 阪   三位 沖 縄
        和歌山県チーム 良く頑張りました。 おめでとう!!
    この結果なぎなた種目は、和歌山総合第一位90点と二位以下を大きく離しました。


(28)第70回国民体育大会「2015紀の國わかやま国体」
     ◆なぎなた総合優勝祝賀会◆

10月31日(土)、お城の見えるホテル「ダイワロイネット和歌山」で、
先日開かれた「2015紀の國わかやま国体」のなぎなた競技で活躍した「チーム和歌山」の、
総合優勝(二連覇)を祝う記念祝賀会が開かれました。
仁坂県知事、岡本九度山町長(なぎなた競技会場)、新島県なぎなた連盟会長、他コーチなど
支援者、会員・家族、大勢が集まって和気あいあいとにぎやかに・・・。
選手・関係者のご苦労をねぎらい、そして、これからの、ますます「なぎなた界」の充実・発展を誓いあいました。


(29)第58回国西日本なぎなた選手権大会

 昨日('15.11.8.)、大阪市中央体育館において、西日本各地から選手・役員・関係者130名が参集し、
「第58回国西日本なぎなた選手権大会」が開かれ、
西日本選手権女子の部・西日本選手権男子の部・西日本選手権団体の部で
それぞれ熱戦が展開されました。

試合結果は次の通り。 

     女子の部                 男子の部                  団体の部
         一位 田中 千 景(京都)       一位 榊  清 史(和歌山)         島根県なぎなた連盟
         二位 貫井 みさき(京都)      二位 増田 道 仁(兵 庫)         兵庫県なぎなた連盟
         三位 石原 舞 子(沖縄)      三位 小橋  渉 (大 阪)          山口県なぎなた連盟
          四位 山内  綾 (和歌山)   


(30)11月23日、和歌山ビッグウェーブ武道館において
「第30回和歌山市なぎなた大会」が開かれ熱戦が展開されました。
試合結果は、「わかやま新報」記事から。

画像クリック拡大↓


(31)和歌山県スポーツ賞表彰式
【スポーツ顕彰】 わかやま新報によりますと、今日('16.2.17)夕刻、和歌山県のスポーツ賞表彰式が あるようです。
 昨年、和歌山県なぎなた連盟では、カナダ・モントリオールでの世界大会、紀の國わかやま国体、西日本選手権大会、全日本選手権大会と所属選手が大活躍、 大きな成績を挙げることが出来ました。
 ますますの研鑽・活躍をお祈ります。

 


◎第13回エンジョイなぎなた全国大会★ビッグホエール★8月29日・30日に開催

◎第13回エンジョイなぎなた全国大会の趣旨・要項
←クリックで拡大します。

★第13回エンジョイなぎなた全国大会は、予定通り8月29、30日の2日間和歌山市のビッグ・ホエールで開かれました。  全国20都府県から56団体、140名の参加選手とスタッフ80名により熱戦が繰り広げられました。
エンジョイなぎなた全国大会は国体などに出場出来ない40歳以上の中高年齢者も楽しんで参加出来る全国大会です。
 今回も、40歳代50歳代60歳代70歳代以上の人々の熱い闘いが見られました。

試合結果はそれぞれ次の通りです。
←クリック拡大
    29日演技競技結果速報
    30日試合競技結果(40〜59歳)
    試合競技結果(60〜70歳以上及び30歳以上男子)


            スタッフの皆様ご苦労様でした。

◆なぎなた普及講習会

  ('09)10月25日(日)毎年恒例の和歌山市なぎなた連盟主催「なぎなた普及講習会」が雄湊小学校体育館で
開かれました。  市内の各所属クラブ、高校、一般の沢山の人々が参加。 初めて「なぎなた」を握る小学生の
人達も熱心に基礎を学んでいました。


   稽 古 風 景(クリック→拡大します)「初めてです!!」



◆和歌山市なぎなた強化練習会

('10) 7月25日(日)毎年恒例の和歌山市なぎなた連盟主催「なぎなた強化練習会」が猛暑の中、県立和歌山西高校体育館で 開かれました。
 市内の各所属クラブ、少年少女、高校、一般の沢山の人々八十名が参加。 初めて「なぎなた」を握る小学生の 人達も熱心に基礎を学び、高校生たちも暑さに負けずに気合いの籠もった練習に励みました。


   稽 古 風 景(クリック→拡大します)「初めてです!!」


◆ニュース和歌山で紹介されました。新本みゆ選手(雄湊なぎなたクラブ)優勝。

←クリック拡大
 

・なぎなたについて詳しいことは財団法人全日本なぎなた連盟のホームページをご覧下さい。

・なぎなた伝言板

◎ ご感想、ご意見、ご連絡、お便りはゲストブック 、または、SamのキャビンBBSへ下さい。

Counter

(ページ始めに戻る)
サブページ

トップページへ ボーイスカウトへ アマチュア無線へ エッセイへ 教会生活へ