戻る - 参加 

まえすとろ日記へようこそ!

2007/6/20 (Wed)  あれから一年.........。

「忙しい」などと、もう書くのも嫌なくらい
本当に忙しい.........。
そんな中、一昨日の月曜日、昼間の時間が
オフだったので、下の娘を連れて出かけた。
王子にある‘飛鳥山’で遊び、都電で移動
‘巣鴨とげぬき地蔵’でお参り、お決まりの
焼き団子を食べ、そして、本当の目的である、
佐藤功太郎先生のお墓参りに。

あの悲しみの日から、もう一年である。
私の中ではまだこの事実が理解できていない。
時折、大学の教官室に入ると、いつもの
ようにパソコンに向かって仕事をなさって
いる先生のお姿があるような......
そんな気がしてならない。

あの、先生と過ごした悲しみの、最後の
半年のことは、まだこの日記には記せない。
父のこの悲しみを知っているかのように、(既に先生のお墓参りが2度目の)
娘は神妙に、静かに手を合わせてくれた。
2007/6/10 (Sun)  初、富山。

忙しい中、目まぐるしく時間が過ぎてしまう毎日。
そんな中、一昨日より富山に仕事で行ってきた。
私は北陸では唯一、この富山県に行ったことが
なかったが縁あってこの度初めての仕事となった。

8日の金曜日午後、上野を発ち、新幹線で
越後湯沢を経由し、さらに‘特急はくたか’に
乗り換える。
越後湯沢を出ると、すぐ列車はトンネルに入り、
景観を楽しむことはできないが、やがて車窓に
日本海が開ける。
列車は海沿いを心地よく走り、そして富山県へ。
魚津、富山駅を過ぎ、そして目的地の高岡へ。
ほとんど、石川との県境。北へ上ると‘鰤’の町
氷見も近い。
富山湾の豊かな漁場に恵まれて、本当に魚の
豊富な町である。
到着早々、翌日のレッスンを前に市内の料理屋で
ご馳走になる。

「正直、驚いた!!」
私の愛読書である‘酒の細道(ラズウェル細木・著)’で多少、富山の食の知識は
学んでいったものの、出るもの、食べるもの美味い物だらけで、本当にマイッタ!
『美味い!!美味すぎる!!!』
魚も、貝も、そして何と言っても‘白えび’の刺身は絶品である!!!
富山の地酒‘立山’とともに、初富山の夜を、大満喫した!!!

(写真は、何と‘一人前’の刺身の盛り合わせ。
 雲丹が箱で入っていたのも驚いたが、小鉢の中の白い宝石が名物の‘白えび’
 これが本当に美味かった!!!この後も、続々と料理が続く.........)
2007/5/23 (Wed)  ついにヴェールを脱ぐ......

私の事務所のある西川口。
昨年末から駅の大改修工事をおこなっていたが、
ついにその全貌を現した。
決して広い、大きな駅ではなく、どちらかというと
オートレースと風俗店の、イメージとしては全く悪い駅で
あったが、(風俗)法律の改正とともに、地域も、そして
それに伴ってか、駅の装いも一新した。
あの、大変革をした大宮駅ほどではないが、いつの間にか
駅の構内が秘密裏に増新築され、様々な店舗も入り
小奇麗な駅に大変身していた。

新しいもの好きの私は、早速すべての店舗をチェックするとともに、
ささやかであるが、早速売り上げに協力してしまった。
2007/5/21 (Mon)  時間の早さ......

毎日の時間の経過が本当に早い。
桜が散り、GWが過ぎ、ふと周りに目をやると、
紫陽花の花が梅雨の準備をしている。

以前、この日記にも記したが、時間の経過が早いときは
生活が充実していない時......
目先のことに振り回され、自分を、自分の目標を、
自分の夢を失いがちである。
そんな自分にならないように、今は努力したいと思う。

毎日の時間の早さに、危機感を持っている今日この頃である。
2007/5/17 (Thu)  毎日が早い!!

あっという間に、一日が経ってしまう。
正直、今日この日記を更新するまで、前回記してから
まさか2週間も経っていたとは思わなかった。
私の携帯電話のカメラのメモリーにはいつのまにか
13枚の写真(写真だけはこの日記のために毎日撮る
ようにしている)が、納められていた。

通常、木曜日、金曜日は大学で勤務であるが、
この二日間だけ休んだ。
(2月〜4月初まで非常勤の私が無報酬で出勤した振替休のほんの一部である)
それでも今日は午前中は自宅で大学の仕事をし、午後は久しぶりに自宅で休んだ。
明日は、自分の体をチェックするために一日を使う予定である。

さて、昨日は思わぬ人に偶然声をかけられた。
私が、かつて中学校の教師をしていたときの最後に担任した教え子であった。
息を切らせて走りよってくる青年に「酒井先生ですか......」と呼びかけられる。
「僕、T田です。覚えていますか......」

私はそれほど記憶力がいい方ではないが、教師時代に出会った子供、ましてや、
自分が担任した生徒は、昨日の出来事のように記憶が蘇る。
懐かしい再会であった。
そこには見違えるように成長した青年がいたが、私にはかつての(当時中1の)
T田くんの顔がその奥にあった。
近いうちの再会を約束して別れたが、慌ただしい毎日の中、ホッとする
懐かしく、嬉しいひとときであった。

来月6月2日は、20年前に担任した教え子の結婚式に出席する......。

(※写真は自宅のシャクヤク。家族が寝静まった夜、私の深夜の仕事からの
  帰宅を待っていてくれた......)
2007/5/4 (Fri)  美味しい贈り物!

朝、出掛けに宅急便が届く!!
福島の従兄弟から送られてきた山菜!
昨年はこの時期福島へ行って、取れたての山の宝を
頬張ってきたが、今年は仕事の都合で行けず、
寂しい思いをしていた。
そんな中での思わぬ贈り物であったので、
本当に嬉しかった。

「命がけで...??息子と採りました」の上書きのある荷物。
どのような状況での「命がけ」かは分からぬが、山に入って山菜を取ることは
本当に大変な事であることは、私も過去に何度か経験しており、
書いてある「命がけ」も、あながち大げさではない、そんな気がした。

今日は私の都合で調理できなかったが、家族と一緒に食卓につける明日夜は、
揚げたての山菜を......楽しみである。
2007/5/3 (Thu)  連休後半初日

4連休の初日、ありがたいことにオフ。
ここぞとばかりに、家庭サービスに専念する。

昼間は事務所のビル(6F)の屋上でバーベキュー。
行きつけの肉屋で、国産の牛肉を私の小遣いから
奮発し(肉、その他で15000円也)家族と奥さんの実家の
両親も招いて、特製のバーベキューを振舞う。
川口の雑多な建物の中でのひととき、それでも、
五月晴れの屋上は気持ちよく、本当にいい日和であった。

夜は、娘との約束の映画館へ。
二人の娘は最近「名探偵コナン」に夢中で、何としてもこの連休に新作の映画に
連れて行ってほしいと、予てからせがまれていた。

この一日のオフに、全て約束を果たそうと今日は盛りだくさんであったが、
体は疲労したものの、最高のリフレッシュができた本当にいい休日であった!!
2007/5/1 (Tue)  5月初日

昨夜、事務所に来て、結局、朝方までかかり、
そのままソファーで3時間ほど寝て、
なんだか変な5月の初日を迎えてしまった。

五月晴れなどとは、ほど遠い天気。
今朝からの雨と、寝不足に気分はさえない。
このG.W.の谷間のせいか、普段に比べ事務所の
近くの道路の交通量は少ない様子。
今日はこの後、夕方から仕事(リハ)。
きっと寝不足がたたり、疲れ果てて帰ってくると思うので、
今日は先に日記を記しておく。
しかし、寝不足なほど、リハーサルのテンションが高くなる私......。
(今日はみんな、覚悟しろ!?)

この不思議な体がいつまでもつか...まえすとろ、今年で46才......。

※写真は、事務所から見た近くの交差点
2007/4/30 (Mon)  さすが!私の奥さん!!

このG.W.中、うちの奥さんは、
子供が寝静まると、何やら奥の部屋で、
遅くまで作業をしていた。

学童の会合で、「行事の参加率が低い
のは、保護者にその行事をアピールする
掲示板のような物がないからだ」と、
無責任に言ってしまった手前、
この連休、夜なべ仕事をしているのだ。

「大切なのは材料費をかけない事」と
彼女の勤務している、病院の薬局で貰って
きた段ボールの板と、東急ハンズにて
275円で購入してきた‘発泡スチロールの板'
を、カッターと定規を巧みに使い、それを
組み立て、また、家にある余り布で
その周りを綺麗に飾り、その制作に、ただひたすら没頭していた。

私はというと、その制作している様子を、のんびりお茶を飲みながら傍らに
眺めて、至福の連休の夜の時間をゆっくり楽しんでいたが......

......やり忘れた仕事を思い出した!!!
明日午前まで提出の書類を作成するのを、すっかり忘れていた。

日付も変わり、今は5月1日午前1:25

悲しいことに、G.W.三日目が終わろうとしている今、大慌てで自転車を
飛ばし事務所に来た。
「今日は、半徹夜か......?」

そんな中、先ほど奥さんから掲示板完成の写メールが届く。
前にも記したが、絵を描くことや工作をすることにおいては本当に凄いと思う。
センスというのか、またこれが才能なのか、段ボールの切れ端も、
彼女の手に係ると、見事な芸術作品(ちょっと大げさか?)となってしまう。
(誰が見てもこれが275円の材料費)には見えない)
「凄いな......」
そんな事を思いながら、悲しいかな、私はこれから仕事に取りかかる...。
2007/4/29 (Sun)  月光とピエロ

「152人の素敵な男声コーラスを聴いた」

仕事に追われ、なかなか他の指揮者の本番を
聴くことは少ないが、4月半ばに2箇所の
練習場所で、1回ずつの指導を頼まれたご縁で
G.W.二日目、家族を連れて立川まで演奏会に
行ってきた。
マエストロは、小林研一郎先生。

マエストロから「酒井先生、私のリハーサルの前に指導をお願いできない?
好きなようにやっていただいて結構ですから......」
‘好きなように’の言葉に魅力を感じ、全体の大まかなテンポとフェルマータの
処理だけを確認し、2回だけ10年前の先生の録音を聴き、そして、
指揮者酒井として短期間であったが勉強に勉強を重ね臨んだリハーサルであった。
その成果もあり、リハーサル後も合唱団から素晴らしいリハーサルと評され、
小林マエストロからも後日、たくさんのお褒めの言葉をいただいた中迎えた今日...
多少予想はしていたものの......

『打ちのめされた』

全ての面で、美しい音、素晴らしい音楽がそこにあった。
私の頭の中で鳴っていたコーラスのサウンドより、数十倍も良い音で、
私の心の中にあった音楽より、数百倍も説得力のある、それでいて力みの無い
また迫力のある、そんな音楽が、2階席の最後列にいた私にまで伝わってきた。
指揮者の端くれとしての私に、小さな屈辱と、そして、偉大なるマエストロを
目指す私に、大きな感動と、そして大きな目標を再び与えてくれた、そんな
心に残る、素敵なコンサートであった。
2007/4/28 (Sat)  G.W.突入!!

久しぶりの日記更新。今日まで忙しく
大げさのようだが2月後半〜本日まで、
無呼吸で走り続けてきた......そんな気がする。

昨日(27日)の大学の演奏会で、ようやくG.W.に
入り、今日一日オフ。
とにかく寝た...寝た...寝た......。
自分でも、よくこんなに寝られるかと思うほど、
2か月分の寝不足を一気に解消するかのように、
一日中、布団で、ソファーで、板の間で、
とにかくとにかく眠った。

昨日は、今年度最初の大学の演奏会であった。
指揮者はダグラス・ボストック先生。
吹奏楽フアンには、佼成ウインドオーケストラの
常任指揮者としてその名は知れているが、
オーケストラ指揮者としても、本当に素晴らしい
マエストロである。リハーサルも丁寧で、
コンサートも素敵なサウンドをオーケストラから
引き出していた。
そのサウンド、音楽、指揮はもちろんのこと、
それ同様に、マエストロの人間性が素晴らしい。

日本人よりも、日本人らしい!!
神道をはじめ、日本の文化に精通し、そしてその伝統文化を大切にしており、
また、外国人独特の「日本人は××××××」などということはなく、
『郷に入れば郷に従え』のごとく、日本人の習慣、性格、本当に日本を素直に
受け入れている。
さらに素敵なことに、宴会(お酒)が大好きで
(マエストロに言わすと、コミュニケーションならず、飲みュニケーション)
その宴会での様子は、まさに日本人そのもの。日本人より、日本人らしい。
昨日も演奏会後の‘飲みュニケーション’では写真の通りの盛り上がりであった。

この2週間、自分の英語力のなさに幻滅しながらも、マエストロとのたくさんの
メールと(本当にメール魔である)会話により、それでもチョッピリ英語力が
アップし、少し嬉しかったまえすとろであった......。
2007/4/12 (Thu)  久しぶりの......

「あなたは一日30人以上の人に会っていますか?」

30人という人数が、どんな計算によって算出されたかは
解らないが、人間形成の上で人と会うということは
大切なことのようだ。
もちろん仕事柄、30人どころではなく、毎日50人〜100人
以上の人と会い、また、多くの人の前でしゃべらなくては
ならない毎日。

しかしそれが、「仕事関係以外だったら何人?」と
訊かれると、なかなか自信がない。
「一日、一人いるか、いないか......」

そんな(毎日の慌ただしい)中、今日は久しぶりにプライベートで人と会った。
人といっても昨年3月まで教えていた弟子であるが、仕事(大学の教員、オケや
合唱団のメンバー、現在の弟子)以外での、久しぶりのプライベートでの人との
対面のひとときに、ホッとする本当に楽しい時間であった。
お土産に、可愛らしい花束(写真)を持参してくれ、彼女が通っている大学の事、
近況報告、少しの悩みなど、毎日を懸命に勤勉に過ごしているからこそ聞ける
たくさんの話に、久しぶりに仕事以外のおしゃべりの時間を過ごした。
肉体的にも精神的にも毎日ヘビーだったので、本当にいいリフレッシュタイムに
彼女の呼び出しに、本当に感謝している。

(写真は、いただいた花束とその向こうでお絵かきに夢中な下の娘)
2007/4/3 (Tue)  この雨で、桜も散って........

あぁ、忙しい!忙しい!!
何故、こんなに忙しいのだろう。
わからないけれど、忙しい!

今夜の雨で、満開の桜も散ってしまうので
あろうか......。
まだ、お花見もしていないのに......。

携帯電話での明日の運勢は第2位、
「健康運:アロマオイル活用してリラックス
 できる日」
『オイ!どこにそんな暇があるんだ!!!』

ただし、金運だけは悪く......
「財布の中身と相談して、現実を見て節約を」
(なるほど、仰るとおりです)

仕事量と収入が一致しないこの世の中......。
『何とかしてくれ〜〜っ!!』
2007/4/2 (Mon)  卯月

「忙しい.....忙しい....」とはいえ、
1ヶ月も日記を記さないのは、怠慢以外の
何物でもない。
しかし、本当に忙しい1ヶ月であった。
さすがに1ヶ月も記さないと、私の親友を
はじめ、幾人かの人達から、
「体をこわしてるのか?」とか、
「心配事があるのか?」とか、電話や
メールがあった。

毎日『今日こそは書こう』と思い、
携帯にたくさんの春の写真をおさめ、
準備はするのだが、なかなか書けなかった。
いずれにしても、この怠慢に反省し、
明日からまた少しずつ記そうと、
今は思っている。

今日は、たくさんの事務仕事で、一日中パソコンの前に座っていた。
時折、セブンイレブンで買ったパンを囓りながら、かれこれもう、
14時間も向かっている。
何で培ったものかはわからないが、私は集中力(体力)だけはあると思う。
多少、疲労を感じていながらも、一つの事をやり出すと、あっという間に
時が経つ。
12時...16時...17時半...18時...19時半...21時...そして、
後は今、24時半.....気がつくと、明日になっていた。

今日は全く音楽をすることがなかった。(本当に情けなく、恥ずかしい事)
明日、昼間は残りの仕事をし、夕方からいつもの喫茶店に籠もってスコアを
猛勉強するつもりである。
2007/3/2 (Fri)  明日はひな祭り

今日は、私が音楽の講義を持っている
専門学校の卒業式があった。
その祝辞にもあったが、今年は温暖化の
影響か、卒業式のこの時期に、いくつか
桜が咲いていた。
「梅、桃、桜」が一同に咲いている
何とも変な気候である。

明日はひな祭り。
我が家でも恒例になったが、玄関に
いつものミニお雛様達と、娘達が、
飾り付けたお供え物他で、今年は
一際にぎやかである。
正面左には、雛あられを供え、
右には何故かポップコーン。
どちらも可笑しなことに、時間の経過と
ともに、少しずつ減っていく。

その原因は(もちろん)時々、玄関に行ってはモグモグと口を動かしながら
帰ってくる、お茶目な娘達にありそうだ......。
2007/3/1 (Thu)  今日から3月

早いもので、今日から三月。
先月は、日記をずいぶんとサボってしまった。
忙しさに加え、体調を崩し大変な二月であった。
(お陰で、4.5kgのダイエットに成功したが、
 体調が悪いことでの体重の減少は、素直に喜べない
 喜べない.......)

今日は、家のパソコン周りを整頓し、
ビックカメラで、卓上の電灯を買い、PC周りの環境を整えた。

「今日から、気合を入れて、更新いたします」